エポックな日々, ニュース, ...

Vasilによって名実ともに第3世代のブロックチェーンにふさわしい存在になる:ニュース動向 & ステーキング状況 in エポック354

Vasilによって名実ともに第3世代のブロックチェーンにふさわしい存在になる

カルダノのウォレット総数が350万個に到達

カルダノのウォレット総数が350万個に到達しています。

2021年1月1日時点ではADAウォレットは20万3519個しかありませんでしたが、2022年第2四半期に入った8月3日時点で、3,502,500ウォレットで約1700%以上も成長しています。

Vasilハードフォークの最新状況

Vasilハードフォークの最新状況が、チャールズ・ホスキンソン氏の動画『Some Brief Comments on Vasil』で伝えられました。

リリース時期についても触れており、おそらくこのままテストがうまくいけば、8月中旬にはリリースできる可能性があります。

大型アップグレードVasilがもたらすもの

現在カルダノは、プルーフ・オブ・ステークのリーダー的存在であり、下記のメリットを有するビットコインのUTXOモデルに、スマートコントラクト機能を付加した、独自のEUTXOモデルの導入がなされています。

UTXOのメリット

  • セキュリティの強化:取引のたびに同じアドレスが使用されないため、アドレスの追跡や全体の残高を知ることができません。また、UTXOは、プライバシー漏洩の解決という点でもメリットがあります。
  • スケーラビリティ:UTXO台帳は、ネットワークの混雑を解消する並列トランザクション処理を可能にし、ステートレス・クライアント・ソリューションに適しています。
  • 相互運用性:オフチェーンとサイドチェーンのプロトコルが実装されているため、異なるブロックチェーン間の相互運用性を確立することが容易です。
  • 決定性:UTXOの台帳では、ユーザーはチェーン上で処理される前に、取引のコストと有効性を予測することができます。UTXOモデルでは、「ガス」料金がないため、取引コストもはるかに低くなります。

参考記事:IOGブログ:UTXO社のブロックチェーンは、新しいコラボレーションで前進する勢いを続けている

そして、今回のVasilアップグレードでは、機能性、スケーラビリティ、パフォーマンス、開発環境のアップグレード、相互運用性などの新しい基盤がもたらされます。

この上に、1000以上の開発中のプロジェクトが、カルダノメインネットのエコシステムに参入してくることで、カルダノの存在感はビットコインとイーサリアムに並び、名実ともに第3世代のブロックチェーンにふさわしいものになる準備が整うことになります。

Milkomeda C1、ローンチ後に750万トランザクションを記録

dcSparkのCEO兼共同創設者であり、Milkomeda Protocolの中核的貢献者であるNico Arqueros氏のツィートによれば、Milkomeda C1サイドチェーンのローンチ後に750万件のトランザクションを記録したと報告しています。

また、Milkomedaは、詳細は近日公開予定ですが、スマートコントラクトを使用したCardanoとの直接統合にも取り組んでおり、これによりCardanoのメインネットからMilkomedaのゲームをプレイすることができるようになる予定であると述べています。

イザナミ近況報告

現在、株式会社サイモンズの提供する『ポイントシステムを活用した持続可能な循環型地域活性化システム』を導入したい地方自治体からの依頼が急激に増えています。

これらの背景は、地方自治体サービスとポイントとの連携、観光DXなど総合的な取り組みへと移行を計画があります。

こうしたことを背景に、イザナミ・プロジェクトを手掛けるSymons Labは、7月から新チームでカルダノ・ネットワークを使ったシステム開発のための研究と評価を進めています。

主に下記のコンポーネントの特性を理解し、同時に株式会社サイモンズのビジネスモデルをどのように実際にブロックチェーンに組み込んでいくかという評価とシステムの定義を行なっています。

チームにとっては新しい言語である関数型プログラミングであるHaskell言語の習得、『EUTXO』の特性の理解、『Plutus』開発環境の習得をメインに行なっています。

最初はカタリストFund8の資金を得たプランAの開発になりますが、プランBを見据えて(将来的にはプランCまで)、下記のようなコンポーネントの取得を行います。
*詳細はイザナミ・プロジェクト公式サイトをご覧ください。

『EUTXO』
Plutus
『Marlowe』
『ATALA Prizm:分散型ID』
『サイドチェーン、レイヤー2』
『Djed:アルゴリズム型ステーブルコイン』

同時に、カルダノのVasilアップデートは、ネットワークに新機能をもたらし、分散型アプリケーションの開発プロセスを大幅に容易にするアップグレードがあるので、これについても同時進行で進めています。

もしこの記事が気に入っていただけましたら、SIPO、SIPO2、SIPO3への委任をどうぞよろしくお願いいたします10ADA以上の少量からでもステーキングが可能です。
ステーキングについて知りたい方は、下記の記事をご参考ください。

ステーキング(委任)とは?
カルダノ分散型台帳システムによるステーキングの魅力とその方法:2021版
Q&A:カルダノ、ステーキングに関する基本的な説明集
ダイダロスマニュアル
ヨロイウォレット Chromeブラウザ機能拡張版マニュアル

ニュース動向 in エポック354

カルダノ週間開発状況:2022年7月22日

ノード、台帳、コンセンサスチームは、ノードv.1.35.2で見つけたバグを修正し、現在ノードv.1.35.3のリリース準備に入っています。VasilテストネットのPlutusコストモデル更新後の暗号プリミティブ実装作業は続いています。

詳細はこちら:https://www.essentialcardano.io/development-update/weekly-development-report-as-of-2022-07-29

Djedの最新アップデート

Djedは400%~800%のover-collateralization:超過担保があり、$ADAに支えられていることから、Cardanoネットワークにとって究極のステーブルコインになることを確信しています。

カルダノ・コミュニティが語る、大きな暗号空間で「独立」する理由の1つ

Cardanoコミュニティに特化したTwitterアカウントであるADA whaleは、BitcoinとEthereumに大きく支配された大規模な暗号コミュニティでCardanoが受け入れられてないように見える理由を語っています。

カルダノ創設者:「美しいものを作るには時間がかかる」、コミュニティからの声はこちら

カルダノ創設者のチャールズ・ホスキンソン氏は、ゴシック建築の傑作とポーズを取りながら、「時には、どれだけ時間がかかろうとも、人々に美しいものを作らせなければならない」とツイートしていいます。これについてカルダノコミュニティは、カルダノのエコシステムの構築を暗に示していると受け取っており、これについてU.TODAYが伝えています。

Cardano EVMサイドチェーンであるMilkomeda C1、ローンチ後に750万トランザクションを記録

dcSparkのCEO兼共同創設者であり、Milkomeda Protocolの中核的貢献者であるNico Arqueros氏のツィートによれば、Milkomeda C1サイドチェーンのローンチ後に750万件のトランザクションを記録したと報告しています。

チャールズ・ホスキンソン動画『Some Brief Comments on Vasil』要約

チャールズ・ホスキンソン氏の最新動画『Some Brief Comments on Vasil』がリリースされました。

Vasilの進捗状況、について詳しく伝えています。また、リリース時期について言及しています。おそらくこのままテストがうまくいけば、8月中旬にリリースできる可能性があります。

世界初のデジタルアセットバンクであるスイスのSygnum Bankは、カルダノ(ADA)の銀行グレードのステーキングサービスを拡大したことを発表

2022年8月2日、世界初のデジタルアセットバンクであるスイスのSygnum Bankは、カルダノ(ADA)の銀行グレードのステーキングサービスを拡大したことを発表しました。

顧客はSyngnumの機関レベルの銀行プラットフォームを通じて便利かつ安全にカルダノをステークし、ステーク報酬を獲得することができます。

カルダノ(ADA)は、イーサリアム(ETH)、インターネット・コンピュータ・プロトコル(ICP)、テゾス(XTZ)など他の主要なProof-of-Stakeプロトコルを含むSyngnumの銀行レベルのステーク・ポートフォリオに加わります。

カルダノの共同創設者チャールズ・ホスキンソン氏が暗号コミュニティを支援

TheCoinrePublic.comは、Cardanoの創設者チャールズ・ホスキンソン氏を、聴衆を教育することで暗号コミュニティを支援していると伝えています。また、彼のような献身的な人物は、ほとんどすべての分野や会社に必要だとし、彼の努力によって、暗号産業は標準的な社会的位置を占めるようになるだろうと述べています。

ステーキング状況 in エポック354

エポック355開始時点ステーキング動向
SIPO、SIPO2、SIPO3エポック354ステーキング報告
SIPOエポック354ステーキング報告
SIPO2エポック354ステーキング報告
SIPO3エポック354ステーキング報告
[SIPO]は6400個目のブロック生成に成功

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。