ニュース, ブログ, ...

カルダノのリーダーが、アフリカがブロックチェーン導入で世界の他の地域を飛び越える理由を説明

「アフリカ・スペシャル」の発表が間近(4月末ごろ)と囁かれているカルダノのアフリカの戦略について、チャールズ・ホスキンソン氏によれば、インフラのオーバーホールにより、”今後10年でアフリカの発展が加速する。”と述べています。特に2021年の今は、この地域(アフリカ)は有望な展望を示しており、これはまるでリープフロッグ(*)効果のようなものと¥述べています。

またブロックチェーン技術は”西欧諸国が必要としない贅沢品”とも述べており、Cryptoslate.comは、チャールズ・ホスキンソン氏が今後「アフリカがブロックチェーン導入で世界の他の地域を飛び越える理由」について述べた内容を記事を伝えています。

関連記事
29 Mar, 2021
チャールズ・ホスキンソン氏、カルダノとアフリカの契約は、正式な署名のために大臣に送られました。数百万人のユーザーを獲得?

26 Mar, 2021
チャールズ・ホスキンソン氏:カルダノのアフリカでの活動により、多くの人々がデジタルアイデンティティを持てるようになる

下記のCryptoslate.comの記事「Cardano boss explains why Africa will leapfrog the rest of the world in blockchain adoption」を翻訳したものです。

カルダノのリーダーが、アフリカがブロックチェーン導入で世界の他の地域を飛び越える理由を説明

インフラのオーバーホールにより、今後10年でアフリカの発展が加速する。

By Samuel Wan – March 30, 2021 at 7:00 am utc – 2 min read

IOGのCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏は、カルダノのエコシステムは、加速するアフリカのインフラ開発から大きな恩恵を受けるだろうと述べています。ブロックチェーンのバックボーンを実装することで、ホスキンソン氏は、アフリカ大陸が今後10年で他の国々を凌駕すると見ている。

なぜカルダノはアフリカに注目しているのか?

カルダノがアフリカをターゲットにしている理由を聞かれたホスキンソン氏は、特に2021年の今は、この地域は有望な展望を示していると答えた。10年前、それ以前はそうではありませんでした。

彼は、アフリカは技術開発の面で上昇していると説明しました。まず第一に、この地域におけるインターネットインフラの拡大、そしてさらに重要なのは、インターネットの普及率です。

ホスキンソン氏は、これが技術に精通したデジタルネイティブの若い層に合致していると語りました。また、ブロックチェーン技術の潜在的なメリットを認識している、より若くて調和のとれたリーダーシップもあります。

スターリンクを見ると、オンライン化する人の割合や、政府の人口構成を見ると、以前は70代から80代の指導者ばかりで、悪い時代の残り物のような存在でしたが、今は40代から50代の若い人たちで、西洋の教育を受けています。

しかし、アフリカにおける変化の最大の要因は、今後10年ほどの間に、あらゆる主要な行政、立法、金融システムを一新する必要があることです。

パキスタンの電話網を例に挙げたホスキンソン氏は、同国の当局は銅線ケーブルのルートを取らなかったと述べています。その代わりに、4Gタワーを導入しました。これにより、わずかなコストで優れたカバレッジを実現し、設置にかかる時間も短縮されました。

同じことがアフリカでも起きていますが、それはブロックチェーン技術に関するものです。

今後5年から10年の間に、すべてのガバナンスツール、投票方法、財産台帳の仕組み、決済システムの仕組み、IDシステムの仕組み、サプライチェーンシステムの仕組みなどが更新され、これはまるでリープフロッグ(*)効果のようなものです。

*リープフロッグ型発展とは、既存の社会インフラが整備されていない新興国において、新しいサービス等が先進国が歩んできた技術進展を飛び越えて一気に広まること。リープフロッグ現象ともいう。by WIKI

ブロックチェーン技術は西欧諸国が必要としない贅沢品

良くも悪くも、先進国ではすでにレガシーなインフラが整備されています。これらの “銅のケーブル “は、ブロックチェーン技術の必要性を大きく低下させます。

評論家はよく、暗号のユースケースは、西欧諸国には存在しない問題の解決策を探しているようなものだと指摘します。そしてある程度は、特に決済に関してはその通りです。

2019年に行われたChainalysis社の調査では、投機が暗号通貨の主要なユースケースを占めていることが明らかになりました。

それを考えると、カルダノのアフリカ進出は、やや天才的な動きだと言えるでしょう。間違いなく、今後の数週間、数ヶ月で、その才覚の程度が明らかになるだろう。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。