ニュース, ブログ, ...

カルダノ・コスモス・エコシステム・ブリッジが始動、ネットワーク統計値が急上昇

Cardano Dailyが、現在開発中のクロスチェーンブリッジ技術の一つであるEthereumとCosmos間のスワップ、ステーキング、ブリッジを可能にするCosmos-Cardano Bridgeについてツィートしています。

これをU.TODAYが伝えています。

また、カルダノのネットワーク統計値が急上昇しており、ゴーストチェーンを否定するような数字を出し続けていると記事は伝えています。

以下はU.TODAYに掲載された記事「Cardano-Cosmos Ecosystem Bridge Launches, Network Statistics Spike」を翻訳したものです。

カルダノ・コスモス・エコシステム・ブリッジが始動、ネットワーク統計値が急上昇 by U.TODAY

by Tomiwabold Olajide 2022年8月4日

Peggy 2.0と、Cosmos上のオムニチェーンDEXであるSifchainを搭載し、EthereumとCosmos間のスワップ、ステーキング、ブリッジを可能にするCosmos-Cardano Bridgeは、現在開発中です。

このクロスチェーンブリッジ技術は、CosmosとCardano(EVM互換レイヤーを介して)の間の橋渡し的な展開として機能し、これら2つのエコシステム間の新しいクロスチェーンの機会を解放することが期待されています。Cosmosはしばしば「ブロックチェーンのインターネット」と呼ばれ、それゆえCardanoとの相互運用性を求める動きがある。

最近のノマドブリッジのハッキング事件を受けて、「セキュリティ」がこのプロジェクトの使命の最前線にあるかのように思える。

カルダノのネットワーク使用量が急増

Cexplorerによると、8月3日、ブロックチェーンの容量を利用した結果、Cardanoのネットワーク使用率が95%にも跳ね上がったという。これは、最新のSolana数百万ウォレットハックなど、暗号空間における最近のイベントを受けて、いくつかのアドレスがネットワークと相互作用したためと思われます。

Cardanoは過去に大きな批判に直面したことがあり、そのほとんどはゴーストチェーンとの比較に関するものでした。しかし、Cardanoはゴーストチェーンを否定するような数字を出し続けています。

IOHKは取引のスループットを向上させるため、今年に入ってからブロックサイズの上限を2回引き上げ、1ブロックあたりの取引量を増やせるようにしました。ブロックサイズは64KBから80KBに増加し、さらに現在の88KBまで増加しました。ブロックサイズが大きくなれば、1ブロックに収まるトランザクションの数が増え、ユーザーのキャパシティが増えるということなのだろう。

Cardano Blockchain Insightsのデータによると、Cardano上のPlutusスクリプトの数は3,000の大台を突破しました。

免責事項:ここで述べられた意見は、投資アドバイスではありません – それは情報提供のみを目的として提供されています。また、必ずしもU.Todayの意見を反映したものではありません。すべての投資および取引にはリスクが伴うため、意思決定を行う前に必ずご自身で調査を行う必要があります。私たちは、あなたが失うことができないお金を投資することをお勧めしません。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。