ニュース, ブログ, ...

カルダノHydraスケーリングソリューション、テストネット立ち上げに近づく by Cryptoslate

Haskell開発者のMatthias Benkort氏は、自身のTwitter @_KtorZ_で、Hydraプロジェクトがテストネットの段階に近づきつつあり、着実に進展していると次のように投稿しました。

Hydra proof-of-conceptの着実な進展と新たなプレリリース:エンドツーエンドの #Cardano ノード統合(プライベートクラスタ上)、これは何か👌です。

次のステップでは、オンチェーンでの検証を行い、testnetへのギャップを縮めることに注力します
https://github.com/input-output-hk/hydra-poc/releases/tag/0.2.0

究極のレイヤ2スケーラビリティのためのカルダノのソリューションであるHydraは、カルダノソフトウェア・エンジニアのSebastian Nagel氏によるGitHubへの投稿での、Hydraの0.2.0バージョンへの更新最新の開発アップデートの報告により、当初の予想よりも打ち上げに近づいている可能性があります。

Cryptoslateは記事で、Hydraのリリースはカルダノにとってもう一つの大きなマイルストーンとなるだろうとし、ポジティブな世界的変化という目標に向けた新たな一歩となると伝えている。

また、Hydraについて、台帳そのものをシャーディングすることなく、プロセスをシャーディングできるという利点があり、さらにHydra Headを追加することで、リニアなスケーリングが可能になると説明。続けてHydraは、1ヘッドあたり1,000トランザクション/秒(TPS)とされており、1,000ヘッドのシステムでは1,000,000TPSの速度が得られる可能性があると伝えています。

以下はCryptoslateに掲載された記事「Cardano Hydra scaling solution edges closer to testnet launch」を翻訳したものです。

カルダノHydraスケーリングソリューション、テストネット立ち上げに近づく

By Samuel wan – 12月 17, 2021

Hydraの開発アップデートにより、当初の予想よりも打ち上げに近づいている可能性があることがわかりました。

カルダノソフトウェア・エンジニアのSebastian Nagel氏によるGitHubへの投稿は、Hydraの0.2.0バージョンへの更新を詳述したものでです。

Haskell開発者のMatthias Benkort氏は、自身のTwitter @_KtorZ_を通じて、プロジェクトがテストネットの段階に近づきつつあり、着実に進展していることを伝えた。

次のステップでは、オンチェーンの検証に焦点を当て、テストネットへのギャップを縮めます!

当初の予想では、Hydraのリリースは2022年後半とされています。しかし、Benkort氏の言葉からすると、予想よりも早い展開を期待してもいいのでしょうか?

Cardano Hydraとは?

すべてのパーミッションレス・ブロックチェーンは、提示された一つひとつの取引についてコンセンサスに達するという問題を克服しなければならない。

この問題は、実世界のタスクを処理するなど、スケールの大きなスループットを実現しようとする場合に問題となる。特に、ネットワーク料金、フラッディング攻撃(DDoS)からの保護、ストレージをどうするかなどを考慮すると、なおさらです。

IOHKは、これらの要素を考慮し、これらの課題を解決する究極のソリューションとしてHydraを設計したという。

Hydraは、これらの懸念事項をすべて解決しようとするレイヤー2のスケーラビリティ・ソリューションで、スループットの最大化、レイテンシーの最小化、低〜ゼロコストの発生、ストレージ要件の大幅削減を目指しています。

これは、 isomorphic state channels :アイソモーピック・スケーリングと呼ばれるプロセスによって達成されるもので、一部のユーザーにはメインチェーンから離れた場所(オフチェーン)でトランザクションを処理し、メインチェーンを安全な決済層として確保することで機能するものである。

さらに深く掘り下げると、Hydraは同型のステートチャンネルという概念を用いています。これは同じ元帳表現を再利用し、”Heads “と呼ばれるオフチェーン元帳の兄弟姉妹を均一化するものです。

したがって、ネイティブアセット、ノンファンジブルトークン(NFT)、Plutusスクリプトは、すべてのHydra Headの内部で利用可能です。同型性により、“bolt-on”ソリューションではなく、システムを自然に拡張することができます。

これは、プロセスが異なるパーティションの台帳に分割されるシャーディングと類似しています。しかしHydraは、台帳そのものをシャーディングすることなく、プロセスをシャーディングできるという利点があります。

さらにHydra Headを追加することで、リニアなスケーリングが可能になります。そして、1ヘッドあたり1,000トランザクション/秒(TPS)とされており、1,000ヘッドのシステムでは1,000,000TPSの速度が得られる可能性があるのです。

Hydraの進捗は?

9月の時点で、Nagelはリリース時期を6ヶ月から12ヶ月の間と見積もっていた。これは、研究と実験に加え、コミュニティからのフィードバック次第だという。そのため、多くの人がHydraのロールアウトは2022年後半になると予想していた。

しかし、最近のGitHubの更新、さらにBenkort氏の進捗状況やテストネットの段階に近づいているという楽観的なツイートを見ると、Hydraは予定より早くなる可能性があるのだろうか。

別のプレリリースで #Hydra proof-of-concept を着実に進行中:エンドツーエンドの #Cardano ノード統合(プライベートクラスタ上)、これは何か👌です。

Benkort氏は、テストネットがいつ開始されるかの時間軸を示さず、またテストネットがどれくらいの期間実行されるかも不明である。

しかし、いずれにせよ、Hydraのリリースはカルダノにとってもう一つの大きなマイルストーンとなるだろう。そして、ポジティブな世界的変化という目標に向けた新たな一歩となる。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。