ニュース, ブログ, ...

カルダノ、今後5年間で50行の銀行と10社のフォーチュン500企業への導入を目指す

カルダノ財団のCEOであるフレデリック・グレガード(Frederik Gregaard)氏による動画「The Cardano Foundation Strategy 2021」で発表された、50の銀行にオンボーディングし、10のフォーチュン500企業と協力し、10億人のユーザーがブロックチェーンを採用することなどカルダノの2026年までの目標をcryptopotatoが伝えています。

今後1年半の間にカルダノ財団が注力する最も重要な部分の1つは、”ユーティリティー・トークン・ADA “を50の銀行にオンボード化し、当社のブロックチェーン上で操作できるようにすることであり、この目標を達成すれば、ADAの保有者は、トークンを様々なフィアット通貨やカルダノのブロックチェーンを利用した他のコインに変換できるようになると述べています。

以下はcryptopotato.comに掲載された記事「Cardano Aims to Onboard 50 Banks and Ten Fortune 500 Companies Over the Next 5 Years」を翻訳したものです。

カルダノ、今後5年間で50行の銀行と10社のフォーチュン500企業への導入を目指す

By Jordan Lyanchev 最終更新日: 2021年7月6日 @ 08:20

カルダノ財団のCEOであるフレデリック・グレガード(Frederik Gregaard)氏は、カルダノの短期的な目標として、少なくとも50の銀行でネイティブな暗号通貨であるADAを使用することを挙げています。また、今後数年間の目標として、3年以内にフォーチュン500社のうち3社がこのトークンを使用し、2026年には10社に増える可能性があると主張しています。

50の銀行と3つのフォーチュン500企業

グレガード氏は最近のオンラインプレゼンテーションで、最も人気のあるブロックチェーンプロジェクトの1つである「カルダノ」を支える財団の短期および長期の目標を概説しました。彼は、大規模な組織がネイティブなデジタル資産を採用することの意義を強調しました。

そのため、今後1年半の間に同社が注力する最も重要な部分の1つは、”ユーティリティー・トークン・ADA “で50の銀行をオンボード化し、当社のブロックチェーン上で操作できるようにすることです。

当財団がこの目標を達成すれば、ADAの保有者は、トークンを様々なフィアット通貨やカルダノのブロックチェーンを利用した他のコインに変換できるようになります。

今後、2024年までの数年間の目標として、ユーザーのオンチェーンでの活動や、運用中のウォレットの数を増やし、人々がブロックチェーンプロジェクトと対話するために第三者のサービスを採用する必要性を減らすことが挙げられています。

さらに、カルダノ財団は、少なくとも3つのフォーチュン500の大企業をエコシステムに組み込むことを計画しています。グレガード氏は、彼らにブロックチェーンの利点を紹介する意図とは別に、財団は彼らがADAを保有し、使用することを望んでいると述べました。

フレデリック・グレガード(Frederik Gregaard)。出典はこちら カルダノファウンデーション

2026年:フォーチュン500企業10社

今後5年以内に、財団はブロックチェーン全体をコミュニティが自立して運営することを計画しており、それはヴォルテール時代の到来と一致します。その時には、カルダノのDLT(分散台帳)は少なくとも10億人のユーザーを採用しているはずです。これにより、カルダノは少なくとも1つの国家全体にサービスを提供できるようになります。

さらに、2026年までにADAトークンを保有・使用しているフォーチュン500企業の数が少なくとも10社に増えているはずです。

その野心的な目標を達成するために、財団は、「優れた分散型」の製品を提供しながら、ブロックチェーンとコインの需要を高めることを含む2段階の計画を実行に移しました。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。