ニュース, ブログ, ...

ADAが競合他社に対するリードを拡大、2022年のトップコインは?

カルダノ(ADA)は、ADAの主な競合他社は、過去数ヶ月間、開発を制限するような障害に直面したことで、競合他社と比較して、カルダノはより信頼できることが証明されているとし、徐々に市場で他との差をつけ始めているとCoinquoraが記事で伝えています。

以下はCoinquora.comに掲載された記事「ADA Grows Its Lead Over Its Competitors; Top Coin for 2022?」を翻訳したものです。

ADAが競合他社に対するリードを拡大、2022年のトップコインは? by Coinquora

by Steven Walgenbach 2022年6月21日

カルダノ(ADA)は、技術とコミュニティの両方の観点から成長を続けているため、徐々に他の市場とは異なる存在になり始めている。

カルダノの競合であるイーサリアム(ETH)とソラナ(SOL)を見ると、カルダノは徐々に脱却し始め、開発の面でリードを確立している。というのも、ソラナとイーサリアムは過去数カ月にわたって障害に直面し、両ネットワークがそれぞれ次のマイルストーンに到達するのを制限しているからだ。

イーサリアムは、イーサリアムネットワークがプルーフ・オブ・ワーク(PoW)合意からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)合意に移行するイベントである「マージ」の開始を遅らせてきました。これにより、イーサリアムネットワークの規模が拡大し、1秒間に処理できるトランザクションの数も増えることになります。

一方、Solanaはここ数カ月間、何度もネットワーク停止を経験しています。実際、Solanaネットワークは12ヶ月の間に7回のネットワーク停止を経験しています。注目すべきは、これらの停止によって、Solanaの高速トランザクション処理能力が徐々に低下していることです。さらに、このトークンを取り巻くハイプも減少している。

一方、Cardanoはここ数カ月で徐々に改善されてきている。これらの改善により、Cardanoのネットワークはよりスケーラブルになり、取引処理能力が向上しているだけでなく、ブロックチェーンと暗号技術の真の使用例であるネットワークの分散化も進んでいるのです。

最後に、競合他社と比較した場合、カルダノは数年数ヶ月を通して最も停電の少ない信頼性の高いネットワークであると同時に、競争力のあるネットワークスループットを維持しています。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。