ニュース, 翻訳

カルダノのメアリーのアップグレードは、イーサリアムネットワークとの競合を模索している

カルダノの躍進について、イーサリアムと比較してカルダノの優位性について述べている記事のご紹介です。今や時価総額4位のカルダノは、マルチアセット、及びスマートコントラクトをプラットフォームに移植しようとしており、その作業はもう始まっています。この記事では手数料とセキュリティについてイーサリアムとカルダノの比較とこれからの展望について述べています。

下記の記事は、COINJURNALの記事「Cardano’s Mary upgrade seeks to compete with Ethereum network」を翻訳一部抜粋したものです。

カルダノのメアリーのアップグレードは、イーサリアムネットワークとの競合を模索している

ハッサン・マイシェラ
2021年2月15日

カルダノ(ADA)ネットワークでは、イーサリアムに厳しい競争を提供することを見ることができるMary(メアリー)のアップグレードが近づいている。

カルダノの現在進行中のMaryのアップグレードは、開発者に代替不可能トークン(NFT)(*代替不可能なトークンとは、コピー不可能の唯一無二の「一点物」の価値を生み出せるトークン)などを作成する機能を提供することで、ネットワークがイーサリアムに挑戦する可能性がある。カルダノの開発を支えるIOGは2月3日にハードフォークを実施し、Maryのアップグレード(またはGoguenネイティブトークンのアップグレード)をテストネットに実装した。

カルダノのロードマップによると、Maryアップグレードはブロックチェーンをマルチアセットネットワークに変え、イーサリアムのようなものに対抗できるようにするという。チームは今月末までにメインネットを立ち上げると予想している。Maryアップグレードの他の機能は、ADAロードマップの様々なフェーズに合わせて同時にロールアウトされる。

現在進行中のカルダノのアップグレードでは、そのネイティブトークンがイーサリアム上のERC-20のfungibleとERC-721のnon-fungibleトークン(NFTトークン)と同様の機能を持つことになります。このアップグレードのおかげで、カルダノのユーザーは独自のトークンを作成することができるようになりました。機能的にはイーサリアムのトークンと似ているにもかかわらず、カルダノのネイティブトークンは、大手スマートコントラクトプラットフォームとは異なるデザインを持っています。

アップグレード後のCardanoとイーサリアムの大きな違いは、執行手数料の撤廃だろう。イーサリアムネットワークでは、ブロックチェーン上でトークン・スマートコントラクトとやり取りするユーザーはガス料金を支払わなければなりません。カルダノはユーザーにそのような料金を請求しないだろう。

イーサリアムネットワークでは、ネットワークの混雑時にガス料金が高額になるため、個人投資家をブロックチェーン活動に参加させるのに苦労することがあった。カルダノは、ネットワークからガス料金を撤廃することで、同様の問題を回避したいと考えている。

カルダノのユーザーはまた、トークンを作成するためにスマートコントラクトを必要としないため、スマートコントラクトの脆弱性、ヒューマンエラー、およびスマートコントラクトに関連するその他のリスクを悪用した詐欺の犯人の可能性を排除できる可能性があります。

ADAが過去最高を更新

現在進行中のカルダノのネットワーク開発は、カルダノのネイティブクリプトカレンシーであるADAにポジティブな影響を与えています。ADAは週末に0.97ドルの新高値を記録しました。このクリプトカレンシーは0.18ドルで今年をスタートしましたが、一般市場のラリーを楽しんでいるため、現在は400%以上上昇しています。

最近のラリーでは、ADAが時価総額でポルカドット(DOT)を上回り、XRPと4位争いをしています。カルダノの最近の価格の上昇は、ネットワークが実施している優れたファンダメンタルズと作業原則に起因することができます。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。