ニュース, ブログ, ...

チャリティに特化したステークプールがADAの5億ドル分を超えたことで、カルダノにとって大きな成果となる

下記のU.Todayの記事「Huge Achievement for Cardano as Charity-Focused Stake Pools Surpass $500 Million Worth of ADA」を翻訳したものです!

カルダノ、チャリティを目的としたステークプールのADA残高が5億ドルを突破し、大きな成果を上げる

Alex Dovbnya Wed, 03/31/2021 – 15:58

5億ドル相当のカルダノ(ADA)がチャリティに特化したステークプールに委ねられた

スイスに拠点を置くカルダノ財団は、チャリティに特化したステークプールに委ねられたADAの額が5億ドルを突破したことを発表した。

これは、ブロックチェーン空間全体で最大級の集団寄付コミュニティを意味しており、私たちのエコシステムに関わるすべての人が誇りに思うべき大きな成果です。

U.Todayが報じたように、カルダノのシェリーメインネットは2020年7月に稼働し、ADAホルダーがトークンをステークして利息を得ることができるようになりました。

ミッションに特化したプールでは、ブロック報酬の一定割合を多数の慈善団体に寄付しています。最大のものは、すでに1230万ADAトークン(1460万ドル)を集めている。

このように、デリゲーター(委任者)は個人的な報酬を得ながら、慈善団体に寄付するという一石二鳥の活動を行っている。すでに1万人以上のカルダノユーザーがこのような寄付を行っています。

ADA受信者のリストはステークプールの運営者によって決定されるため、テーブルに透明性がもたらされます。その中には、The Water ProjectSolarAidなど、環境意識や動物福祉などをテーマにした団体も含まれています。

今後の計画

将来的には、第三者決済事業者の協力を得て、慈善団体がADAの寄付を直接受け付けることができるようにすることを計画しています。

また、デリゲーター(委任者)の監査ツールを導入することで、ステークプールの運営者が説明責任を果たせるようにしていきます。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。