ニュース, ブログ, ...

カルダノ(ADA)、2022年までに50の銀行にオンボード導入へ

カルダノ財団は、動画「The Cardano Foundation Strategy 2021」で、来年までに50の銀行をオンボードすることを目標としており、カルダノ・ブロックチェーンは、ユーザーの存在感とウォレットのアドレスを増やすことを意図していること等を発表しており、これをcoingapeが伝えています。

以下はcoingape.comに掲載された記事「Cardano (ADA) to On-Board 50 Banks by 2022」を翻訳したものです。

カルダノ(ADA)、2022年までに50の銀行にオンボード導入へ

By Palak Malhotra 2021年7月7日

時価総額で第4位の暗号通貨であるカルダノ(ADA)は、他の暗号資産が弱気な局面を迎えているときでも、ADAの価格が1.43ドルで取引されており、現在強気の姿勢を見せています。このブロックチェーンは、今後予定されているアロンゾ(Alonzo)ハードフォークとスマートコントラクトの互換性を持たせるための重要な移行段階を迎えています。このハードフォークにより、イーサリアム(Ethereum)、ソラナ(Solana)、ポルカドット(Polkadot)などと競合し、Dapps(分散型アプリ)のハブとして成長することが期待されています。

ネットワークの重要なアップデートが続く中、カルダノ財団は昨日、5年間の戦略を発表し、CEOのフレデリック・グレガード氏がネットワークの今後の目標を明らかにしました。 この戦略では、多くの人々による普及を実現し、法制化への拡大に焦点を当てています。

カルダノの2022年の優先目標は、50の銀行に導入することです。これにより、カルダノ財団のブロックチェーンが日常的な金融取引に組み込まれます。しかし、銀行からの支持を得るために、カルダノはまず、より多くのユーザーを自分たちのブロックチェーンに引きつける必要があります。

カルダノ(ADA)は2022年までに50の銀行を確保する計画

カルダノは、来年までにADAを利用する銀行を50行確保することを目標としており、これにより彼らのブロックチェーンはより大きな顧客基盤を確保することができる。彼らは、従来の流動的ユーザーを含むすべてのグループをターゲットにしています。カルダノ財団の目的は、Defiを銀行のような規制された空間に持ち込むことで、金融包摂のための相互運用性を高め、Defiのエコシステムに対する政府や機関の信頼を高めることにある。

銀行との提携により、カルダノユーザーはフィアットをADAに簡単に変換したり、その逆を行うことができるようになります。

ユーザー獲得のための短期的な目標

ブロックチェーン・エクスプローラーの構築・運営 – ドキュメンテーション・フィードバック – 教育プログラムの作成:カルダノ財団内の技術的な理解を深めるだけでなく、データへの容易なアクセスを提供することで、組織的な信頼のギャップを減らし、将来のユーザーベースを拡大するとしています。

長期目標

カルダノは、ウォレットアドレスの増加を促進し、オンチェーンアクティビティの多様性を高めることを目指しています。これにより、規制されているDefi市場は規制されたままになりますが、仲介者のサポートは必要なくなります。オンチェーンの多様性とウォレットアドレスの増加により、カルダノの目標は、仲介者への依存と、規制された、そして親しみやすい分散型の金融システムとの間のギャップを埋めることであります。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。