ニュース, ブログ, ...

カルダノ、ブラウザとモバイルの互換性を追加へ

今年はカルダノ(ADA)の年になるかもしれないとheraldsheetsが伝えています。また、これは、近日中に予定されている新しいアップグレードにより、JavaScriptでPlutusアプリのバックエンドを実行できるようになるためで、これはカルダノにとって確かに強気のニュースであると伝えています。

以下はheraldsheets.comに掲載された記事「Cardano Is All Set To Add Browser And Mobile Compatibility」を翻訳したものです。

カルダノ、ブラウザとモバイルの互換性を追加へ

By Nathan Ferguson 2021年7月30日

今年はカルダノ(ADA)の年になるかもしれません。正式にアロンゾ・ホワイトのステージに入っただけでなく(前作はアロンゾ・ブルー、次作はアロンゾ・パープルになる予定)、カルダノのネットワークは近いうちにモバイルとブラウザの両方に対応するようになります。これは、近日中に予定されている新しいアップグレードにより、JavaScriptでPlutusアプリのバックエンドを実行できるようになるためです。JavaScriptは、実際、現在ウェブ上で最も利用されているプログラミング言語であり、これはカルダノにとって確かに強気のニュースである。

チャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は簡単なアップデートを行っており、それによると、彼のプロジェクトでは、JavaScriptで実行されるアプリケーションのバックエンドを介して、モバイルデバイスとWebブラウザのサポートが追加されるはずだと述べています。これにより、注目されているスマートコントラクトのWebブラウザ対応が実現します。

大きなブレークスルー

カルダノのライバルであるイーサリアム(ETH)がロンドンでのハードフォークを控えている中、チャールズ・ホスキンソン氏は、取り残されないようにできる限りのことをしなければならないと考えています。今回のブラウザとモバイルの互換性確保は、ネットワーク全体の進歩に大きく貢献する「画期的なアップデート」であると述べています。これにより、スマートコントラクトの展開がさらに支援され、カルダノがBSC(Binance Smart Chain)やイーサリアム独自のネットワークなど、他の様々なネットワークと競争できるようになる可能性があるという。

さらに、カルダノのチームは、ミスリル(Mithril)プロトコルを追加しようとしています。このプロトコルは、カルダノの軽量クライアントを起動する目的で絶対に必要です。軽量クライアントは、ブロックチェーン全体をダウンロードする必要がなく、あらゆるデバイスで取引を正常に検証する能力をユーザーに提供することになる。

アロンゾ

来るべきアロンゾのハードフォークは、カルダノのこれまでの歩みの中で最大のイベントであると広く考えられており、ハードフォークがチャールズ・ホスキンソン氏のプロジェクトを「成功させるか、失敗させるか」を決める可能性を秘めている。今回のハードフォークは、Shelley期(プロジェクトが完全に分散化され、コミュニティメンバーがバリデーターになれるようになった時期)に続いて到来した、カルダノの「Goguen期」の一側面である。

前述のように、アロンゾ(Alonzo)は、アロンゾ・ブルー(Alonzo Blue)、アロンゾ・ホワイト(Alonzo White)、そしてアロンゾ・パープル(Alonzo Purple)の3つの段階を経て、徐々に展開されていきます。それぞれの段階では、機能性と拡張性が向上し、カルダノが一般の人々にとってより身近なものになります。完全な統合は、8月末までに行われる予定です。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。