ニュース, ブログ, ...

IOG、新しいパーミッションレスEthereum Virtual Machine (EVM)サイドチェーンアルファをTestnetでローンチ

カルダノを開発するIOGは、パーミッションレスのEthereum Virtual Machine (EVM)サイドチェーンアルファをテストネット上で立ち上げたと発表しました。

これによりSolidityベースのアプリケーションを、分散型、パーミッションレス、持続可能なブロックチェーンであるカルダノ上に構築が可能となり、カルダノとイーサリアムで相互運用可能となります。

これをTimestabloidが伝えています。

以下はTimestabloid.comに掲載された記事「Cardano: IOG Launches Its New Permissionless Ethereum Virtual Machine (EVM) Sidechain Alpha on Testnet」を翻訳したものです。

カルダノ:IOG、パーミッションレスのEthereum Virtual Machine(EVM)サイドチェーンアルファをTestnetで提供開始 by Timestabloid

by Tobi Loba 2022年6月12日

カルダノエコシステムの開発を支えるソフトウェア会社Input Output Global (IOG)は、最近、許可なしのEthereum Virtual Machine (EVM)サイドチェーンアルファをテストネット上で立ち上げたと発表しました。

この新しい開発は、IOGの公式Twitterハンドルを通じて数時間前に発表されました。

IOGは「Ethereum Virtual Machine(EVM)サイドチェインアルファをリリースします!」とツイートしています。(現在testnetで公開中。)

Solidityベースのアプリケーションを、分散型、パーミッションレス、持続可能なブロックチェーンであるカルダノ上に構築してください。未来は相互運用可能です。

IOGが2022年4月28日に「Interoperability is key to blockchain growth」と題するブログ記事を公開し、その中で約5つのカルダノ・サイドチェーンが取り上げられたことが思い出されます。

このブログ記事では、新たにリリースされたパーミッションレスのEthereum Virtual Machine(EVM)サイドチェーンのアルファ版について、その一部を次のように紹介しています。

“IOGは今年、新しいパーミッションレスEVMサイドチェーンをリリースすることを計画しています。このサイドチェーンにより、開発者はCardano上でSolidityスマートコントラクトを書き、EVM互換DAppsやERC20互換トークン(やがて独自のサイドチェーンも)を作成しながら、カルダノの多くの利点を得ることができるようになるだろう。つまり、ユーザーは、より環境的に持続可能なブロックチェーン上で、はるかに低い手数料と高速な決済時間の恩恵を受けることになります。

EVMサイドチェーンの主な特徴は、Ethereumのアップグレードやツールとの完全な互換性、Web3ウォレットの互換性、プルーフオブステークのOuroboros Byzantine Fault Toleranceコンセンサスプロトコルの使用、そしてもちろん、カルダノメインチェーンからセキュリティを継承する機能です。

と述べています。

また、6月11日にIOGは、Solidityの開発者が 「EVMサイドチェーンのアルファリリースへのアクセスを申請する 」方法を説明するツイートを共有し、ビデオに次のようにキャプションを付けました。

私たちは、複数のブロックチェーンで構築された相互運用可能な未来を信じています。だからこそ、私たちはEthereum Virtual Machine(EVM)サイドチェーンアルファをリリースするのです!

私たちは、ユーザー&デベロッパーのイーサリアムコミュニティが、カルダノが提供する最高のものに自由に関わることを歓迎します。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。