ニュース, ブログ, ...

カルダノ創業者のチャールズ・ホスキンソン氏、「CEOや社長の必要性をなくしたい」と語る

以下はNewsbtc.comに掲載された記事「Cardano Founder Charles Hoskinson Says He Wants To Eliminate The Need For CEOs And Presidents」を翻訳したものです。

カルダノ創業者のチャールズ・ホスキンソン氏、「CEOや社長の必要性をなくしたい」と語る

By Best Owie 2021年9月15日

カルダノは最近、正しい理由でニュースになっている。このプロジェクトは日曜日にアロンゾ・ハードフォーク・コンビネーター:Alonzo Hard Fork Combinator (HFC)を成功させたばかりで、それに伴ってネットワークにスマートコントラクト機能が搭載されました。これにより、ネットワーク上に全く新しい分散型金融の世界を構築することが可能になりました。これは、創業者であるチャールズ・ホスキンソン氏の4年越しの夢でした。

創業者は、この記念すべき偉業を祝うためにTwitterに投稿し、カルダノの新時代と称しました。”明日は大事な日です! 私たちはカルダノの新しい時代に入ります”とツイートしました。ホスキンソン氏のツイートを受けて、コミュニティはホスキンソン氏とTwitterでやりとりをしました。ホスキンソン氏のツイートを受けて、コミュニティからは支持と質問の両方が寄せられました。

CEOや社長の必要性を取り除く

支援者からの楽観的すぎる返信に応えて、ホスキンソン氏は意外な事実を明らかにしました。そのツイートでは、創業者のカルダノのアップグレードを祝福する一方で、ホスキンソン氏を “未来のPOTUS 2032 “と呼んでいました。これに対してホスキンソン氏は、”自分は政治に興味がないので、大統領になりたいとは思わない”と答えました。さらに、自分のキャリアのポイントは、実は大統領やCEOの必要性をなくすことだったとも付け加えました。

ホスキンソン氏がどのようにして社長やCEOの必要性を完全になくすことを計画しているのかははっきりしていませんが、この発言はコミュニティバッカー(支援者)から好評を得ており、創設者を真のリーダーとして称える声が上がっています。

未来への準備が整ったカルダノ

カルダノネットワークでは、スマートコントラクトがついに現実のものとなりました。過去4年間、このプロジェクトに精力的に取り組んできた開発者たちは、ついにゴールにたどり着きました。チーム全体が1つのプロジェクトのゴールを祝うことで、別のプロジェクトの始まりを告げることになります。

スマートコントラクトが意図した通りに機能し、開発者がネットワーク上で分散型アプリケーション(DApps)を立ち上げる準備をしている今、カルダノのチームはさらに大きなプロジェクトに挑戦する準備をしているのだ。

現在の最優先事項は、ネットワーク上で新しい開発が行われている中で、プロジェクトのセキュリティを維持することです。これには、ユーザーが取引できるようなエコシステムの安全性を確保することも含まれます。また、開発者が構築しやすい環境を維持することも重要です。

また、カルダノは、現在までに78万トークン以上が鋳造され、19,000以上のポリシーを持つ強固なNFTエコシステムを誇っています。今回のHFCの開始により、カルダノは他の主要な分散型金融プラットフォームと真っ向勝負することになります。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。