ニュース, ブログ, ...

グレイスケール:ビットコイン、イーサリアム、カルダノ、その他のアルトコインを対象とした機関投資家向けファンドがSECに登録されたと発表

デジタル資産管理大手のグレースケールは、米国証券取引委員会(SEC)との間で新たなマイルストーンを達成したことをdailyhodl.comが伝えています。

グレイスケールのラージ・キャップ・ファンドに含まれるビットコイン、イーサリアム、カルダノ、その他のアルトコインを対象とした機関投資家向けファンドがSECに登録されたと発表しました。

以下はdailyhodl.comに掲載された記事「Grayscale Says Institutional Fund Featuring Bitcoin, Ethereum, Cardano and Additional Altcoins Now Registered With SEC」を翻訳したものです。

グレイスケール:ビットコイン、イーサリアム、カルダノ、その他のアルトコインを対象とした機関投資家向けファンドがSECに登録されたと発表。

By Daily Hodl Staff July 12, 2021

デジタル資産管理大手のグレースケールは、米国証券取引委員会(SEC)との間で新たなマイルストーンを達成しました。

今回の申請で、グレースケールは、5月に最初に承認を求めた後、SEC報告会社として同社のラージ・キャップ・ファンド(Large Cap Fund:GDLC)を立ち上げるための承認を受けました。

ラージ・キャップ・ファンド(Large Cap Fund)には、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、チェーンリンク(LINK)、カルダノ(ADA)を含む6つのトップ暗号資産が含まれています。

グレースケールのデジタルアセットファンドがSEC報告対象となるのは、グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)、グレースケール・イーサリアム・トラスト(ETH)に続いて3番目となります。

グレースケール((Grayscale)社の法務担当副社長であるCraig Salm氏は、今回の動きにより、投資家はラージキャップ・ファンドの高い透明性と信頼性を得ることができると述べています。

これは投資家が望んでいることであり、投資家にふさわしいと信じていることであるため、当社は当社の商品をより高い基準で評価しています。大口ファンドが当社にとって3番目のSEC報告会社となったことや、フォーム10の追加提出などの出来事は、既存の規制枠組みの中で成長するデジタル通貨のエコシステムへのエクスポージャーを得ることに対する投資家の関心が継続していること、そして規制当局がこの資産クラスの市場参加者に引き続き関与していることを示しています。

と述べています。

今回の承認により、ラージ・キャップ・ファンドは、GBTCファンドおよびETEファンドとともに、四半期報告書(10-Q)および年次報告書(10-K)の提出を開始する必要があります。

また、当ファンドの第三者割当増資で株式を購入した適格投資家は、1933年米国証券法のルール144に基づき、必要な保有期間が12ヶ月から6ヶ月に短縮されます。

7月9日現在、ラージ・キャップ・ファンドは、BTC 67.49%、ETH 25.35%、ADA 4.30%、BCH 1.03%、LTC 0.96%、LINK 0.87%を保有しています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。