ニュース, ブログ, ...

カルダノのブロック生産が完全に分散化されました

プラットフォームを最適化するための7ヶ月間のハードワークの後、カルダノのブロック生産のすべてが、そのステークプールオペレーター(SPO)の手に渡りました。

下記の記事はCryptoSlateの記事「Block production on Cardano is now fully decentralized」を翻訳したものです。

カルダノのブロック生産が完全に分散化されました

By priyeshu garg – April 1, 2021 at 10:00 am utc

ブロックチェーンの背後にある企業であるIOHKは、ブロックの生産に参加しなくなり、カルダノは市場で唯一の真のコミュニティ運営のネットワークとなります。

カルダノの非中央集権化が成功裏に完了しました

昨年7月にシェリーが登場して以来、カルダノは完全な非中央集権化への道を歩んできた。しかし、非中央集権化のパラメータをゼロにするには、多大な努力と慎重な最適化が必要でした。そして今回、7ヶ月以上の努力の末、ネットワークは完全に分散化されました。

カルダノの親会社であるIOHKは、CryptoSlateと共有したプレスリリースの中で、ネットワークのブロック生産の全てが、2,000人のコミュニティ・ステークプール・オペレーター(SPO)の手に委ねられたと述べている。IOHKは今後、プラットフォームのブロック生産には参加せず、ネットワークの基盤となるプロトコルの開発のみを継続します。

これは、カルダノの完全な非中央集権化の重要な瞬間であり、最終的にはガバナンスと開発の両方で非中央集権化を実現するとしています。IOHKのプロダクトディレクターであるAparna Jue氏によると、ステークプール運営者のコミュニティと協力することで、ブロック生産の移管が予測可能かつスムーズに行われるようになったとのことです。

これはカルダノの開発における重要な節目であり、コミュニティへの制御権の引き渡しの最初の要素です。これは、今年の残りの期間を通じて継続されるプロセスです」とリリースで述べています。”ピア・ツー・ピア・ネットワークの分散化は、ブロックチェーンの制御をカルダノコミュニティに引き渡すための高度なガバナンス機能の実装とともに、次に視野に入っています。

非中央集権化の3つの柱

IOGは、ブロック生産の引き継ぎに関するブログ記事の中で、ネットワークの分散化は、「ブロック生産」「ネットワーク」「ガバナンス」という3つの柱で支えられたコンセプトであると説明しています。これらのコンセプトは互いに本質的に関連しており、分散化を実現するためには相乗的に機能する必要があると説明しています。

IOGがブロック生産から完全に切り離された今、次に取り組むべき大きな課題は、P2P(Peer-to-peer)ネットワークの導入です。これはShelleyでテストされていますが、この機能はまだハイブリッドの段階であり、今後数ヶ月でさらに開発される予定です。

ガバナンスがカルダノのロードマップの最後のステップであるにもかかわらず、IOHKはシェリーと並行してGoguenとVoltaireの開発を進めています。最近のGoguenのロールアウトは、メタデータとネイティブトークンの両方をカルダノに導入し、プロジェクトCatalystの人気を煽りました。Catalystは本質的にVoltaireの前哨戦であり、ネットワークのオンチェーン投票を導入するフェーズである。

dパラメータは2021年3月31日 21時44分51秒(GMT)に0になり、これによりカルダノは、IOHK、Emurgo、Cardano Foundationが運営する7つのノードからなる連合ネットワークから、全く新しい金融エコシステムをホストすることになる分散化されたコミュニティ運営のネットワークへと変化しました。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。