ニュース, ブログ, ...

カルダノ(ADA)のステークアドレスが60万件の節目を超える

カルダノの2,561のアクティブなプールに委任されたステークウォレットの合計が(Epoch: 269Ends in 20 hours現在)608,391に達し、新たなマイルストーンを記録したとcointechn.comが伝えています。

以下はcointechn.comに掲載された記事「Cardano (ADA) stake addresses exceed 600,000 milestone」を翻訳したものです。

カルダノ(ADA)のステークアドレスが60万件の節目を超える

カルダノは、2,561のアクティブなプールに委任されたステークウォレットの合計が608,391に達し、新たなマイルストーンを記録しました。

カルダノのデータ収集ツールであるPoltoolが提供するデータによると、ADAの総ステイク額は429.3億ドルで、602億ドルの供給の71.32%を占めています。様々なプラットフォームによるカルダノのステイクの露出が増えたことは、ADAにとってのターニングポイントです。

例えば、カナダの上場企業であるiMining社は、最近カルダノをステークサービスのサポート資産リストに加えました。これにより、iMining社は、機関投資家にカルダノを紹介することを目指しています。

さらに、5月には、米国の暗号通貨取引所であるKrakenもADAのステークを可能にしました。Kraken Stake Walletを介したベッティングにより、より多くのユーザーがADAを利用できるようになります。

このマイルストーンは、2021年のネットワークの成長と実世界での使用によるカルダノの流入を追加するものです。2021年1月1日から4月28日までの間、ADAのアクティブアドレス数は417.81%増加し、同期間のトランザクション数は382.84%増加した。

カルダノ、ネットワークアップグレードの恩恵を受ける

カルダノネットワークはアップグレードを行っており、支持者は真の競争相手であり、イーサリアムに取って代わることができると観察している。注目すべきは、プルーフ・オブ・ステークのプラットフォームであるカルダノは、第2位の暗号通貨であるイーサリアム2.0が2022年後半まで延期されたことを発表した後、イーサリアムに対して優位に立てる可能性があります。

ここ数カ月、イーサリアムは手数料が高く、時間がかかるという批判を受けており、代替手段としてカルダノが登場しました。イーサリアム2.0のリリースは、ネットワークの短所を解決することを目的としています。

カルダノは、ブロックチェーンがブロック生成の100%分散化を達成した後も、暗号通貨界の注目の的となっています。また、カルダノがエチオピア政府と協定を結び、資源の共有による国のシステムの合理化を実現したことで、実際のユースケースが生まれました。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。