ニュース, ブログ, ...

カルダノはアフリカ53カ国のために変化をもたらす使命がある

itsblockchain.com掲載された記事「カルダノはアフリカ53カ国のために変化をもたらす使命がある」では、カルダノはアフリカ53カ国にどのような変化をもたらすのか?について述べており、カルダノがアフリカで成功すれば、ユーザー数は数百万人単位ではなく、数十億人単位になると予測しています。

以下はitsblockchain.comに掲載された記事「Cardano is on a mission to make a difference for 53 African Nations」を翻訳したものです。

カルダノはアフリカ53カ国のために変化をもたらす使命がある

by Karthik Guttha 2021年5月21日

カルダノはアフリカに変化をもたらす使命がある

カルダノ(ADA)の価格は、1カ月足らずで0.9ドルから2.46ドルに高騰した。この記事を書いている時点では、トークン価格は1.72ドルとなっていますが、これは主に2日前に起きたクラッシュの影響です。人々のカルダノ技術への信頼は非常に高まっており、ADAの生みの親であるチャールズ・ホスキンソン氏がブロックチェーンネットワークのエコシステム全体を変えてくれると信じているのです。

人々がこれまで以上にADAトークンを蓄積している第一の理由は、ADAが多くの発展途上国にもたらしている変化を目に見える形で確認しているからです。チャールズ・ホスキンソンは、PANアフリカのブロックチェーン実装が、暗号通貨とその基盤技術を取り巻く多くの国の視点を変えると強く信じています。アフリカ大陸では現在、何百万人もの人々がカルダノで構築されたアプリケーションを使用して、日常的な目的で取引を行っています。 アフリカ諸国で直面する問題を明確に説明したツイッターのツイートを紹介します。

アフリカの人々が他の近代的な発展途上国よりも早く新しい技術を採用するのは、このためです。では、ADAが将来的に10倍、20倍のリターンをもたらすということでしょうか?不確実性が高いため、現状では答えられません。

正しい質問は、「ミッション・アフリカ」はブロックチェーンを主流にするのか?

これは望み薄かもしれませんが、可能性はあります。ADAがどのように世界を変えることができるのか、深く掘り下げて考えてみましょう。

なぜアフリカだけを選ぶのか?

それは簡単で、もしカルダノのようなブロックチェーンのエコシステムがアフリカの人々が直面している課題を解決できるのであれば、すべての先進国や発展途上国で簡単に採用することができます。暗号通貨の大量導入はかつては夢物語でしたが、カルダノブロックチェーンアプリケーションを使えば、それが現実になる可能性が高いのです。

ここでは、アフリカの金融システムがどうなっているかを述べることができる主要な問題があります。

人口の大部分がアンダーバンク状態

アフリカのデジタル利用に関する最近の調査では、アフリカの人口の57%が銀行口座につながっていないことがわかりました。Arcane Research社のレポートに掲載されている以下の図をご覧になれば、他の国と比べて金融状況がいかに異なるかがおわかりいただけると思います。

これが何を意味するかわかりますか?国民の約半数がデジタルチャネルでの取引に依存しているということです。

しかし、これらの金融チャネルの問題点は、国内の誰もがアクセスできるわけではないということです。だからこそ、カルダノやビットコインのような暗号資産が、こうした課題の解決策になる可能性があるのです。

高コストと低スピードの取引

アフリカの現地の送金サービスは水準に達しておらず、ある口座から別の口座にお金を移動させるという基本的な基盤が欠けています。送金額が200ドルを超えると、1回の送金につき9%近い手数料がかかります。中央組織があっても、モバイルマネーサービスでは常に問題に直面しています。その第一の理由は、スマートフォンの普及率が低いことです。下の写真を見ると、アフリカと他のグローバル企業との差がいかに大きいかがわかります。

アフリカでは、人口の50%以上がモバイルインターネットに接続されていないため、デジタルデバイドが存在すると言っても過言ではありません。というのも、たとえ暗号化ウォレットが一般大衆に普及したとしても、アクセスするためには適切なデジタル接続が必要だからです。現在のアフリカでは、そのような状況はありません。

インフレ率の高さと金融不安

インフレに負けた場合、一般大衆は富を生み出すことができるでしょうか?いや、現在のアフリカの経済状況では、そうなる可能性はほとんどありません。下の画像で世界平均と比較したアフリカのインフレ率を見れば、米ドルに対するZAR通貨の価値が50%以上も下落したことが理解できるでしょう。

政府機関がサービスや需要に追いつけないのであれば、庶民が何年もかけて貯めてきた金額でどうやって富を生み出すのでしょうか?これこそが、グローバルなシナリオでインフレに対抗できるブロックチェーン技術を実験的に導入するのに、アフリカが最適な理由なのです。

また、多くの人が見落としている問題として、政治的な不安定さがあります。世界銀行が行ったレポートからは、登録された内戦の数が継続的に増加傾向にあることがわかります。これは、一般市民を脆弱にするだけでなく、金融インフラを崩壊させ、強制的な移住を引き起こします。

カルダノはアフリカ53カ国にどのような変化をもたらすのか?

カルダノは、スケーラビリティ、相互運用性、持続可能性に関する問題に取り組むことに成功した第3世代の暗号通貨であると主張しています。このようなネットワークを大陸全体に展開するのは早すぎると思われるかもしれませんが、それはカルダノのブロックチェーンシステムが他の暗号通貨よりも効率的だからです。それは、ブロックリーダーとして割り当てられるまで、個人がブロックをマイニングすることはない。カルダノを使ってブロックチェーンを実装するもう一つの大きな利点は、スケーラビリティの問題を解決することです。

これは、P2Pネットワークを相互作用可能な複数のサブネットワークに分割するRINA技術を用いて実現しています。このネットワークアーキテクチャは、スケーラビリティに対応しているだけでなく、ユーザーのセキュリティも高めています。以上が、カルダノがどのように変化しているかの技術的な側面です。

普通に考えれば、カルダノがアフリカのすべての国をカバーするようになれば、どれほど大きなものになるかがわかるだろう。カルダノの夢について聞かれたチャールズ・ホスキンソンは、世界のすべての人にアイデンティティを提供することを強調した。チャールズは、誰もが同じように市場に参入する機会を与えられ、それを最大限に活用する価値があると考えている。

カルダノがアフリカで成功すれば、その可能性は無限に広がります。ユーザー数は数百万人単位ではなく、数十億人単位になるでしょう。この5年間、ナイジェリア、ルワンダ、ウガンダ、南アフリカなど、アフリカのさまざまな国を開拓してきたカルダノのチームは、このプロジェクトに最大限の力を注いできたことを証明している。

この5年間の活動により、カルダノシステムは成熟し、アタラプリズムのような新しい技術を構築して、デジタルアイデンティティやDIDを与えることができるようになりました。エチオピアの500万人の学生が、このDIDを使って成績を記録しています。これはユニークな個人に与えられたIDであるにもかかわらず、カルダノのエコシステムの多くの人々は、仕事を見つけたり、財産の支払いをしたり、投票を行ったり、持続可能なインフラを構築するために実装できると考えています。

これは、誰も予想していなかったことの始まりかもしれません。チェーンのユーザーは1億700万人まで増える可能性があり、エチオピアの人々は、米国やその他の強力な経済圏との最初のグローバリゼーションの一部となることができます。

最終的な感想

カルダノは、最も賢い人々によって世界に与えられた特別な資産であり、現在のところ、重要な問題である高価なガス料金とスケーラビリティを解決することを目指しています。カルダノ・アフリカが政府の支援を受けて実装されていることは、この暗号通貨がどれほど基本的に強く、また近い将来そうなるかについて多くのことを物語っています。メアリーのアップグレードが本物であることが判明すれば、価値は大きく上昇し、もはや投機的な資産として扱うことはできません。しかし、常に知っておくべきことは、最高の技術がレースに勝つことはなく、マスユーザーに提供するための優れた戦略を持つものが常にそのビジョンを達成するということです。現時点では、カルダノはその配信モードに入っているので、現実の環境になったときにどのようなパフォーマンスを見せるかを見守る必要があります。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。