エポックな日々, ニュース, ...

ブロックチェーンの未来を見据えるカルダノ:ニュース動向 & ステーキング状況 in エポック272

ブロックチェーンの未来を見据えるカルダノ

カルダノが今何をしようとしており、ブロックチェーン業界において、どんな立ち位置にあるのか?

2021年のこの時点でカルダノは暗号市場のみならず世界の投資市場においても、素晴らしい注目と立ち位置を獲得しています。ちょうど1年前の2020年6月25日時点の価格8.7544円でした。そしてちょうど1年後の2021年6月25日は147.58円付近となっており、17倍近い上昇となっています。

また現2021年6月25日時点で世界中の全プロジェクトの中で、時価総額ランキンは堂々の5位となっており、2021年5月16日には上場以来カルダノADAは最高値を更新し、252.56円をマークし、2020年6月25日時点の29倍近い上昇を経験しており、投資史上でも稀に見る上昇体験をしています。

この背景から、世界のブロックチェーンの未来を信じる人々が、徐々にこの革命的テクノロジーがもたらす世界の変革に気づき始めており、新しい世代の投資家を巻き込みながら、来るべき暗号経済への関心をさらに強めていることを感じとることができます。

ではカルダノはこうした流れの中で、どういった位置付けにあるのでしょうか?その為には、まず背景(ブロックチェーンの歴史)を理解することが必要です。このことを理解することで、カルダノが未来に向けて今何をしようとしており、ブロックチェーン業界において、どんな立ち位置にあるのかが理解しやすくなります。

今回は暗号資産やブロックチェーンに興味を持ち始めた人にも、現在ブロックチェーン業界で何が起こっているのか?カルダノを理解する上で、その背景について、復習もこめて簡単に解説していきます。

より多くの新しい人々の注目と暗号経済への参加を誘う第3世代のブロックチェーン・プロジェクト

既に暗号の世界、そしてカルダノファンの皆様には、これまでもお伝えしてきた通り、カルダノはまだまだ始まったばかりですが、世界の多くの投資家がこの新しい第3世代のブロックチェーン・プロジェクトに注目をし始めています。

今年9月には暗号市場の実質経済を動かす本命とも言えるスマートコントラクト・テクノロジーをカルダノ・プラットフォームも導入することで、カルダノ自身だけでなく、これから大きな発展を遂げていくであろう暗号経済に大きな影響を与える出来事として、世界中の投資家の注目を集めつつあります。

これはカルダノにとっても暗号業界にとっても重要なマイルストーンとなります。これにより、これまで以上に世界の大きな注目を集めるとともに、より多くの新しい人々の注目と暗号経済への参加を誘うこととなるでしょう。

第1世代のビットコイン

第1世代と言われるビットコイン、第2世代と言われるイーサリアムは、これまで以上に世界で大きな飛躍を遂げています。来るべきあたらしい世界の技術革新として、国家レベルでの導入が受け入れられ始めています。このように、現在、暗号資産、ブロックチェーンを取り巻く環境は、歴史的な転換点の中でその存在をより大きくし、次の来るべき近未来に向けて、世界を大きく変えようとその存在感を一層高めています。

まず、第1世代と言われるビットコイン(BitCoin)がスタートしたのは2009年1月で、分散型のP2P(ピア・ツー・ピア)デジタル通貨として誕生しました。その誕生以来、ビットコインのシステムであるブロックチェーンの歴史は始まり、これまでに一度も止まることなく、暗号通貨の絶大なるリーダーであり、安全でセキュアな分散台帳技術として君臨し続けています。

そしてその存在は、分散型デジタル通貨の基軸通貨、ベースレイヤーとしてだけでなく、世界の金融経済の中で、デジタルゴールドとしての存在感を高めました。そして現在ではエルサルバドルの国家の法廷通貨として採用されるに至り、それに続く国家が次々と関心を寄せるなどしており、今後ビットコインを採用する多くの国家が登場してくる可能性があります。また先物、ETF市場への参入、世界的グローバル企業にも次々と採用されるなど、その存在感は止まることを知りません。

筆者は現在の暴落は一時的なもので、2021年中にビットコインは1000万円に到達する可能性があると見ています。

第2世代のイーサリアム

そして、2013年にヴィタリック・ ブテリン氏によって構想が示され、2014年に公開されたオープンソースのブロックチェーン・プラットフォームである第2世代のイーサリアム(Ethereum)は、スマートコントラクトを始め、多くの革命的イノベーションを発信し続けており、現在ではDeFiである分散型金融プラトフォームとして、またインターネット・コンピューティング・プラットフォームという、独自の地位を切り開き、その存在感は現在もますます高まっています。

また、最近イスラエル銀行(中央銀行)は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)を発行するテストで、暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンを使用するなど、実質世界でもその存在感はますます高まるばかりです。

こうした中で、カルダノの創始者であり、イーサリアムの創始者の一人でもあるチャールズ・ホスキンソン氏が述べたように、イーサリアムの持っているポテンシャルからすれば、イーサリアムはビットコインを超える存在になると予測しています。

参考記事:カルダノ創業者、イーサリアムがビットコインを追い越すと予測

ブロックチェーン業界を取り巻く世界の動きとブロックチェーンが目指す世界

このようにビットコインとイーサリアムが牽引するブロックチェーン業界と、それらがもたらした暗号経済が、国や企業を巻き込みながら、大きく発展しようとする中で、国や中央集権型のグローバル世界における軋轢や摩擦も大きくなり、その影響も以前より大きくなり始めています。

これはブロックチェーン、暗号資産が新たな段階に入って来たことを示すものであり、分散型と中央集権型の対峙でもあり、新たな世界の覇権構造や力関係にも影響を与える段階になっているのが明白になってきています。

米国や欧州の政府や中央銀行の規制への動き、SEC(米国証券取引委員会)などの政府との摩擦、ここ最近では、中国の突発的な規制の動きがあり、その影響は暗号市場に大暴落を引き起こしています。これらの背景にはこれまでの世界を動かしてきた中央集権型の権力の維持があります。一方その世界観からの脱却として、新しい分散型社会、自由経済を標榜する新しい世代や、ボトムアップ型の民主主義イデオロギーを構築するためのプラットフォームとしてブロックチェーンを用い、より良い世界を構築しようとする動きがあります。そして権力を維持したい中央集権型世界と分散型世界の調整と対峙が顕著に見られるようになって来ているのです。

参考記事:新しいフェーズに入ったブロックチェーン業界、そしてカルダノ

政府の規制とともにある国家や大企業のブロックチェーンテクノロジーの採用の動きも活発化しています。ブロックチェーンは、新しい分散型の経済世界をもたらすための方法であり、テーゼ(立てられた命題)であると、世界もより多くの人が認識し始めているのです。

この背景には、政府がパンデミックを利用して監視社会を強化しようとする動きが明らかになりつつある今、こうした選択肢とは別の選択肢である分散型社会を構築しなければならないという明確な目的になりつつあるということです。

この動きは、世界の覇権構造、新しい技術、新しい認識への変化・変容とともに、それらと同期しながら、かつそれらを巻き込んで起こっているまさに歴史的世界の大転換の中にあります。

このような大きな時代の流れを認識した上で、カルダノについて知ることは大きな意義があると筆者は考えています。

第3世代のパブリック・ブロックチェーンの登場と台頭

第1世代のビットコインがブロックチェーン、分散型システムの歴史を開きそのベースレイヤーを構築し、第2世代のイーサリアムが画期的な分散型コンピューティングとスマートコントラクトなど多くの素晴らしいイノベーションをもたらしました。

そして現在のブロックチェーンに求められているのは、分散性・安全性・拡張性・持続性・相互運用性の5大要素を同時に満たすことです。それらを達成しようとするのが第3世代のブロックチェーンです。

プルーフ・オブ・ステーク・アルゴリズムを主体としたカルダノ、ポルカドット、ソラナ、インターネット・コンピューター、アルゴランド、コスモス、アバランチ、ホロチェーン(まだまだたくさんあります。)などの第3世代のパブリック・ブロックチェーンは、今その存在感を発揮しつつある段階にあります。

これらは最終的にブロックチェーン同士の相互運用性を獲得し、それらが網の目のようにつながることでインターネット2、WEB3の時代を切り開こうとしています。

こうした背景を理解することで、カルダノが今何をしようとしており、ブロックチェーン業界において、どんな立ち位置にあるのかが理解しやすくなるのです。

カルダノが見据える未来

カルダノは、世界で初めてのプルーフ・オブ・ステークのブロックチェーン・プラットフォームであり、ピアレビューされた研究に基づいて設立され、証拠に基づいて開発された最初のものです。

この背景には、ビットコインとイーサリアムを最も研究し、その資産を活用しそこに足りないものや発展させるべきコンセプトを見つけだし、ブロックチェーンの未来を予測し、最新の手法を駆使しそれを実現しようとするものです。

カルダノはまず、現在のブロックチェーンに求められている分散性・安全性・拡張性・持続性・相互運用性の5大要素を満たすため設計と開発が進められてきました。これはカルダノ・ロードマップという独自の開発プロセスを持ちながら進められ、今年9月に実現するスマートコントラクトの導入、最終的にカルダノ1.0ともいうべき完成をもたらすであろう、その天蓋とも言えるガバナンスの導入により、2021年中には第3世代のブロックチェーンとしてのカルダノはほぼ完成を迎えます。

その後のカルダノ2.0ともいうべき2025年計画も既に始まっており、前々回エポックな日々でお伝えした第4世代プロトコル”プルーフ・オブ・X”への開発の動きは始まっています。

このようにカルダノは比類なき研究開発の手法を最大限に活かしながら、未来への予測とともに作り上げた設計とロードマップにより、それをコードに置き換える手法で、マルチタスクに開発が進められており、その開発スピードや開発工数は世界一となっており、カルダノはその生産性を維持し続けています。

また何よりも研究し尽くした手法やアイディアを製品化する手法やプロセスはその質を高め、世界の金融プラットフォームとして、また30億人が利用する莫大な金融資産を安全に動かすプラットフォームとして、世界一の品質と保証を獲得すべく、慎重に開発が進められています。

あくまでもピアレビューは手法であり、それはカルダノの目標ではありません。カルダノの目標は明らかに、ビットコインとイーサリアムを超えることにあります。

そうしたことが今後実際の成果物、ビジネス上の経験をもたらすことで、評価され証明されることになるでしょう。まだカルダノを誤解している人々も、目から鱗としてカルダノを理解する日がくるとますます確信を持っています。

最近の一部のビットコインのマキシマリストやイーサリアムのヴィタリック・ブテリン氏の一部の言動などが示すように、カルダノを意識する発言が増え、カルダノへの批判的発言も増えていますが、それらはカルダノを知っているコミュニティからすれば、全く問題ではなく、むしろ本当の問題はブロックチェーン業界を取り巻く環境の変化に注意を向けるべきことを知っています。

ブロックチェーンの未来が世界の変化の中で、また中央集権的な世界の圧力の中で終わってしまわないように、ブロックチェーン業界全体が力を合わせて、私たちの意志を示していかなければなりません。

それこそが、未来のブロックチェーン、分散型社会、暗号経済をリードし、実現する為にカルダノがしようとしていることではないでしょうか!?

カルダノを知ることはミライのブロックチェーンを知ることにほかなりません。

最後にお願いです。ADAを持っている人は全員、カルダノネットワークのステークを持っています!そしてそのことで誰もがステーキングに参加するだけで、報酬を受け取ることができます。

もしこの記事が気に入っていただけましたら、SIPO、SIPO2、SIPO3への委任をどうぞよろしくお願いいたします10ADA以上の少量からでもステーキングが可能です。
ステーキングについて知りたい方は、下記の記事をご参考ください。
ステーキング(委任)とは?
カルダノ分散型台帳システムによるステーキングの魅力とその方法:2021版
Q&A:カルダノ、ステーキングに関する基本的な説明集
ダイダロスマニュアル
ヨロイウォレット Chromeブラウザ機能拡張版マニュアル

ニュース動向

YahooFinanceが記事「ブロックチェーンが日常生活をどのように変えていくのか」でカルダノのエチオピアの取り組みを紹介

米国のYahoo Financeに掲載された記事「Blockchain in Action: How Tech Is Changing Everyday Lives::ブロックチェーンが日常生活をどのように変えていくのか」に、VeChainとDNVのパートナーシップによる中国のIVFプロセスを変えるブロックチェーンの取組とともに、カルダノのエチオピアでの取り組みが紹介されています。

InputOutput、カルダノ・テストネット用のAlonzoBlue 2.0を発表

cryptoslate.comが、カルダノ・テストネット用のAlonzoBlue 2.0についての記事を配信、DeFi分野の急速な拡大に伴い、イーサリアム・ブロックチェーンがエコシステムの中で頭角を現していたにもかかわらず、他のブロックチェーンがスタミナをつけてきており、これは主に取引手数料がはるかに低いためであると伝えています。

Cardano 360 6月号開催予告
Cardano nodeがオープンソースのHaskellプロジェクトでトップトレンドに
WorldMobile、アフリカのオンライン化に向けてカルダノベースのトークンセールで4,000万ドルを調達

World Mobile Token@wmtokenのツィートによると、仮登録の準備が整ったとして、worldmobiletoken.comへのリンクが掲載。SIPOが現在確認したところによると、現在Eメールによる仮登録の受付が始まっています。登録すると下記の内容が表示され、「オープンしたらすぐにお知らせします。」となっています。

カルダノのオンチェーンガバナンス:知っておきたい Catalystアプリによる投票のご案内(随時更新)

この記事はreddit.comに投稿されたDaniel Ribar:u/danny_cryptofayさんの記事「ALL YOU NEED TO KNOW – FUND4 VOTING (updated)」およびProject Catalyst関連のソーシャルメディを元に情報収取し作成した日本語による「カルダノのオンチェーンガバナンス:知っておきたい Catalystアプリによる投票のご案内)」に関する記事です。

チャールズ・ホスキンソン、イーロン・マスクがビットコインではなくカルダノを選ぶべき理由を挙げる

U.Todayが5時間にも及ぶLex Fridmanポッドキャストでの待望のインタビュー「Charles Hoskinson: Cardano | Lex Fridman Podcast #192」で、カルダノ創設者チャールズ・ホスキンソン氏が語った中で、イーロン・マスク氏がビットコインではなくカルダノを選ぶべき理由について報じています。

トップトレーダーがカルダノにメガ強気、3つのあまり知られていないアルトコインが大きな上昇の準備をしている可能性があると指摘

Daily HodlがSIPOが市場分析で興味深いと考えているアナリストのCapo氏の最新の市場分析で、カルダノが痛々しいほど楽観的で、ADAは今も私の最大のバッグの一つであり、ビットコインやスマートコントラクトプラットフォームのトップに君臨するイーサリアムよりも優れていると伝えています。

クジラがビットコインを貯め続ける間にカルダノを買う

businessinsiderは記事「Buy Cardano While Whales Continue to Accumulate Bitcoin」の中で、現在のマーケットの昇降状態の中、ビットコインのクジラたちはこれらのコインを次々と買い集め、既存のコレクションを増やしているが、ここでの真のチャンスは、しっかりとした技術を持つ、誤解された割安なアルトコインを買うことだと述べています。

そして、カルダノは、私たちが世界を変えると考えているコインの一つであり、カルダノの技術が他のコインの技術に追いつき、それを超えれば、大きなブレイクアウトのチャンスがあると伝えています。

LexFridmanポッドキャストの中で、チャールズ・ホスキンソン、イーロン・マスクのテスラがビットコインではなくカルダノを選択すべき理由を強調

heraldsheets.comが、Lex Fridmanポッドキャストでの待望のインタビューの中で、IOGのCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏は、イーロン・マスク氏のテスラが主要な暗号通貨であるビットコイン(BTC)ではなくカルダノ(ADA)を採用すべき主要な理由を伝えています。

カルダノの「Yoroi Wallet」、イーサリアムの「Metamask」のようなDappsとの連携が間もなく可能に

2018年10月にYoroi Walletの開発と発売に成功した、グローバルな新興技術企業であり、カルダノブロックチェーンプロトコルの創設団体であるEMURGO(エマーゴ)は、カルダノのアロンゾ・ハードフォークに対応するために必要な変更を、下記のように実施していると、自身のブログ記事で発表しました。

独占インタビューIOHK-CTOに聞く:カルダノはイーサリアムと肩を並べる存在になる。

IOGの最高技術責任者であるロマン・ペラン(Romain Pellerin)氏が、史上最大の暗号会議となったマイアミのBitcoin2021で行われたCryptoPotatoの独占インタビューで、カルダノのスマートコントラクトのリリース時期、エネルギー消費量、イーサリアムとの比較について語っています。

チャールズ・ホスキンソン氏、カルダノのスマートコントラクトについて「今後90日でそこに到達するだろう」とコメント

heraldsheetsは、2021年6月16日に公開されたLex Fridman Podcastで、チャールズ・ホスキンソン氏はカルダノのスマートコントラクトについて、”今後90日でそこに到達するだろう”とコメントし、アロンゾ・ハードフォークによって、現在オンチェーンで不足しているプログラマビリティが追加されると伝えています。

IOGのパートナーであるWorld Mobileがカルダノでパブリックトークンセールを開始

newsbtc.comがIOGのパートナーであり、「WMTシェアリングエコノミー」を実現し、アフリカの誰もがグローバルな金融システムにアクセスできるようにすることを目指しているWorld Mobileは、カルダノでパブリックトークンセールを開始したことを伝えています。

IOGブログ:ダイダロス打ち上げから飛行まで、そしてその先へ…

ダイダロス(Daedalus)は、2017年にカルダノでデビューして以来、長い道のりを歩んできました。そして、カルダノの成長と進化に合わせて、私たちのフルノードウォレットも進化しています。

アロンゾがカルダノにスマートコントラクトを導入する前の最大の懸念事項

5時間にわたるLex Fridman氏のポッドキャストのインタビューの中で、チャールズ・ホスキンソ氏は、イーサリアムのDAOハッキング事件を例に挙げ、この問題を解決するために、カルダノはプラットフォーム上のスマートコントラクトを認証するための基準を特定して適用することを目指しており、その基準は “アプリケーションに何らかの形で保険を組み込む “ことを可能にするものだと伝えています。

カルダノのクリエイター、チャールズ・ホスキンソン氏がビットコインとイーサリアムの戦いの結果を予測

Daily Hodlは、5時間に及ぶAI研究者のLex Fridman氏によるインタビューを受けたポッドキャストの中で、カルダノの創業者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、ビットコインはイーサリアムとの一騎打ちを生き残るためには適していないとの考えを伝えています。

また、ビットコインを「競争力のある」システムにするためには、根本的な改善が必要であり、ビットコインの遅くて几帳面な開発プロセスが妨げになっていると指摘していることを伝えています。

チャールズ・ホスキンソン氏が、カルダノ開発者がアルゴリズム・ステーブルコインに関する新しい研究論文を間もなく発表すると発表

チャールズ・ホスキンソン氏がアルゴリズム・ステーブルコインに関する新しい研究論文を数週間後に発表するとツィートで発表しており、これをThecryptobasic.comが伝えています。

今後数週間のうちに、本当に素晴らしいアルゴリズムのステーブルコインの論文が出ます。ビットシェアーズ(Bitshares)時代からの未完の仕事。

IOHKのCTOが語る、カルダノの爆発的な成長、イーサリアムとの比較、スマートコントラクトなどについて

マイアミのBitcoin2021で行われたCryptoPotatoの独占インタビューで、IOGの最高技術責任者であるロマン・ペラン(Romain Pellerin)氏が、カルダノに関する多くの重要な事柄について考えについて語った内容をthecryptobasic.comが伝えています。

チャールズ・ホスキンソン氏、カルダノは2022年のワイオミング州の共和党・民主党の予備選にそのブロックチェーンを使用させることを計画

5時間にわたるLex Fridman氏によるチャールズ・ホスキンソン氏とのインタビュー「Charles Hoskinson: Cardano | Lex Fridman Podcast #192」で、チームが2022年の共和党・民主党の予備選にカルダノのブロックチェーンを使用させることを計画していることを明らかにしたことをheraldsheets.comが伝えています。

レックス・フリッドマン氏との5時間にわたるインタビューで、チャールズ・ホスキンソン氏が「カルダノはビットコインやイーサリアムよりもはるかに優れている」と語る

レックス・フリッドマン氏との5時間にわたるインタビューで、チャールズ・ホスキンソン氏が「カルダノはビットコインやイーサリアムよりもはるかに優れている」と語ったことをThecryptobasicが伝えています。

CoinShares:ビットコインとイーサリアムが一息つく中、機関投資家の資金がカルダノとステラに移動

デジタル資産投資会社のCoinSharesによると、先週のカルダノには170万ドル、XLMには100万ドルの資金流入があり、イーサリアムは合計1270万ドルの流出、ビットコインは1000万ドルの流出があったと報告しています。

デジタル資産投資商品群全体では2,100万ドルの流出があったにもかかわらず、ADAとXLMのファンドは増加しているとして、これをDaily Hodlが記事で伝えています。

カルダノ・エポック272終了時点ステーキング状況

SIPOエポック272ステーキング報告

SIPO、SIPO2、SIPO3エポック272ステーキング報告
SIPOエポック272ステーキング報告
SIPO2エポック272ステーキング報告
SIPO3エポック272ステーキング報告

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。