エマーゴ, ニュース, ...

カルダノのAlonzoハードフォークは何をするのか?

下記の記事はEMURGOの記事「What Will Cardano’s Alonzo Hard Fork Do?」を翻訳したものです。

カルダノのAlonzoハードフォークは何をするのか?

期待の高いスマートコントラクト機能を実現する、カルダノ全体のブロックチェーン開発の次の期間であるGoguen時代への道は、現在、強固な基盤の上に構築されています。

2020年のShelley時代とstakingの実装から、2020年12月のAllegraハードフォークによるトークンロック機能まで、来るべきGoguen時代は、スケーラブルで持続可能な、相互運用可能なブロックチェーンネットワークを実現するために、Cardanoに大きな変化をもたらすべく、計画的に形作られています。

カルダノのロードマップにおける各時代とハードフォークは、カルダノのブロックチェーンネットワークの完全な成熟という目標に沿って、最初から設計されています。

2021年3月の初めには、マルチアセットとネイティブトークンのサポートを実現したメアリーハードフォークの成功により、カルダノの開発にまた新たな一歩が踏み出され、カルダノのブロックチェーンは最終的にファンジブルトークンやノンファンジブルトークン(NFT)など、他の多くの種類のプロジェクトの取引を管理することができるようになりました。

今度のAlonzoハードフォークでは、スマートコントラクトをカルダノのエコシステムに導入することで、これまでのすべての作業によって敷かれた道を活用できるプラットフォームが提供されます。

アロンゾ・ハードフォーク

この名前は、米国の数学者であるアロンゾ・チャーチ(1903-95)に由来する。チャーチはコンピュータサイエンスの基礎となる分野の多くに携わり、最小の普遍的プログラミング言語とも呼ばれるラムダ計算を発見したことでも知られている。

その理由は、どんな計算関数もこの数学分野を使って評価できるからである。

この名前の選択は、Plutus Coreと同様に偶然ではありません。カルダノのスマートコントラクトを支えるプログラミング言語は、ラムダ計算の原理を用いて開発されたHaskell言語をベースにしている。

スマートコントラクトの開発にPlutusを使用することで、将来の分散型アプリケーションのロジックに、より高いレベルの厳密さと安全性を与えることができます。

Cardanoのスマートコントラクトは、安全で数学的に検証可能であるように一から設計されています。このようにセキュリティをより重視することで、他のプロジェクトで多くの不確実性をもたらしたコストのかかるハッキングやバグをひたすら回避することができます。

Plutusは、優れた分散型アプリケーション(DApps)の作成と展開に使用されます。これらの新しいDAppsの設計者は、これらのアプリケーションが意図した通りに、意図しないエラーの余地がほとんどない分かりやすいインターフェイスで動作するという安心感を得ることができます。

現在、Plutusのスマートコントラクト機能は、Plutus Pioneers’プログラムの参加者によってテストされています(リンクをクリックして詳細を確認し、サインアップしてください)。

Goguen時代に向けてAlonzoハードフォークが控えているため、開発者はテストネットで分散型アプリケーションを試し始め、カルダノのネットワークをスマートコントラクトのメインネット立ち上げに向けて準備することができるようになります。

Plutusのパイオニアたち

カルダノのスマートコントラクトは企業にどのようなメリットをもたらしますか?

スマートコントラクトの導入により、開発者やプロジェクトは、DeFi Dapps、NFTサービス、クラウドファンディングなど、より包括的なサービスをユーザーに提供するために必要なツールを手に入れることで、ようやくカルダノのブロックチェーンを十分に活用できるようになります。

また、スマートコントラクトのプログラミング言語としてのPlutusのより高度なセキュリティ機能は、企業やビジネスが、それぞれのビジネスバーティカルや消費者に必要なカスタマイズされたソリューションを、Cardano上の堅牢なスマートコントラクトを使って完成させるのに役立ちます。

可能性のある多くのソリューションやアプリケーションには、ブロックチェーンベースの送金、よりコスト効率の高いサプライチェーン管理、IoTモニタリング、分散型取引所など、まだ起業家によって生み出されていないものが含まれます。

AlonzoハードフォークによるGoguenの幕開けは、Cardanoネットワークの完全な発展に向けた道のりの最新のマイルストーンに過ぎません。

EMURGOは、企業向けにカスタムメイドのソリューションを開発するグローバルな新興技術企業であり、カルダノの設立団体でもありますが、ブロックチェーンベースのトレーサビリティソリューションであるEMURGO Traceのユースケースで、すでにこの分野に進出しています。

代表的な例として、インドネシアのコーヒー加工会社であるAlko社は、EMURGO Traceを使用して、国内外の顧客へのコーヒーの輸出を管理しています。

Alko社は、東南アジアで初めてブロックチェーンベースのソリューションを使用してコーヒー豆を追跡した企業として、コーヒー販売事業を拡大しています。

サプライチェーンマネジメントは、企業レベルでの最も重要なブロックチェーンのユースケースの一つとして浮上しています。迅速なブロックチェーンソリューション開発におけるEMURGOの専門知識を通じて、EMURGOのトレーサビリティソリューションは、ローカル、リージョナル、グローバルのいずれの規模でも展開でき、企業のニーズに合わせた商取引のインフラをサポートします。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。