ニュース, ブログ, ...

次の3年でカルダノはどうなっているか

カルダノ財団(Cardano foundation)のCEOであるフレデリック・グレガード(Frederik Gregaard)氏は、コミュニティに短期的な目標を提示し、2021年から2022年の目標を明示し発表した内容をambcryptoが伝えています。

以下はambcrypto.comに掲載された記事「Where will Cardano be in the next 3 years」を翻訳したものです。

次の3年でカルダノはどうなっているか

By Namrata Shukla July 7, 2021

カルダノ・エコシステムは、スマートコントラクトなどの機能を追加してプロジェクトをより分散化させるための移行段階にあります。来月予定されているアロンゾ(Alonzo)のアップグレードに向けてブロックチェーンが動いている中、カルダノ財団(Cardano foundation)のCEOであるフレデリック・グレガード(Frederik Gregaard)氏は、コミュニティに短期的な目標を提示し、2021年から2022年の目標を明示しました。

ゲットセット、カルダノ

グレガード氏は、短期目標のリストの最初に、カルダノ・レジストリ(Cardano Registry)について語りました。これは、カルダノネイティブトークンのデータと情報を一元的に管理するレジスターです。カルダノ・レジストリは4月に導入されたが、チームはこれを製品として運用したいと考えている。

グレガードは次のように述べています。

我々はすでに、採用や機能などについて非常に良いフィードバックを得ています。ですから、私たちはそのために特別なリソースを投入し、製品として運営するつもりです。つまり、これはアロンゾの時代に入りますが、さらに進んだものでもあります。

ソースはこちら。出典 カルダノ財団

その他の短期的な目標としては、ブロックチェーンを透明化するためのブロックチェーン・エクスプローラーの構築・運用などが挙げられます。また、グレガード氏は、カルダノを理解し、普及させるために財団が開発する教育プログラムを強調しました。

その他の目標としては、オンチェーン活動の多様性を高めること、ホワイトペーパーをさらに3つ発行すること、ウォレットのアドレス数を増やすことなどが挙げられています。

一方、2021-2022年の目標リストの中では、カルダノのADAの普及と利用の拡大が優先されています。CEO(カルダノ財団)によれば、2024年までにフォーチュン500社のうち3社がADAを保有・使用するようになるという。一方、2026年には10社ものFortune 500企業がADAを保有・使用すると予想されています。

ソースはこちら。出典 カルダノ財団

ADAの利用を促進し、円滑な取引を実現するために、財団は2022年までに少なくとも50の銀行に導入することを目標としています。これにより、ADAの目標である相互運用性を達成するとともに、銀行にシステムをアップグレードする機会を提供することができます。

グレガードはこう付け加えました。

銀行に焦点を当てるということは、我々が川下に向かって、最も回収されている業界のひとつを後押しすることになりますが、同時に最も変化を必要としている業界のひとつでもあります。つまり、スマートコントラクトやカルダノプロトコルを使ったその他の機能を使って、長期的に何ができるのか、彼らの目を開かせることができるのです。

財団が提示したこれらの目標を聞いてコミュニティは興奮しましたが、一部の人々はそれがすべてフラッシュであって中身がないと考えました。財団は、これまでの約束を守れなかったことで引っ張りだこになっています。

しかし、月曜日に行われたグレースケールの発表では、ADAがビットコインとイーサに次ぐグレースケール・デジタル・ラージ・キャップ・ファンド[GDLC]の3番目の構成要素となったことで、このコインに弾みがついた。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。