ニュース, ブログ, ...

ホスキンソン氏、カルダノとエチオピアの契約は大臣が署名したとリーク

どうやらエチオピアが「アフリカ・スペシャル」の第一弾となるかもしれません。

チャールズさんのツィッターがそれを仄めかす2枚の写真をアップしており、カルダノコミュニティではさまざまな憶測を読んでいます。CRYPTO NEWS FLASHはこれを取り上げ、エチオピアの正規発表が早ければ来週には発表されるかもしれないと報じています。

参考記事
29 Mar, 2021:カルダノ エチオピアは4月に正式契約へ、重要な署名を受ける
08 Mar, 2021:鳥」は遅れています – ホスキンソンがエチオピアのプロジェクト、Coinbaseを語る
29 Mar, 2021:チャールズ・ホスキンソン氏、カルダノとアフリカの契約は、正式な署名のために大臣に送られました。数百万人のユーザーを獲得?
26 Mar, 2021:チャールズ・ホスキンソン氏:カルダノのアフリカでの活動により、多くの人々がデジタルアイデンティティを持てるようになる
22 Mar, 2021:拡大するカルダノのエコシステムから数百万人のアフリカ人が恩恵を受ける
09 Feb, 2021:IOHK、アフリカでの大規模なカルダノ政府契約の獲得に向けて動き出した。
08 Feb, 2021:カルダノ:IOG、アフリカで世界最大のブロックチェーン展開を明らかに

下記の記事はCRYPTO NEWS FLASHの記事「Hoskinson leaks that Cardano-Ethiopia deal was signed by minister」を翻訳したものです。

ホスキンソン氏、カルダノとエチオピアの契約は大臣が署名したとリーク

By JAKE SIMMONS 2021年4月4日

カルダノブロックチェーンを使用するエチオピア政府の契約は、昨日、大臣の最終署名を受けたようだ。
ツイッターを通じて、チャールズ・ホスキンソンが、そのことを明確に示唆する「絵のパズル」を投稿した。

カルダノのコミュニティは、2月初旬からエチオピアとの契約の最終確認を心待ちにしていました。IOGのアフリカ事業担当ディレクターであるジョン・オコナーは当時、カルダノの発明者であるチャールズ・ホスキンスンの会社が、数百万人のユーザーをカルダノのブロックチェーンに乗せるために、エチオピアで政府との契約の最終段階に入っていることを明らかにした。それ以来、さまざまな憶測が飛び交うとともに、予期せぬ官僚的な遅れが生じていました。

しかし、ホスキンソンが先週報告したように、この契約は最終決定に近づいています。3月25日には、「特別委員会」がプロジェクト実施の決定に署名し、最後に大臣の署名を残すのみとなっていた。昨日から、この案件もこのステップをマスターしたのかもしれない。

ホスキンソンは、「独占契約」を結んだために、発表を絵のパズルで隠さなければならなかったにもかかわらず、次のようなセリフと次の2枚の写真をツイートする機会を逃さなかったのだ。

なぜか、この2枚の写真をツイートしたいという強い気持ちがあります。きっと、私の鳥類学的な試みと18世紀のアメリカ史への愛が融合したのでしょう。….

カルダノコミュニティは、この絵のパズルを解読しました。左の画像は、Musophagidae科の鳥の一種であるwhite-cheeked Turaco (Menelikornis leucotis)で、エチオピアが原産地である。

左の画像は、アメリカの商人であり、政治家であり、アメリカ革命の著名な愛国者であるジョン・ハンコック。ハンコックは、独立宣言が採択され署名された際に議会の議長を務めました。“アメリカでは「ジョン・ハンコック」が「サイン」の非公式な同義語になっているほどです」“と@AleTutorは説明しています。

これら2つのことを総合すると、大臣がエチオピアで署名したことは明らかであり、早ければ来週にもこの取引と「アフリカ・スペシャル」の公式発表が行われることになる。

CNFが報じたように、IOGはアフリカでの大規模な拡張を計画しており、エチオピアでの取引と同様に、“Africa Special “の対象となります。ホスキンソンは、アイスアディスなどのパートナーとともに、アフリカの25カ国以上へのアクセスを獲得し、今後5年間でEOGアフリカチームを「数十人から数百人、数千人」にまで拡大したいと考えています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。