ニュース, ブログ, ...

カルダノの5年計画:銀行、フォーチュン500企業、10億人のユーザーとの連携

2026年までに、カルダノ財団は、ブロックチェーン全体が自立し、そのコミュニティメンバーによって運営されることを望んでおり、銀行や金融機関の間でネイティブのADA暗号通貨の使用を促進することを目標としていることなど、カルダノの5ヵ年計画についてcrypto-news-flashが伝えています。

以下はcrypto-news-flash.comに掲載された記事「Cardano’s 5-year plan: working with banks, Fortune 500 companies, and 1 Billion users」を翻訳したものです。

カルダノの5年計画:銀行、フォーチュン500企業、10億人のユーザーとの連携

by BHUSHAN AKOLKAR 2021年7月6日

第5位の暗号通貨ADAを搭載したカルダノブロックチェーンは、今年に入ってから一貫してニュースになっている。カルダノのブロックチェーンネットワークは、野心的な5年計画に向けて準備を進める中で、大きな発展を遂げています。

カルダノ財団のCEOであるフレデリック・グレガード(Frederik Gregaard)氏は最近、同財団が2026年までに達成しようとしている高い目標を共有しました。カルダノは、そのネイティブな暗号通貨ADAを使用する少なくとも50の銀行を導入することを目指しています。その上、CEOは、2024年までに少なくとも3つのフォーチュン500企業がカルダノのADAトークンを使用すると述べました。同財団は、2026年にはこの数をさらに増やすことを目指しています。

最近のオンラインプレゼンテーションでは、CEO(カルダノ財団)のフレデリック・グレガード(Frederik Gregaard)氏が、カルダノ財団の短期および長期の計画を共有しています。また、グローバルな大組織でのADA採用の意義についても語っています。

今年の初め、カルダノはエチオピア政府と提携し、教育業界でのブロックチェーン導入を促進しました。さらに、カルダノは他のアフリカ諸国と協力して、アンダーバンクの人々に銀行機能を提供しています。

このように、カルダノ財団にとって、今後1年2年の間に最も重要な重点分野の1つは、銀行との協力関係です。CEOによると、カルダノは少なくとも50の銀行をそのブロックチェーンに乗せる予定で、その際にはネイティブのADAトークンを使用するという。

これによりADAの保有者は、他のフィアット通貨やカルダノのブロックチェーン上で動くコインに変換することができるようになります。そのほか、2024年までの追加目標として、ユーザーのオンチェーン・アクティビティの増加や、運用中のウォレットの数を増やすことが挙げられています。

フォーチュン500企業への導入

カルダノ財団は、グローバルな民間企業への進出を目指しています。CEOのフレデリック・グレガード氏は、2024年までにカルダノ財団は少なくとも3社のフォーチュン500企業と協力すると述べている。

これは、企業がカルダノのさまざまな機能を試すことができる入門レベルのパートナーシップ以上のものになるでしょう。さらに、カルダノ財団は、フォーチュン500企業がネイティブな暗号通貨ADAを保有・使用することを望んでいます。

カルダノの創業者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、「Ethereumキラー」と呼ばれ、カルダノがより優れた技術であると常に語っていました。最近発表されたWeiss Ratingsによると、これも確かに事実です。しかし、イーサリアム(Ethereum)は依然として採用率の面で市場を支配しています。

しかし、次の5年までに、カルダノ財団は、ブロックチェーンネットワーク全体を自立させ、コミュニティが運営するようにしたいと考えています。その野心的な目標は、少なくとも10億人のユーザーがカルダノブロックチェーンを利用し、少なくとも1つの国全体にサービスを提供できるようにすることです。

この野心的な目標を達成するために、カルダノ財団は2段階の計画を用意しています。これには、ブロックチェーンとADAの需要を高めることと、全体的な非中央集権を維持することが含まれます。

カルダノのブロックチェーンネットワークは、アロンゾ(Alonzo)スマートコントラクトの立ち上げを進めています。この前に310億ドル以上のADAがステークされています。

カルダノの進捗状況を呼びかける

カルダノのブロックチェーンネットワークは長い道のりを歩んできたが、人気アナリストのアレックス・サンダース氏は、同財団が野心的な計画と現実の間にギャップがあることを指摘している。サンダース氏が指摘したのは、昨年、創業者のチャールズ・ホスキンソン氏が2020年にさかのぼって1年後の予想を立てたツイートです。その1年後、サンダース氏は、望ましい進捗状況について問いかけています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。