エポックな日々, ニュース, ...

カルダノとビットコインの大きな違いと、カルダノの可能性:ニュース動向 & ステーキング状況 in エポック259

エポックな日々

カルダノとビットコインの大きな違いと、カルダノの可能性

ビットコインのエネルギー問題と分散性に疑問

CoinPostが4月16日に「ビットコイン採掘レートで異常値、背景は?」を速報で報じ、その後中国の停電が影響し、新疆内で稼働するマイニングファームは当局の電力検査を受けほとんど運用を停止していると指摘するニュースが報じられました。

また翌日の2021年04月17日にはコインテレグラフが「中国のマイニングプールのハッシュパワーが急落、新疆ウイグル自治区での停電が原因か」を報じ、中国北西部にあるビットコインのマイニングプールのハッシュパワーが、停電のために急落しているようだと伝えています。

もともとこのニュースは、中国の仮想通貨ニュースレターを手掛けるWu Blockichainによってツィッターを通じて報告されており、Antpoolが24.5%低下、バイナンスPoolが20%低下、BTC.comが18.9%低下、Poolinが33%低下など、主要なマイニングプールのハッシュレートが大幅に低下していると伝えています。

そしてロイターは「ビットコイン、一時14%急落 ウイグルでの停電が原因との見方も」の記事で、これを「情報サイトのコインマーケットキャップは、ビットコインのマイニング(採掘)拠点の1つとされる中国の新疆ウイグル自治区で起きた停電を下落の理由に挙げたと」報じ、このことについて「ビットコインネットワークは分散されているが、マイニングはそうではないという根本的な脆弱性が停電で露呈した」と報じています。

その後多数メディアがこれについて同じような見方を伝えています。

参考記事

2021年4月16日:コインポスト「ビットコイン採掘レートで異常値、背景は?
2021年4月17日:コインテレグラフ「中国のマイニングプールのハッシュパワーが急落、新疆ウイグル自治区での停電が原因か
2021年4月19日:ロイター「ビットコイン、一時14%急落 ウイグルでの停電が原因との見方も
2021年4月19日:ニューズウィーク「ビットコイン、一時14%急落 ウイグルでの停電が原因との見方も
2021年4月19日:Yahoo!ニュース「中国各地で大規模停電相次ぐ 豪州産石炭の輸入中止が原因か

このニュースを背景に、ビットコインは1BTC=6.3万ドルから5万ドル付近まで下落し、日本円で150万円近く暴落したことになります。またビットコインの暴落を引き金に暗号資産マーケットが前面安となりました。

ビットコイン・米ドル 4時間足 BITFINEX By Ttradingview.com
この問題の背景

この出来事はコインテレグラフが伝えたように中国北西部の大停電に伴う、中国のビットコインマイニング企業のマイニングプールが停止したことで、ハッシュパワーが低下し、ビットコインの価格暴落し、暗号資産全体の価格暴落につながったと言うことでしょう。

実はこの背景にはとても大きな問題が含まれています。

ビットコインなどの第1世代のプルーフ・オブ・ワーク:Proof of Work(PoW)呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを使って、ブロックを生成しています。これには多大な電力エネルギーが必要とされます。

AFP通信の発信した「ビットコインの電力消費量はグーグルの10倍 環境への影響は?」の記事では下記のように伝えています。

英ケンブリッジ大学(Cambridge University)の研究者らがまとめたビットコイン電力消費指数(Cambridge Bitcoin Electricity Consumption IndexCBECI)によれば、ビットコインの「採掘(マイニング)」という取引の過程で消費される総エネルギー量は今年、128テラワット時に達する可能性がある。

これは世界の電力生産量の0.6%を占め、ノルウェー一国の全電力消費量を超える。

AFP通信:「ビットコインの電力消費量はグーグルの10倍 環境への影響は?」より

こうした背景から、石炭などで電力を生産する比較的電力の安い中国に多くのマイニング企業が集中し、ビットコインのブロックチェーンは、ネットワークのブロック生産の85%を占める最も著名なビットコインマイニングプール10社の手に大部分が委ねられています。

これはエネルギー効率の問題と本来パブリック・ブロックチェーンにとって生命線である「分散化」において著しく大きな問題を現実に露呈し、問題が市場にダイレクトに影響したことになります。

ビットコインとカルダノを改めて比較すると

一方カルダノはこの問題に対してどうなのでしょうか?ここでビットコインのプルーフ・オブ・ワークとカルダノのプルーフ・オブ・ステークについてもう一度おさらいをしておきましょう。

第3世代のブロックチェーンと呼ばれるカルダノは、プルーフ・オブ・ステーク:Proof of Stake(PoS)を用い、新しいブロックを作成するために計算上複雑な方程式を解く「採掘者」に頼るのではなく、プルーフ・オブ・ステークでは、「参加者(カルダノの場合はステークプール)」を選択して、ネットワーク内で管理しているステークに基づいて新しいブロックを作成します。

この意味は、カルダノのブロック生成には、委任しているADAホルダーも参加し、貢献し、報酬を獲得していることになります。しかも委任している間にADAはロックされることなく、いつでも引き出し可能なのです。これは他のプルーフ・オブ・ステークを用いるブロックチェーンとも一線を隠す部分になります。

一方第1世代のビットコインで使用されているプルーフ・オブ・ワークは、新しいブロックごとにコンセンサスを得るためには、プルーフ・オブ・ワークは膨大なエネルギーを必要とします。

その代わりに、カルダノのプルーフ・オブ・ステーク:Proof of Stake(PoS)プルーフ・オブ・ワークのパフォーマンスとエネルギー使用の課題に答え、より持続可能なソリューションを実現します。

これにより、ネットワークは、より強力なハードウェアを追加することで垂直方向ではなく、ノードを追加することでパフォーマンスを向上させ、さらに水平方向にスケールすることが可能になります。

これにより、カルダノはビットコインの最大400万倍のエネルギー効率で、安全、持続可能、倫理的にスケールすることができます。

カルダノは世界一のプルーフ・オブ・ステークシステムを持つブロックチェーン

カルダノは現在、プルーフ・オブ・ステークの暗号領域で、世界一のステーキング量を誇り、2500以上のステークプールにより世界一のレベルで完全分散化されたブロックチェーンとして、ブロック生成が行われているのです。

皮肉にも、今回の中国の大規模停電に伴うマイナーの集中化とエネルギー問題の露呈により、カルダノのプルーフ・オブ・ステーク・システムであるウロボロスが、このように分散化とエネルギー効率の観点からも、いかに効率と分散性の高いブロックチェーンであるかを証明したことになります。

今回のこうした背景には、ビットコインとカルダノが代表するコンセンサスアルゴリズムの違いが、大きく露呈された言うことになり、改めてカルダノの可能性が大きく認知されることにつながるのではないでしょうか!?

ニュース動向 エポック259

チャールズ・ホスキンソン氏インタビュー:分散型(非中央集権型)アプリの可能性について

ライアン・ドーズ(@Gadget_Ry)氏による、チャールズ・ホスキンソン(@IOHK_Charles)氏へのインタビューで、「分散型(非中央集権型)アプリの可能性について」語られた内容が「Charles Hoskinson, Founder, Cardano – Smart Contracts and the Need for Decentralisation」の動画に収められています。

非常に濃い内容ですので動画をご覧ください。また動画に収められたインタビューの一部内容をdeveloper-tech.comが記事にしていますので、下記にご紹介いたします。

カルダノ上でNon-Fungible Token (NFT)を最も簡単にミントする方法「http://Nft-maker.io」を発表

Cardano subredditに投稿し、カルダノブロックチェーン上でNFTを鋳造する最も簡単な方法と説明したプラットフォーム、http://Nft-maker.ioの立ち上げを発表しました。

BitBoy Crypto Ben Armstrong氏、アルトコインサイクル終了前にカルダノ (ADA)が8ドルになると考える理由を説明

BitBoy Crypto Ben Armstrong氏、アルトコインサイクル終了前にカルダノ (ADA)が8ドルになると考える理由を説明

カルダノ (ADA) +3,290% 1年間のリターンはBTC, ETH, BNB, その他を上回る -Compound Capital Advisors Founder

Compound Capital Advisorsの創業者兼CEOであるCharlie Bilello氏は、数時間前に、米国の国家通貨である米ドルと貴金属である金を含むトップ10の暗号通貨の昨年のリターンを共有し、その中でカルダノADAは過去一年間で堂々の一位を獲得しました。

ADAの価格予測。カルダノが2021年の勝者となりうる理由

CRYPTO NEWS FLASHが2021年のクリプト価格予想で、カルダノが2021年に最も成功する理由を下記の通り5つ挙げています。

  • 1200万人のユーザーを持つRevolutがADAの購入を可能にした。
  • 世界最大のブロックチェーンプロジェクトのためにエチオピア政府と仲のいいカルダノ。
  • ProfitFarmersの暗号市場スキャナーで強い上昇トレンドを示す。
  • 価格は20日以上も連結しており、まもなく動き出す可能性がある。
  • スマートコントラクトとDeFiを導入した新しいカルダノのアップグレード。
カルダノ(ADA)Vs ポルカドット(DOT)どちらの暗号通貨が買いなのか?

Nasdaqがカルダノとポルカドットを比較しどちらのクリプトが買いなのかを比較して論じるStockMarket.comの記事を紹介しています。興味深いのはビットコインとイーサリアムはすでに投資として成功したクリプトで、投資家はこれに変わる新しい投資先としてカルダノとポルカドットに注目しているということでしょう。今買うべき最高の暗号通貨を探しているのであれば、潜在的な可能性のあるカルダノとポルカドットであると述べています。

カルダノは他の暗号に比べて1つの大きな強みを持っているとコインビューロが指摘

コインビューローのホストであるアナリストのガイ氏は、自身が保有する最上位の暗号を明らかにする新しいビデオの中で、653,000人の購読者に対して、カルダノ(ADA)が自身のポートフォリオの8%弱を占めていることを伝えています。

イーサリアムは第2位の暗号通貨のままでしょうか?

イーサリアムは第2位の暗号通貨のままでしょうか? ポルカドットやカルダノなどの小規模な暗号通貨が、スマートコントラクト分野におけるイーサリアムの優位性に挑戦している。

カルダノは今ただならぬ未来への跳躍の予兆の中にいます

カルダノは全ての金融市場において世界の投資家の注目を集める銘柄の一つ
カルダノが「買い」であるという多くのメッセージ
これはもはや夢ではない
この背景

カルダノのパートナーであるエマーゴがメタマスク・MetaMaskのようなアプリのベータ版をリリース

エマーゴは、MetaMaskライクなアプリケーションのベータ版であるYoroi Wallet dApp connectorをリリース

Ergoブロックチェーンをベースにしていますが、EUTXOモデルが共通しているため、Goguenの立ち上げに合わせてカルダノに移植が可能

プレスリリース:ビットコイン・ドットコム取引所、オッカムのイーサリアムからカルダノへのクロスチェーンブリッジに対応

カルダノのための初のフルスタックDeFiレイヤーであるOccam.fiは、主要なデジタル資産取引所であるBitcoin.com Exchangeとの戦略的パートナーシップを発表します。Occam.fiのエコシステムで初めて完全に利用可能な機能であるOccamRazerは、近日中にリリースされる予定です。しかし、これまでカルダノのエコシステムには、適切なクロスチェーン流動性ブリッジがありませんでした。Occam.fiとそのパートナーは、この問題を解決する立場にあります。

カルダノは明るい未来を持つ暗号通貨です

今年に入ってから、特に3月頃から、金融・暗号通貨市場のニュースを取り扱うサイトが、カルダノに注目している記事を多数掲載し出していますが、この記事では明確に「カルダノは買い」だと述べています。

カルダノ(ADA)の価格分析。1.50ドルを超えて急上昇、さらなる上昇の可能性も

今年に入ってから、特に3月頃から、金融・暗号通貨市場のニュースを取り扱うサイトが、カルダノに注目している記事を多数掲載し出していますが、この記事では明確に「カルダノは買い」だと述べています。

msn moneyに掲載された記事で、執筆者は20年間にわたりビジネスジャーナリストとして活躍してきたJoel Baglole氏によるものです。Joel Baglole氏はThe Wall Street Journalのスタッフレポーターを5年間務めたほか、The Washington PostやToronto Starなどの新聞や、The Motley FoolやInvestopediaなどの金融系ウェブサイトにも寄稿しています。

フィンテックとGovTechを両立させる。ホスキンソンが語るアフリカにおけるカルダノの可能性

LunarCRUSHのインタビューで、チャールズさんが、カルダノの「アフリカ・スペシャルは近いうちに発表できることを願っています」と語っており、またIOGはエチオピアのオフィスをSingularityNetと合併した事など大変興味深い内容

 

IOGブログ:プルトゥス:知っておくべきこと

LunarCRUSHのインタビューで、チャールズ・ホスキンソンさんが、アフリカ、特にエチオピアでのカルダノへの取り組みを含む、数々のトピックについて語っています。カルダノの「アフリカ・スペシャル」について 「近いうちに発表できることを願っています」と語っており、またIOGはエチオピアのオフィスをSingularityNetと合併し、同国での取り組みを統合することなど大変興味深い内容です。

カルダノ(ADA)のIRAと401kファンドで退職後のオルタナティブを実現

カルダノ(ADA)のIRAと401kファンドで退職後のオルタナティブを実現 カルダノのネイティブコインであるADAは、投資家のIRAや401k口座でアクセス可能です。ビットコイン、XRP、ETHのほか、LTC、DOT、EOS、LINKなどに加わることになります。

カルダノ(ADA)が本日、ステークプールの第2ラウンドの代表者を終了。これは何を意味するのか?

カルダノ(ADA)が本日、ステークプールの第2ラウンドの代表者を終了。これは何を意味するのか?

カルダノ・エポック259ステーキング状況

SIPOエポック259ステーキング報告

SIPO、SIPO2、SIPO3エポック259ステーキング報告
SIPOエポック259ステーキング報告
SIPO2エポック259ステーキング報告
SIPO3エポック259ステーキング報告

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。