ニュース, ブログ, ...

チャールズ・ホスキンソン カルダノは「Ethereum 2.0のケツを蹴る」だろう

ジェイク・シモンズ By JAKE SIMMONS 2021年2月6日

この記事は、CRYPTO NEWS FLASHの「Charles Hoskinson: Cardano will ‘kick Ethereum 2.0’s ass’」翻訳記事です。

出典: アレクサンドラ・ソバ アレクサンドラ・ソヴァ – Shutterstock

Charles Hoskinson氏によると、Cardanoは最大のライバルであるEthereum 2.0よりもあらゆる点で優れているという。

Ethereum 2.0の最大の問題点は、オンチェーンガバナンスの欠如である。

Ethereumの元共同創設者であるチャールズ・ホスキソン氏と、その生みの親であるビタリック・ブテリン氏が仲が悪いことは、暗号コミュニティ内では公然の秘密となっています。ホスキンソンが過去に述べているように、2人はEthereumのさらなる発展をめぐる意見の相違のために別れた。

BitBoy Cryptoの創設者であるベン・アームストロング氏との新たなインタビューで、カルダノのクリエイターは再びEthereum 2.0を批判し、自分のプロジェクトが将来的に優れたプラットフォームになる理由を述べました。ホスキンソン氏は、ETH 2.0の持続可能性について根本的な疑問を表明した。

インタビューの冒頭、Hoskinson氏はまず第一にEthereum 2.0のスケーリングモデルを批判し、ETHが “Optimistic Zkのロールアップやその他のものに賭けているような位置に自分たちを置いている “と述べました。スケーリングの面での違いについて、Hoskinson氏は、Cardanoが1秒あたりの高いトランザクション数(TPS)を達成するのははるかに簡単だと指摘しています。

私たちは根本的に異なるスケーリングモデルを選択しました。そして実際には、どちらも機能する可能性を秘めていると思いますが、エンジニアリングや研究の観点から見ると、Vitalikの方が少しリスクが高いと思います。だからこそ、彼らがEth2.0を出すのはとても難しいのです。彼らはそんなものを全てシャードすることを選択している。私たちはシャードする必要はありません。ベースレベルで1000TPSを得られるし、ハイドラを加えれば何でも手に入る。UTXOのおかげでカルダノはシャードしやすくなった。

カルダノの利点。より高いTPS、オンチェーンガバナンスとより多くの開発者

根本的に、Ethereum 2.0のアプローチは非常にリスクが高く、科学的にも十分に証明されていない、とHoskinson氏は述べています。彼は、このようなはるかに複雑なシステムが、後になってより高いスループットとスケーラビリティに変換されるのではないかという疑念を表明した。

科学的にはまだよくわかっていない。多くのトレードオフがある。実際には、1/2から1/3のビザンチンフォールトトレランスになり、生存率の問題があり、おそらく発生するであろう新しい攻撃のすべての種類があります。そのため、内部ではもっと複雑になっています。では、その複雑なシステムが、どのようにしてより高いスループットとスケーラビリティをもたらすのか、私にはよくわかりません。

しかし、ホスキンソン氏は、Ethereum 2.0の最大の問題は、オンチェーンのガバナンスシステムがないことにあると見ている。Cardanoの作成者は、ビットコインがそうであるように、Ethereumもアップグレードの採用で同様の問題に直面する可能性があると予測しています。“規模が大きくなればなるほど、ガバナンスシステムがないと難しくなります。そのため、競争上の優位性やアップグレードの能力を失うことになります。我々はビットコインでそれを見ている”とホスキンソン氏は述べています。

Ethereumでは、DeFiの各プロジェクトは、MakerDAOを例に挙げ、独自のガバナンスモデルを作成しなければならないとHoskinson氏は述べている。Cardanoでは、プロジェクトはCardanoブロックチェーンのネイティブなオンチェーンガバナンスを利用することができる。最終的には、長期的にはスケーラビリティよりもオンガバナンスの方が重要だとホスキンソン氏は言う。

スケーラビリティよりもガバナンスの方が重要なのです。今後 3~5 年を考えた場合、この点では Tezos 社と並んで大きなアドバンテージを持っています。

また、ホスキンソン氏は、世界中の2,260万人のソフトウェア開発者をCardanoのエコシステムに参加させるためには、Cardanoの方がより良い現実的なアプローチを持っていると主張しています。Ethereumのプログラミング言語であるSolidityは、世界で8万人の開発者しか使用していないため、採用が大幅に遅れることになります。カルダノは数年後には2260万人の開発者全員をエコシステムに入れることができます。

私たちは、主流の開発者を取り込むための、はるかに優れた、はるかに現実的なアプローチを持っています。テストと正しさの観点からは、形式的な手法を採用したからこそ勝てるのです。私たちは多様性の観点から、非ブロックチェーンの開発者を暗号空間に呼び込んだからこそ、勝利を手にしたのだと思います。私たちは、オフチェーンとオンチェーンのモジュールについて、彼らが考えるよりもはるかに良い方法を考えました。その点では、私たちはより良いソリューションを持っています。

ホスキンソン氏からVitalik Buterin氏へのメッセージ

チャールズ・ホスキンスンの典型的なファッションで、IOHKのCEOはこう締めくくっています。

言い換えれば、我々は彼らのケツを蹴っ飛ばしたということです。つまり、私たちは彼らのケツを蹴散らしたということです。今年は成長できるか?それが今年の課題です。私たちは懸命に戦っています。

因みに、昨日、IOHKはカルダノの認知度を上げるための “Vertical Strategy”を発表しました。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。