エポックな日々, ニュース, ...

迫るカルダノ最大のビッグイベント『カルダノサミット2022』、もう一つの重要なイベント『IO ScotFest』:ニュース動向 & ステーキング状況 in エポック373

迫るカルダノ最大のビッグイベント『カルダノサミット2022』、もう一つの重要なイベント『IO ScotFest』

いよいよ開催迫る重要かつカルダノ最大である二つのビッグイベント

2022年もいよいよ残り2ヶ月を切りました。今年のカルダノは史上最大のハードフォークの一つであるVasilアップグレードを完成させ、Basho時代のスケーリングソリューションを大きく前進させました。そして引き続きBasho v2.0であるHydra、Mithril、Plutus、Input endorsers等今後2023年を通して続くBasho時代と並行して、ロードマップの最後のVoltaire時代によるガバナンスの取り組みが本格始動しようとしています。

そんな中、今月11月18日から21日まで開催される重要かつカルダノ最大のイベントである『IO ScotFest』と『カルダノサミット2022』の開催が迫っています。今回はこの二つのイベントについて最新情報をお届けします。

カルダノサミット2022

まずは昨年に引き続き開催されるカルダノ最大のイベントでカルダノ財団主催の『カルダノサミット2022』の方からお伝えします。

2021年では米国ワイオミング州のララミーで開催されたカルダノサミットの成功に続き、カルダノ財団主催による『カルダノサミット2022』はスイスのローザンヌからライブストリーミングによる生中継で配信されます。

ちなみに、メタバースをイメージして開催されたカルダノサミット2021は、参加者は印象的な瞑想を誘うような音楽と広大な仮想空間を自由に飛び回り、多くのブロックチェーンの新しい世界を定義する情報の海を気持ちよさそうに漂っていました。

カルダノサミット2021の模様は下記の記事をご参照ください。

カルダノサミット2022開催の主な流れ

残り二週間を切ったこのバーチャルイベントはこれまで以上に質の高いコンテンツ、洞察、コミュニティへの参加、そして多くの代表者を迎えての開催となり、次のような流れとなります。

カルダノサミット2022は、11月19日(土)~21日(月)(*スイス時間は日本時間から8時間遅れとななります。)の3日間にわたって開催され、11月19日(土)にスイスのローザンヌのオリンピック博物館で開催されるウェルカムイブニングでキックオフされます。

オープンソース、プルーフオブステーク、ブロックチェーンと銀行、ステーブルコイン、デジタルアイデンティティ、メタバースなど、様々なトピックについて業界のエキスパートがプレゼンを行う予定とのことです。

ステージで発表する業界のリーダーたち

ステージで発表する業界のリーダーの一部は下記の通りです。

  • フレッド・グレガード(Fred Gregaard)氏:カルダノ財団CEO
  • チャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏:IOG CEO
  • 吉田洋介(Yosuke Yoshida)氏:EMURGO MEA 共同CEO
  • シャハフ・バー・ゲフェン(Shahaf Bar-Geffen)氏:COTI社CEO
  • パイ(π)・ラニンガム(Pi (π) Lanningham)氏:SundaeSwap社CTO
  • レナ氏とイッシー氏(Lenna and Issy):Clay Nation共同創業者
  • マッシモ・モリーニ(Massimo Morini):Algorand Foundationチーフエコノミスト
カルダノサミット2022イベントスケジュール

主な日程は下記の通りです。

11月19日
WELCOME EVENING:メインステージとなるOlympic Museumでは、「WELCOME EVNING」が開催されます。ゲストが集まり、楽しみ、仲間の参加者と出会い、他の参加者と再びつながるチャンスを提供します。

11月20日
DAY 1 – BUILDING CARDANO:1日目は、SwissTech Convention Centerで、カルダノを構築している人たちによるプレゼンテーションとアップデートが行われます。ワークショップ、パネルディスカッション、キーノートスピーカーなど、カルダノを構築している人たちの話を聞くことができます。夕方には、第1回カルダノサミットアワードの授賞式が開催されます。

11月21日
DAY 2 – BUILDING ON CARDANO:2日目は、サミットのメインステージ(オリンピックミュージアム)から生中継される、カルダノを使ったコミュニティ・プロジェクトのショーケースです。ワークショップ、プレゼンテーション、パネル、そして楽しいサプライズが用意されています。スピーカーはカルダノ・コミュニティによる投票で選ばれており、受賞したスピーカーの詳細はこちらで見ることができます。

昨年の最後のスピーカーは我らがチャールズ・ホスキンソン氏による名演説が行われましたが、今年はどんな発表がなされるのか、もしかしたら昨年のように”One More Thing(もう一つ)”と最後に素晴らしい情報が発表されましたが、今年はどんな仕掛けがあるのでしょう。大変楽しみなところです。

2021年のサミットでのチャールズ・ホスキンソン氏による名演説

カルダノサミット2022の最後を飾るのは、D!Clubでの記憶に残るイブニングパーティーが開催される予定です。

カルダノサミット2022を楽しむための参加方法

カルダノサミット2022では下記の三つの参加方法が用意されています。

MAIN STAGE:スイスのローザンヌのSwissTech Conventionで開催されるメインステージでは、3000人の情熱的な貢献者とコミュニティメンバーがドレスアップして集まり、受賞者の発表を記念し、カルダノの功績を称えるイベントが開催されます。メインステージでは、ネットワーキング、スピーカーセッション、ワークショップなど、様々なイベントが開催される予定です。

登録するには、参加したい日とイベントを選択し、こちらのリンクからフォームに詳細を入力してください。*場所はスイスのローザンヌになりますのでご注意ください。

VIRTUAL ATTENDANCE:ローザンヌに行かずとも、イベントに参加が可能です。カルダノサミット2022の一環として、カルダノのインタラクティブなバーチャルプラットフォーム『サミットロッジ』を利用可能になる予定で、参加者が交流できるような環境が提供されます。バーチャルな世界でサミットを体験し、楽しいサプライズが待っています。是非バーチャルな世界でサミットを体験してください。*カルダノサミット2021の模様はこちらをご覧ください。

オンラインイベントへの参加登録は、こちらのリンクからできます。イベント開催日近くにアクセスリンクが送られてくる予定です。

2021年のバーチャルイベントの模様

COMMUNITY-LED EVENTS:ローザンヌのメインステージに行けない方は、世界50カ所以上で開催されるコミュニティ主導のイベントにご参加できます。近くのイベントに参加して、サミットの一員になりましょう。お近くのコミュニティ主導イベントへの参加方法はこちらのリンクとなります。

ちなみに下記のCardano Dailyによるインフォグラフィックは、カルダノのエコシステムの最も重要なイベントである「カルダノサミット2022」の開催地を世界中から集めたものです。

中国とロシアなどの共産圏以外の地域でコミュニティが育っているのがわかりますね。

また、東京では「カルダノサミット2022前夜祭[オンライン]が開催されます。

16時〜17時59分:
サミット楽しみ方、目玉など解説 日本プロジェクト各々の報告と来年のスケジュールなど
18時〜21時59分:
サミットの動画を流しながら歓談

日本で開催される東京ステージはこちらのリンクから参加可能です。

カルダノサミット2022の公式NFTが登場

3Dの地図作成を手がけるTurf NFTとWeb3とNFTのインフラを構築し世界最大級のNFT造幣プラットフォームを目指すNMKRの協力のもと、サミット参加者限定でNFTがプレゼントされるようです。

メインステージ、コミュニティイベント、バーチャルイベントなど、各イベント会場ごとにユニークなNFTが用意されており、もしかしたらサプライズもあるかもしれないとのこと。イベントに参加して、ぜひゲットしてください。

もう一つの重要なイベント『IO ScotFest:the age of Voltaire 』が開催

カルダノの開発会社でありチャールズ・ホスキンソン氏が率いるIOGは、2日間のバーチャルイベントで、これまでの成果を紹介しこれからの展望を祝うための『IO ScotFest:the age of Voltaire 』を開催します。

このIOG主催の『IO ScotFest』は、『カルダノサミット2022』につながるもので、新しいエコシステムの広がりとVoltaireの時代の幕開けを祝うために、Input Outputチームは11月18日から19日にかけてスコットランドのエディンバラでこのイベントを開催するものです。ヨーロッパにおける啓蒙時代の中心地であったエジンバラは、IOGの記念行事にふさわしい場所と言えるでしょう。

アジェンダの内容は?

2日間にわたり、プロジェクトの最新情報や新しい発表など、20以上の基調講演やプレゼンテーションが公式チャンネルでコミュニティにライブ配信され、視聴や参加することができるとのことです。

これまでに達成されたことを紹介し、将来に向けて構築されるものを祝い、紹介するとしています。

  • 研究:カルダノとブロックチェーン業界を前進させる新しいイニシアチブとコラボレーションを発表します。
  • ガバナンス:非中央集権的でコミュニティ優先のエコシステムの継続的な成長をどのようにサポートするか。
  • 分散化とスケーラビリティ:未来に適したブロックチェーンを構築します。
  • リアルファイと採用:実際のユースケースを推進、サポートし、新しいユーザーを取り込む。
  • エコシステム:エキサイティングなプロジェクト#BuildingOnCardanoの一部を紹介します。

キックオフスピーカーには、IOGのチーフサイエンティストであるアゲロス・キアイアス氏が登場します。エディンバラ大学の教授であり、エディンバラ王立協会のフェローでもあるキアイアス教授は、ウロボロスを生み出したチームを率い、世界中にいるIOGの学術研究者を指導しています。この研究により、2017年にカルダノがプルーフ・オブ・ステーク型ブロックチェーンのリーダー的存在となりました。また、エジンバラ大学とエジンバラ王立協会は、啓蒙主義において重要な機関であり、アゲロス・キアイアス氏は、『IO ScotFest』のキックオフにふさわしい人物でしょう。

特別基調講演では、IOGの最高責任者であるチャールズ・ホスキンソン氏が、Voltaireへの道のり、ガバナンス、そしてカルダノの未来について語ります。また、IOGがCardanoのコア技術スタックに貢献していることについて、スケーラビリティソリューションのMithrilやHydra、インプット・エンドーサーなどのトピックを取り上げながら、最新情報をお伝えします。また、帰郷のような形で、Cardanoのスマートコントラクトスクリプト言語であるPlutusのアップデートも行われます;この言語は2018年12月のPlutusFestで市内にて発表されました。

11月18日(金)の夜には、Input Outputチームがエジンバラで『カルダノサミット2022』の週末を始めるにあたり、カルダノ・コミュニティ限定のミートアップを開催する予定です。

このイベントは、IOGの公式チャンネルでコミュニティにライブ配信され、最後まで視聴可能とのこと。興味がある方はこちらのYouTubeチャンネルに登録してください。メインイベントはデジタル版のみです。

詳しくは下記のIOGブログをご覧ください。

IO ScotFestでの発表に注目が集まる「何か特別なもの」とは?

カルダノ創設者のチャールズ・ホスキンソン氏は、10月下旬に「何か特別なもの」が11月に来ることをツィートしていましたが、11月に提供すると約束した発表について問い合わせたツイッターユーザーに返答しており、それについては”エジンバラのイベントで発表する “というものでした。

これについてU.TODAYが詳しく伝えており、チャールズ・ホスキンソン氏は、11月に提供すると約束した発表について問い合わせたツイッターユーザーに返答したことなど伝えています。その中で、そのニュースを聞くことを熱望するユーザーに対する彼の返答は、”エジンバラのイベントで発表する “というものでした。

さらに別のユーザーは、カルダノのIOHKとCOTIネットワークが開発中のアルゴリズムステーブルコイン「Djed」のことかと問い合わせたが、カルダノ創設者は否定的な回答をした。2018年から4年間、このプロジェクトに取り組んできたと主張したと伝えています。

一緒に新しい暗号の未来を見つけ開拓しよう!

あと2週間を切った『IO ScotFest』と『カルダノサミット2022』二つのビッグイベントでは、「何か特別なもの」をはじめ、これまでのカルダノ取り組みと暗号の未来への展望などが発表される予定です。また成長を続けるカルダノ・エコシステム、それを支える世界のコミュニティの力がイベントに結集され、新しい何がが生まれるエポックメィキングな出来事となるでしょう。

ぜひこのイベントをそれぞれの楽しみ方で一緒に参加し情報や情熱を共有し、一緒に新しい暗号の未来を見つけ、開拓していきましょう!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、SIPO、SIPO2、SIPO3への委任をどうぞよろしくお願いいたします10ADA以上の少量からでもステーキングが可能です。
ステーキングについて知りたい方は、下記の記事をご参考ください。

ステーキング(委任)とは?
カルダノ分散型台帳システムによるステーキングの魅力とその方法:2021版
Q&A:カルダノ、ステーキングに関する基本的な説明集
ダイダロスマニュアル
ヨロイウォレット Chromeブラウザ機能拡張版マニュアル

ニュース動向 in エポック373

11月5日はカルダノ創設者のチャールズ・ホスキンソンさん35歳の誕生日

カルダノ創設者のチャールズ・ホスキンソンさん、誕生日(11月5日)おめでとうございます!まだ35歳と若く、カルダノ共々これからの未来がますます楽しみですね!

カルダノ、10月の力強いオンチェーン成長率を報告、ゴーストチェーン神話を打ち砕く

カルダノ財団がツィートで力強い10月のオンチェーン統計の成長率を報告し、ゴーストチェーン神話を打ち砕いています。

トランザクション数は5330万件に達し、8月から4.18%増加しました。同時に、全体のウォレット数は1.06%増の363万、委任ウォレット数は0.35%増の122万と僅かに増加しています。したがって、現時点では、363万個のADAウォレットのうち、122万個がステーキングに関与しており、これはかなり強力です。取引種類の27%がスマートコントラクトで行われ、10月の2%増を表しています。スマートコントラクトを使用しない取引は全体の7.3%でした。

チャールズ・ホスキンソン氏、「Web Summit」で講演

カルダノの創設者、チャールズ・ホスキンソンさんが、現地時間11月3日にリスボンで開催される世界最大のテックカンファレンス「Web Summit」で、「Is Crypto Dead?」というテーマで講演し、変化し続けるこの業界の次の展開を語ります。

カルダノ(ADA)コミュニティはADA事前採掘供給について心配する必要はない

Cardano(ADA)のエコシステムでステーキングプールを運営する公式アンバサダーのCardaniansは、「プレマイニング」されたADAコインは中央集権の道具ともカルダノ(ADA)の持続可能性に対する脅威とも解釈されるべきではないことを詳細に説明する記事Myth busting: Pre-mined ADA is a big issue for Cardano」を発表しました。

この記事は、もしプロジェクトが事前に採掘された(プレマイニング)コインを持つなら、それは詐欺に違いないという神話を打ち砕くもので、ビットコインのPoWコンセンサスとカルダノのPoSコンセンサスを比較しながら、カルダノが「プレマイニング:採掘前」の議論だけで詐欺なのかどうかを検証してします。

この記事を読めばカルダノ(ADA)コミュニティはADA事前採掘供給について心配する必要はないことがわかります。

取引量によるCardanoエコシステムの『トップNFTコレクション』
『Spectrum Finance』が、Cardano Cubeプラットフォームにリストアップ

Spectrum Networkと呼ばれるマルチチェーンネットワークの上に構築している、オープンソースのクロスチェーンDEXである『Spectrum Finance』が、Cardano Cubeプラットフォームにリストアップされました。

IOGが元インタートラスト社の暗号技術者であるVanishree Rao博士を、応用暗号の責任者としてチームに加え入れる

カルダノ開発会社で研究開発企業のIOGは、元インタートラスト社の暗号技術者であるVanishree Rao博士を、応用暗号の責任者としてチームに加えました。

IOGブログ:SECPとは何か?、カルダノのクロスチェーン開発を促進する方法

安全なクロスチェーンDApp開発を可能にする新しい暗号プリミティブがCardanoに登場しました。

このブログ記事では、SECPとは何か?、そしてそれがどのようにCardano上のクロスチェーン開発を促進するかについて解説しています。

カルダノ(ADA)「プレマイニングされたコインを使うプロジェクトは詐欺」神話を打ち砕く~
カルダノ創業者が2018年から開発中のプロジェクト、近日中に発表予定

カルダノ創設者のチャールズ・ホスキンソン氏は、10月下旬に「何か特別なもの」が11月に来ることをツィートしていましたが、11月に提供すると約束した発表について問い合わせたツイッターユーザーに返答しています。そのニュースを聞くことを熱望するユーザーに対する彼の返答は、”エジンバラのイベントで発表する “というものでした。

Ledgerはカルダノ ・アプリv5.0.0「Babbage」のDLが可能に

ハードウェアウォレットを提供するLedgerは、Ledger Liveでカルダノ ・アプリv5.0.0「Babbage」のDLが可能になりました。この実験的なアプリは、通常のv4アプリと一緒にインストールすることで、Plutusスマートコントラクト取引を行うことが可能となります。

IOGブログ:IO ScotFestのお知らせ – Voltaireの時代

IOGは2日間のバーチャルイベントで、これまでの成果を紹介し、これからの展望を祝う”IO ScotFest; the age of Voltaire “を開催することを発表しました。

IO ScotFestイベントは、2日間にわたり、20以上の基調講演やプレゼンテーション、新しい発表やプロジェクトの最新情報を聞くことができます。 これまでに達成されたことを紹介し、将来に向けて構築されるものを祝います。

カルダノ週間開発レポート:2022年11月4日

ハイライト
UTXO HD、formal ledgerプロパティ、
Genesisの設計で前進
Daedalus新バージョン、UIとコードベースを改良
Marlowe Runの機能テスト
Hydrav .0.8.0をリリース
Project Catalystクールダウン、改善の機会を熟考

現時点での統計
開始されたプロジェクト:104
開発中のプロジェクト:1130
ネィティブトークン:6.6m
トークンポリシー:64360
Plutusクリプト:3575
トランザクション:53.6m

カルダノビッグイベント『Cardano Summit 2022』の東京前夜祭[オンライン]が開催

16時〜17時59分:
サミット楽しみ方、目玉など解説 日本プロジェクト各々の報告と来年のスケジュールなど

18時〜21時59分:
サミットの動画を流しながら歓談

登録はこちら

カルダノ(ADA)11月18~19日に注目!Voltaire時代を祝うエジンバラのイベントで大きな発表が…?!
カルダノはイーサリアムの3倍の数で開発活動をリード

カルダノは、過去1週間のGitHub開発アクティビティが最も高いアセットリストのトップで、アクティビティ数はイーサリアムの3倍以上となりました。

ビットコインにスマートコントラクトを導入する方法を知りたいのであれば、拡張されたCardanoに注目すべき

”もしあなたがビットコイン最大化主義者で、ビットコインにスマートコントラクトを導入する方法を知りたいのであれば、拡張されたカルダノに注目すべきです。

UTXOとPlutusの拡張モデルが最適で、安全な方法でそれを実現できる唯一の道だからです。”

動画『Birthday Musings 』より
ルダノ創設者のチャールズ・ホスキンソンさん、11月5日35歳の誕生日
カルダノ創業者、引退しないことを表明

カルダノ創業者のチャールズ・ホスキンソン氏は、自身の動画『Birthday Musings』で彼が今すぐ引退するにはあまりにも多くの問題があると述べています。

またビットコイン最大化主義が暗号通貨業界の成長をはるかに難しくしていると主張して、次のように述べています。

もしあなたがビットコイン最大化主義者で、ビットコインにスマートコントラクトを導入する方法を知りたいのであれば、拡張された カルダノに注目すべきです。UTXOとPlutusの拡張モデルが最適で、安全な方法でそれを実現できる唯一の道だからです。

ステーキング状況 in エポック373

エポック374開始時点ステーキング動向
SIPO、SIPO2、SIPO3エポック373ステーキング報告
SIPOエポック373ステーキング報告
SIPO2エポック373ステーキング報告
SIPO3エポック373ステーキング報告

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。