ニュース, ブログ, ...

カルダノ:「わずかな」リトレースメントの可能性はここにある

ボラティリティーが上がれば、ADAは1.22ドルに戻る可能性があり、この領域は来週中に1.46ドルに向けての緩やかな回復のきっかけとなるとambcrypto.comが伝えています。

以下はambcrypto.comに掲載された記事「Cardano: Here are the chances of a ‘sigly’ retracement」を翻訳したものです。

カルダノ:「わずかな」リトレースメントの可能性はここにある

By Saif Naqvi July 12, 2021

カルダノの市場はここ数日、買い手と売り手が市場の支配権をめぐって揉み合い、膠着状態に陥っている。この間、ADAはフィボナッチエクステンションの38.2%である1.35ドルのすぐ下で推移しており、短いボディのローソク足は統合の期間を表していた。

本稿執筆時点で、ADAは1.34ドルで取引されており、過去24時間で0.04%上昇している。

カルダノ日足チャート

ソースはこちら ADA/USD, TradingView

昇順三角錐の崩壊により、カルダノはフィボナッチ延長線38.2%を下回り、弱気に転じました。記者発表時の守備範囲である1.25~1.22ドルは、市場全体でより強いトレンドが形成された場合に、今後のADAの値動きの本拠地となる可能性があります。

可視範囲出来高(Visible Range)は、上記のレンジ内でADAに多くの取引が行われたことを示しています。しかし、強力なサポートレベルがないため、5月23日のスイング安値である1.05ドルに引き戻される可能性があるため、市場観察者は1.22ドル以下でのクローズに注意する必要があります。

根拠

EMAリボンが収縮していることから、ADAの今後の動きは横ばいであることが示唆されました。興味深いことに、方向性指数の-DIは+DIを上回っており、弱気のトレンドがまだ続いていることを示唆しています。しかし、ADXは24に落ち着いており、ここ数日のトレンドは緩和されています。一方、Awesome Oscillatorでは半値以上の上昇が否定され、弱気のモメンタムが蓄積されました。

記者発表時のADAの価格はどちらかにバランスが取れているように見えましたが、ほとんどの指標では弱気が優勢でした。ボラティリティーが上がれば、ADAは1.22ドルに戻る可能性があり、この領域は来週中に1.46ドルに向けての緩やかな回復のきっかけとなるでしょう。

結論

ADAは弱気のニュートラルなトレンドであるため、1.22ドルまでのリトレースメントが進む可能性がわずかにありました。このレベルを下回れば、下落幅が拡大する可能性がありますが、そのような結果になるには、弱気の市場の手がかりが必要です。一方、トレーダーは1.22ドルでロングを選択し、ADAがフィボナッチ延長線の50%である1.46ドルにタッチした時点でポジションを終了することができる。

免責事項:以下の記事の調査結果は執筆者の個人的な意見であり、投資アドバイスとして受け取られるべきではありません。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。