ニュース, ブログ, ...

カルダノ(ADA)の創設者チャールズ・ホスキンソン氏:ベアマーケットが暗号のための規制フレームワークを構築する機会を作っている

The Wolf Of All StreetsのホストであるScott Melker氏との新しいインタビュー動画『Tribalism In Crypto | Interview With Charles Hoskinson, Cardano』で、ホスキンソン氏は、ベアマーケットが暗号のための規制フレームワークを構築する機会を作っている述べています。

これをDailyhodlが伝えています。

以下はDailyhodl.comに掲載された記事「Cardano (ADA) Founder Charles Hoskinson Says Bear Market Makes Crypto Industry Collaboration Easier – Here’s Why」を翻訳したものです。

カルダノ(ADA)創業者チャールズ・ホスキンソン氏、ベアマーケットが暗号業界のコラボレーションを容易にすると発言:その理由 by Dailyhodl

by Daily Hodl Staff 2022年6月24日

カルダノ(ADA)の創設者チャールズ・ホスキンソンは、ベアマーケットが暗号のための規制フレームワークを構築する機会を作っていると述べています。

The Wolf Of All StreetsのホストであるScott Melker氏との新しいインタビューで、ホスキンソン氏は、異なる利益と議題が、安定した分散型空間に向けて利害関係者が協力するのを妨げていると述べています。

リーダーが形成されるのは、リーダーシップの空白期間であり、したがって、今後12ヶ月から24ヶ月の私たちの課題は、相違点を脇に置き、前進し、より高い水域に到達することであり、私は、それができると思います。

彼は、市場の弱気な感情の中で、人々が暗号産業に影響を与える問題について話す可能性が高いので、現在の不況は、コラボレーションをはるかに容易にすると言います。

人々はとても疲れていると思います。弱気市場は強気市場よりはるかにコラボレーションしやすい

強気相場では、誰もが土地を奪い合い、互いの仲間を奪い合います。弱気相場では、そのような見方は必要なく、「よし、組み立てよう、協力しよう」と言うだけでいいのです。お互いに話し合いましょう」と言うことができます。

弱気市場に突入した今こそ、システミックリスク、マクロ・ミクロのプルデンシャル政策、制裁、コンプライアンスについて本当の意味での話し合いができるはずです。システミックリスク、マクロ・ミクロのプルデンシャル政策、制裁措置、コンプライアンスなど、さまざまなことについて本当の話し合いができるはずです。

また、暗号空間内だけでなく、政府との妥協も必要だと言います。

米国は、世界が国境で終わり、国境から始まるかのように生き続けることはできません。米国は、すべての人を、どこでも、いつでも規制することができ、すべての人の動きに対して絶対的な発言権を持っているという視点で生き続けることはできない……。

米国が賢明でないなら、暗号を閉鎖することはないでしょう。業界全体をオフショア化するだけで、雇用の話、Solidity開発者の年収は50万ドル。何兆ドルもの経済成長と価値の話をしてるのです。もし米国がこれに対してあまりに厳しい態度をとれば、業界全体が米国から去ってしまうでしょう。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。