ニュース, ブログ, ...

Cardanoのオンチェーンデータが示すネットワークの成長、Distinct Minting Policiesは58Kを超える

Cardano Foundationが共有したオンチェーンデータによると、合計58,993(58.9K)のDistinct Minting policies:識別ミンティング(鋳造)ポリシーがCardanoネットワークに記録されました。これは、前月の記録から3.5%増加したことになります。

これをTheCryptoBasic.comが伝えています。

以下はTheCryptoBasic.comに掲載された記事「Cardano On-Chain Data Shows Network Growth, With Distinct Minting Policies Crossing 58K」を翻訳したものです。

Cardanoのオンチェーンデータが示すネットワークの成長、Distinct Minting Policiesは58Kを超える by TheCryptoBasic.com

by Lele Jima 2022年8月4日

Cardano Foundationが共有したオンチェーンデータによると、合計58,993(58.9K)のDistinct Minting policies:識別ミンティング(鋳造)ポリシーがCardanoネットワークに記録されました。これは、前月の記録から3.5%増加したことになります。

カルダノのポリシーは、ブロックチェーン上でトークンを鋳造する権限を持つ人や、トークンの鋳造にかかる期間など、特定のパラメータを設定するために使用されるスクリプトです。

この主要なブロックチェーンプロジェクトは、オンチェーン取引数の強い伸びも記録しました。データによると、オンチェーン取引は4.9%増の4700万件にのぼりました。

カルダノはセキュリティの面でブロックチェーン・プロジェクトの上位にランクされているため、膨大な量のネイティブアセットがネットワーク上でローンチされています。

Cardano Foundationのデータによると、合計570万件のネイティブデジタルアセットがCardano上で発行されており、これは前月の記録と比較して6.34%の伸びを示しています。

さらに、カルダノのウォレット数はこの1カ月で2.27%と微増し、合計で350万個となった。同じように、Cardanoのデリゲートウォレットの数は0.34%増の117万個とわずかに増加しています。

CardanoのPlutusスクリプトは、7月に前月の記録と比較して4.76%急増した。2022年7月末までに、合計2,993のプルータススクリプトがCardanoネットワーク上に記録されました。

カルダノ、着実なネットワーク成長を記録

ルダノがネットワークのさまざまな部分で力強い成長を記録することは、次第に日常的になってきている。Cardanoの毎月のオンチェーン統計の急増は、ブロックチェーンの採用が進んでいることを示唆しています。

カルダノは、高速かつ低コストの取引や最大限のセキュリティなど、多くのエキサイティングな機能をユーザーに公開している。

カルダノの研究開発を担当するチーム、Input Output Global(IOG)は、常に開発活動に力を注ぎ、カルダノのユーザーとブロックチェーンの安全性を確保しています。

2017年にCardanoがローンチして以来、Ethereumやsolanaなど他のプルーフオブステークチェーンと比較して、ネットワークがダウンしたことがないのは注目に値します。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。