ニュース, ブログ, ...

IOHK、アフリカでの大規模なカルダノ政府契約の獲得に向けて動き出した。

この記事は、CRYPTOSLATEの記事「IOHK on the brink of securing a massive Cardano government contract in Africa」を翻訳、一部抜粋要約したものです。

Priyeshu Garg · February 8, 2021 at 3:56 pm UTC

ブロックチェーン「Cardano」を開発しているIOHKは、アフリカでの巨大な政府契約の獲得に向けて最終段階に入っている。IOHKのアフリカ事業担当ディレクターであるジョン・オコナー氏によると、このプロジェクトでは、現実世界のブロックチェーン実装のために数百万人のユーザーがCardanoにやって来る可能性があるという。

IOHK、Cardano上に構築された現実世界のブロックチェーンソリューションでアフリカで大きな飛躍を遂げる

アフリカはブロックチェーン技術の次の大きなフロンティアとして長い間注目されてきたが、その発展途上国への投資計画を実際に実行に移した企業はほとんどなかった。Cardanoを開発したIOHKは、アフリカで積極的に活動している数少ない企業の一つだ。

IOHKの創業者でありCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏は、アフリカのブロックチェーン導入の可能性について公言しており、彼の会社はアフリカ大陸のみを対象とした多くのプロジェクトに取り組んでいると述べている。

ホスキンソン氏からもIOHKからも具体的な情報はまだ出ていませんが、最新のレポートによると、IOHKがアフリカで取り組んでいるものは何であれ、開発の最終段階にあることがわかった。

Proof of Africaとのインタビューの中で、IOHKのアフリカ事業担当ディレクターであるジョン・オコナー氏は、アフリカでリリースするために特別に設計されたCardano上に構築されている現実世界のブロックチェーンソリューションがあることを明らかにした。

“私が言えることは、何百万人ものユーザーが実際のブロックチェーン実装のためにプラットフォームに登録される大規模な政府との契約の最終段階にあるということです”と彼はインタビューで語っている。

アフリカの主要5カ国に分散型アイデンティティソリューションが登場

オコナー氏はエチオピアを拠点としているが、IOHKのプロジェクトは他のアフリカ諸国にも焦点を当てていくという。IOHKが重点的に取り組む国は、南アフリカ、ケニア、ナイジェリア、タンザニア、エチオピアです。近い将来、他の15カ国もリストに追加される予定であることを明らかにした。

タンザニアでの同社の取り組みは、同国の通信事業者の各ユーザーにデジタルIDを提供し、Cardano上のADA決済ネットワークへのアクセスを可能にする。南アフリカに関しては、オコナー氏は、IOHKが保険に関わる「興味深いプロジェクト」に取り組んでいると述べた。

これまでのところ明らかになっているのは、IOHKがアフリカで取り組んでいるプロジェクトのほとんどすべてが、同社のアイデンティティソリューションであるAtala PRISMをベースにしているということです。

“今後1~2年のうちに、このIDプラットフォームを利用して1億人のユーザーを獲得する”という、かなり合理的な計画を立てている。これは野心的に見えるかもしれないが、”実際にはアフリカ大陸の規模からして、かなり現実的です”とオコナー氏はインタビューで説明している。

謎に包まれたアフリカのソリューションを立ち上げるために必要なすべてのプロセスは、2月末までには完了しているはずだとオコナー氏は述べ、IOHKのチームがニュースを公開することになると付け加えた。オコナー氏によると、この展開は世界最大の実世界でのブロックチェーン展開になる可能性を秘めているという。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。