ニュース, ビジネス・ユースケース, ...

Liqwid、Cardanoにリクイディティ・プロトコルを導入するための資金を確保

下記の記事はLiqwid Labsの記事「Liqwid Secures Funding to Bring Liquidity Protocol to Cardano」を翻訳したものです。

Liqwid、カルダノにリクイディティ・プロトコルを導入するための資金を確保

本日、liqwid.financeを開発したLiqwid Labsが、初期段階のスタートアップに資金を提供するためのカルダノのオンチェーンガバナンスモデルを介して、プロジェクトカタリスト(Project Catalyst)の有権者からの単独参加による2回目の資金調達を完了したことを発表しました。

プロジェクトカタリストのビジョンは、分散型自律組織(DAO)として構造化されたグローバルVCを確立することであり、カルダノADA保有者が継続的にトップのカルダノ新興企業へのシードプロジェクト資金提供に投票できるようにすることです。

カタリスト(Catalyst)の各資金調達ラウンドは、競争率(オーバーサブスクライブ率)、範囲、資金調達のレベルが向上し、6週間ごとに新しいラウンドが開始されています。Liqwid Labsは、Fund3で2回目の資金調達ラウンドを成功させ、dApp作成チャレンジで1.6B カルダノ(ADA)のイエス票を獲得して1位になったことを嬉しく思います。

堅牢な流動性プールと金利カーブ製品をカルダノに導入するという我々のビジョンを共有する、開発者、起業家、投資家、ビルダーの革新的なグループで構成された世界最大級のDAOとの提携を続けることができ、これ以上ないほど感激しています。これは、オープンソースの流動性プールをカルダノに導入するというLiqwidの旅の基本的なステップです。

現在はまだ始まったばかりですが、カルダノの拡張UTXOブロックチェーン上に構築されたDeFiスペースは、PlutusスマートコントラクトAtala Prism分散型識別子(DID)アプリケーションの立ち上げにより、今後数ヶ月で大きく成長するペースです。Liqwidが提供する貸出用のリクイディティ・プールや金利カーブ商品は、この成長において極めて重要な役割を果たすでしょう。

アルファテストネットアプリのリリースと機能性に関する詳細は、近日中に公開予定です。
最新情報については、Discordでコミュニティに参加したり、TwitterやMediumでフォローしてください。

デウェイン・キャメロン
Liqwid Labs創設者

liqwid.financeについて

Liqwidは、カルダノのネイティブアセットに利息をつけたり、アセットを借りたりするための、オープンソースで非保管の流動性プロトコルを開発しています。

このプロジェクトの主な目的は、カルダノのPlutus拡張UTXOスマートコントラクトレイヤー上に構築された、より効率的なレンディングプールと金利カーブ商品を促進することです。

ユーザーはこのプロトコルを活用して、課税対象となるイベントを発生させることなく、対応する資産を預け、暗号資産の時間的価値を利用することができます。プロトコルの取引機能は、カルダノブロックチェーンのGoguen最終アップデートの直後にPlutusメインネットで利用可能になる予定です。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。