ニュース, ブログ, ...

カルダノ創業者、モネロの「バックドア」疑惑に反論

最近のツイートで、カルダノの創設者チャールズ・ホスキンソン氏は、プライバシーに特化したブロックチェーンであるモネロから、新しくローンチしたMidnightに “バックドア “があるという疑惑に反論しています。

これをU.TODAYが伝えています。

以下はU.TODAYに掲載された記事「Cardano Founder Responds to Monero’s “Backdoor” Allegation: Details」を翻訳したものです。

カルダノ創業者、モネロの「バックドア」疑惑に反論 by U.TODAY

by Tomiwabold Olajide 2022年11月19日

最近のツイートで、カルダノの創設者チャールズ・ホスキンソン氏は、プライバシーに特化したブロックチェーンであるモネロから、新しくローンチしたMidnightに 「バックドア 」があるという疑惑に反論しています。

金曜日に、カルダノはコミュニティの喜びのために、Midnight:ゼロ知識データ保護ベースのサイドチェーンと、その次期トークンであるDustを発表しました。

カルダノコミュニティが興奮したのと同様に、モネロチームはツイッターでシステムの 「欠陥 」を指摘し、そのうちの1つは “バックドア “に関するものでした。

CoinDeskのレポートでは、カルダノの創設者の発言を引用して、「システムは、プライバシーを保護することと、許可を得た場合に規制当局や監査人がシステムにバックドアを入れることの間のラインを歩くことになる 」と言っています。

ユーザー、またMoneroの主張に対して、ホスキンソン氏は「バックドア?私たちはバックドアを持っていません。」と答え、さらに、「バックドア 」という言葉は誤訳であると付け加えました。

ホスキンソン氏は、Midnightプロジェクトがどのようなものであるかを説明した。

“Atala prism “を介してリッチなIDフレームワークを組み込んだ機密保持プラットフォームです。ビューキーはプロトコルではなく、DAppレベルで扱います。ビルダーが使う機能として不随意開示を追加するのです。

「バックドア」という新しい造語は、FTXの破綻をきっかけに、創設者のサム・バンクマン=フリード氏が数十億円を送金するための秘密の「バックドア」を持っていたとされ、問題となった。

報道によると、財務調査の過程で発掘されたFTX社の帳簿に「バックドア」を設置するために「特注ソフトウェア」が使用されたとのことです。

Midnightの詳細

公式サイトによると、Midnightはデータ保護に基づくブロックチェーンで、結社、商業、表現の基本的な自由を守りながら、機密性の高い商業データや個人データを保護する予定です。

さらに、プログラマーがTypeScriptをはじめとするさまざまなプログラミング言語を使って、データ保護に特化したdAppsを高速に作成・起動できるようにし、企業が漏洩や検閲を心配することなくミッションクリティカルな情報を伝達できるようにします。また、個人も個人情報を安全に共有できるようになります。

免責事項:ここに記載された意見は投資アドバイスではありません – 情報提供のみを目的としています。また、必ずしもU.Todayの意見を反映したものではありません。すべての投資および取引にはリスクが伴うため、意思決定を行う前に必ずご自身で調査を行う必要があります。私たちは、あなたが失うことができないお金を投資することをお勧めしません。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。