ニュース, ブログ, ...

カルダノの創業団体Emurgoがエコシステム強化のため2億ドル超を投資へ

Cardano開発ラボのEmurgoは、今後3年間のエコシステムの成長をサポートするために2億ドル以上を投資すると、創設者の児玉 健氏が木曜日に開催中のToken 2049会議の傍らでCoinDeskに語りました。

これについてCoinDeskが伝えています。

以下はCoindesk.comに掲載された記事「Cardano’s Founding Entity Emurgo to Invest Over $200M to Boost Ecosystem」を翻訳したものです。

カルダノの創業団体Emurgoがエコシステム強化のため2億ドル超を投資へ by Coindesk.com

by Shaurya Malwa 更新2022年9月29日

資金は3年かけてプロジェクトに投資される予定。

シンガポール – カルダノ開発ラボのEmurgoは、今後3年間のエコシステムの成長をサポートするために2億ドル以上を投資すると、創設者の児玉 健氏が木曜日に開催中のToken 2049会議の傍らでCoinDeskに語りました。

Emurgoはカルダノプロトコルの創設団体であり、ネットワークの成長をサポートすることを目的とした製品、サービス、アプリケーションを開発しています。

Emurgoの自己資本であるこの資金は、カルダノの上に直接構築するプロジェクトと、カルダノのネットワークを自分のネットワークと一緒に統合する製品を構築する他のネットワークのプロジェクトに提供される。

児玉氏は、Emurgoのアフリカ投資イニシアチブのもと、1億ドルがアフリカへの投資に充てられると述べました。彼は、この地域の主要な成長ドライバーは、投機的な目的とは対照的に、日常生活のために意味される暗号サービスの貸し借りの使用であると説明しました。

児玉氏は、カルダノ・ネットワークの成長は、他のネットワークと比較して比較的遅かったことを認めました。しかし、カルダノは今後数年間、ネットワークを安全に拡大・成長させるために必要なインフラの準備が整っていると付け加えました。

今月初め、カルダノの待望のVasilハードフォークが稼動しました。このフォークにより、中央管理者のいないブロックチェーンシステム上で動作するスマートコントラクトや分散型アプリケーション(dapps)をネットワーク上で利用できるようになります。

ブロックチェーンネットワークのNearとAvalancheは、それぞれのネットワークの成長と発展を支援するために、独自のエコシステム・ファンドを立ち上げました。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。