エポックな日々, ニュース, ...

Posの時代へ、Vasilハードフォークを間近に控え益々存在感を増すカルダノ:ニュース動向 & ステーキング状況 in エポック362

Posの時代へ、Vasilハードフォークを間近に控え益々存在感を増すカルダノ

9月23日(日本時間)のVasilを間近に控え、世界最高峰のPOSブロックチェーンとしてのカルダノの存在感が益々増しています。その理由についてまとめました。

セキュリティ、スケーラビリティ、分散化というブロックチェーンのトリレンマに取り組むカルダノ

9月23日のVasilハードフォークを前に、カルダノ・プロトコルはその益々存在感を増しています。

カルダノは、セキュリティ、スケーラビリティ、分散化という古典的なブロックチェーンのトリレンマに取り組むことに常に力を注いできました。

カルダノ・プロトコルは、昨年9月に堅牢なセキュリティを備えるビットコイン・システムのUTXOを拡張したEUTXOにより、スマートコントラクトを実現しました。

また、カルダノはビットコインと同レベルのセキュリティを維持しながら、大幅に少ないエネルギーを消費する仕組みを実現しています。

2021年5月27日時点でのカルダノ財団の報告によると、ビットコインをはじめとするプルーフ・オブ・ワークプロトコルでは、エネルギー消費の99%がブロックプロデューサーの選択だけに使われています。

カルダノでは、よりエネルギー効率の高いプルーフオブステークプロトコルを採用しており、ビットコインの年間エネルギー使用量が115.85テラワットアワーであるのに対し、カルダノの年間エネルギー使用量はわずか6ギガワットアワーです。

  • カルダノ:6ギガワット=平均的な発電所2基分
  • ビットコイン:115,850ギガワット=国のエネルギー消費量ランキング31位、オランダを上回る。

また、攻撃者がネットワークの51%を支配するためには、260億米ドル以上の費用がかかるが、それだけの量のADAを購入しようとする買い手に生じる価格上昇は考慮されていません。さらに、ネットワークが成長してADAの価値が上がると、ネットワークを攻撃するためのコストは高くなりますが、ネットワークを保護するためのコストは比較的変わらないので、高コストをかけたセキュリティが実現されています。

さらに、カルダノのプロトコルは厳格な査読プロセスを経ており、コードの失敗がイーサリアムDAOのハッキングのような大惨事を引き起こすジェットエンジンやNASAを作る開発者が使用するのと同じ高保険コード技術を経ています。

そして、カルダノは現在ロードマップのBASHOフェーズにあり、2022年度中にスケーラビリティの拡張のための11の方策を行う予定で、これらの改善の大部分は、Vasilハードフォークに含まれることになります。

またカルダノロードマップの最後のフェーズとなるVoltaire(ボルテール)による分散化も同時並行で進められており、投票システムとトレジャリーシステムであるProject Catalyst Found9が進行中です。

Project Catalystは、現在世界最大の分散型イノベーションファンドの1つにまで成長しており、カルダノコミュニティが推進するエコシステム開発とイノベーションの中心的存在となっています。

生の指標を見ればカルダノは他のPoSチェーンよりはるかに優れている

毎週ニュース配信を配信するJust The Metricsを運営するSooraj氏(@Soorajksaju2)はツィートで、『生の指標を見ればカルダノは他のPoSチェーンよりはるかに優れている』と伝えています。

この分析は、プルーフ・オブ・ステークのLayer1ブロックチェーンの基本的な分析に焦点を当てたもので、大変興味深いものです。

Just The Metrics配信記事によると、1934年、ベンジャミン・グレアムとデビッド・ドッドは、証券評価のバイブルとされる「証券分析Benjamin Graham and David Dodd published Security Analysis」を出版し、今日に至るまで、投資家は彼らの著書で説明された評価基準を用いて金融資産を検証していると説明しています。

そこで、Just The Metricsは、プルーフ・オブ・ステークのLayer1 ブロックチェーンに関して、ファンダメンタルズ分析が可能かを考察し、L1 Proof of Stakeブロックチェーンを評価するためのフレームワークを設定しています。

現在までの分析対象としてのは次のとおりです。

  • カルダノ:Cardano
  • アルゴランド:Algorand
  • ソラナ:Solana
  • アバランチ:Avalanche
  • テゾス:Tezos
  • ポルカドット:Polkadot

レイヤー1・プルーフ・オブ・ステーク・ブロックチェーンを評価するためのフレームワークとして、潜在的な成長変数が膨大であることを考えると難しいこととしながらも、次のブロックチェーンのトリレンマというプリズムを通して、ブロックチェーンの根本的な分析を行うことは十分に可能であると説明しています。

  • 分散化
  • セキュリティ
  • スケーラビリティ

この三つの度合いを決定する特定の指標を見ることで、特定のブロックチェーンの全体的な価値を適切に理解することが可能であると結論づけています。

分散化

一般的な分散化のメトリクスとして次の4つを挙げています。

  • 初期トークン配布メトリクス
  • 個人ステイクウォレットの数
  • パーミッションドモードとパーミッションレスモードの比較(Yes/No)
  • バリデータノード/リレーノード/ステイクプールの総数

セキュリティ

一般的なセキュリティメトリクスとして次の三つを挙げています。

  • クライアントの多様性
  • 51%攻撃のコスト
  • フルノード/パーシャルノードの比率

スケーラビリティ

一般的なスケーラビリティメトリクスとして次の三つを挙げています。

  • トランザクションスループット
  • アクティブなレイヤ2(ロールアップ/ステートチャンネル)
  • トランザクションのレイテンシーと確定時間

このようなフレームワークにより、スマートコントラクト対応のPoSパブリックブロックチェーンについて、これら3つの重要な基盤に関する基本的な理解や現状を示すことができると考えています。

そして、投資判断の前にアセスメントを行うのに役立つとし、このフレームワークは、個々のブロックチェーンに関する指標や情報の入手可能性に応じて変更される可能性があるとしています。

では実際にそれぞれの分析対象は、現時点でどのような評価を受けているでしょうか?実際に見ていきましょう。

*開発は常に行われアップグレードが行われているので、開発が進むことで評価は変わってくるものと思われます。

Just The Metricsによる各レイヤー1・プルーフ・オブ・ステーク・ブロックチェーン全体の評価

カルダノ:Cardano

Just The Metricsによる2022年7月31日時点でのカルダノの全体の評価は以下の通りです。

分散化:高
セキュリティ: 高
スケーラビリティ: 低・中程度

Just The Metricsは、カルダノ・ネットワークは、比較的高い分散化とセキュリティを示し、L1ブロックチェーンとして確固たる地位を築いているとし、スケーラビリティの指標では明らかに遅れをとっていると述べています。

しかし、他のパブリックブロックチェーン同様、カルダノもブロックチェーンのトリレンマを打破することを追求している。カルダノがそれを成し遂げられるかどうかは、時間が経ってみないとわからないと述べています。

*これはVasil前の評価であるため、2022年度中のスケーラビリティの実行により大きな改善が見込まれることになると考えられます。

ソース:『Is Cardano a solid L1?』2022年7月31日

アルゴランド:Algorand

Just The Metricsによる2022年8月7日時点でのアルゴランドの全体の評価は以下の通りです。

地方分権化:低中程度
セキュリティ:中程度高
スケーラビリティ:高

Just The Metricsによれば、Algorandネットワークは、比較的高いセキュリティとスケーラビリティを示しています。

しかし、現在の状態では、分散化指標には明らかに遅れています。特に、リレーノードネットワークの許可された性質のためだと述べています。

ソース:『Is Algorand a solid L1?』2022年8月7日

ソラナ:Solana

Just The Metricsによる2022年8月14日時点でのソラナの全体の評価は以下の通りです。

分散化:低
セキュリティ:低
スケーラビリティ: 低・中程度

Just The Metricsによれば、ソラナは、非常にスケーラブルなパブリックブロックチェーンだが、ソラナは非常に集中的なトークン配布を持っており、すでに複数のDDoS攻撃やその他のセキュリティバグに対して脆弱であり、チェーンを停止しました。

また、メッサリがソラナDeFiのエコシステムを「成熟したエコシステム」と呼んでツイートを投稿したことに注目。これについて最初の原則の観点から、基礎となるブロックチェーンは、成熟したDeFiエコシステムを可能にするために分散化され、安全である必要があるとし、現在の状況では、ソラナは「成熟」でも「固体」L1でもありません。これは、進行中のリスクの高い実験としてしか説明できないと述べています。

ソース:『Is Solana a solid L1?』2022年8月14日

アバランチ:Avalanche

Just The Metricsによる2022年8月28日時点でのアバランチの全体の評価は以下の通りです。

分散化:低
セキュリティ:高
スケーラビリティ:中程度の高さ

Just The Metricsによれば、Avalancheネットワークは、比較的中程度の高いセキュリティとスケーラビリティを示しているとし、AvalancheがEthereumから価値を抽出し、サブネットで拡張しようとしている方法を見ると、L2 Ethereumロールアップの成功により、EVMベースのAvalancheサブネットに対するユーザー需要が不足する可能性があると評しています。

現在の状態では、Avalancheは分散化メトリクスに遅れをとっており、この原因は主に初期トークン配布の集中的な性質と、バリデータノードを実行するための高い金銭的しきい値によるものと述べています。

ソース:『Is Avalanche a solid L1?』2022年8月28日

テゾス:Tezos

Just The Metricsによる2022年9月4日時点でのテゾスの全体の評価は以下の通りです。

地方分権化:中程度-高
セキュリティ:高
スケーラビリティ:高

Just The Metricsによれば、Tezosネットワークは、比較的高度な分散化とセキュリティを示しており、堅実なL1ブロックチェーンです。

そしてTezosは急速に進化するブロックチェーンで、10以上のアップデートを受けています。最近のアップグレードにより、Tezosはロールアップを可能にし、L1スケーラビリティを向上させる機能を実装しました。

Tezosは、トランザクションロールアップから、またスマートコントラクトロールアップからzkロールアップまで、ロールアップを可能にするデータシャーディングを備えた野心的なロールアップ中心のスケーリングアプローチを持っています。テゾスは間違いなく明確なスケーリング戦略を持つ堅実なL1であると述べています。

ソース:『Is Tezos a solid L1?』2022年9月4日

ポルカドット:Polkadot

Just The Metricsによる2022年9月11日時点でのポルカドットの全体の評価は以下の通りです。

分散化:低中程度
セキュリティ:高
スケーラビリティ: 適度

Just The Metricsによれば、Polkadotは安全なL0/L1であるが、カルダノのようなパブリックブロックチェーンと比較すると、トークン配布とバリデータの数において、比較的低い程度の分散度を示しています。

Polkadotの水平スケーリングモデルはリレーチェーンとセキュリティを共有するパラチェーンの数によって制限されているようです。ロールアップがスケーリングソリューションのランドスケープを支配する可能性のある長い時間の地平線では、これは重大な制限になる可能性があると述べています。

ソース:『Is Polkadot a solid L0/L1?』2022年9月11日

カルダノがGrayscale®のスマートコントラクトプラットフォームで、最高の市場シェアを維持

Grayscaleによる最新のリポート『Grayscale Smart Contract Ex-Ethereum Fund』によると、カルダノがGrayscale®のスマートコントラクトプラットフォームで、最高の市場シェアを維持しています。

ADAは市場シェアの大部分を占めるまでに成長し、9月9日時点では7つのプロジェクトのうちトップの29.88%を占めていいます。

グレイスケールの公式サイトの更新情報によると、GSCPxEファンドは現在、1株当たり6.84ドルの価値を持っていることが示されています。1株あたり、4.38 ADA(29.88%)、0.044 SOL(21.30%)、0.12 DOT(13.69%)、1.04 MATIC(12.73%)、0.036 AVAX(10.17%)、0.037 ATOM(8.23%)、0.89 ALGO(4%)などが含まれています。

ソース:『Grayscale® Smart Contract Platform Ex-Ethereum Fund

米国議会の報告書に世界最大のPoSチェーンとしてカルダノがリスト

最後に興味深いツィートをご紹介します。

Dan Gambardello(@cryptorecruitr)氏のツィートによれば、ホワイトハウスの議員グループが、今年3月にバイデン大統領の命令で作成した、『暗号通貨マイニングを含む様々な産業によるエネルギーの過剰使用に関連する報告書Climate and Energy Implications of Crypto-Assets in the United States』を公表した、環境に優しくならない限り暗号マイニングを禁止することを示唆している報告書の中で、カルダノが世界最大のプルーフ・オブ・ステーク・ブロックチェーンとしてリスト化され紹介されていると伝えています。

また、この報告書を受け、IOG創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、最近の自身の動画『Climate and Energy Implications of Crypto-Assets in the United States』でビットコインが生き残るためには、カルダノのOfelimousプロトコルを採用すべきと提案しています。

Vasilの機能は9月27日(日本時間:28日)のエポック366の開始時に利用可能に

カルダノは史上最大のアップグレードであるVasilを間近に控え、ここからの大きな飛躍が期待できる段階になっています。

IOGは、週間開発リポート『Weekly development update as of 2022-09-09』によれば、すべてのコアコンポーネントの「広範なテスト」を経て、Vasilアップグレードの開始予定日を9月22日(日本時間:23日)とし、Vasilの機能は9月27日(日本時間:28日)のエポック366の開始時に利用可能になるとしています。

Vasil後に見るカルダノの全体像と潜在的なTPS

ADA whale@cardano_whale)がVasil後に見ることになるカルダノの全体像について次のようにツィートしてます。

  • バベルフィー
  • 流動的な非保管型ステーキング
  • ステーキングされたスマートコントラクト
  • ガバナンス
  • 自己資金
  • 取引の中の取引
  • L1合意を活用したサイドチェーン
  • 同等の権利を持つネイティブアセット
  • フルノード相当のライトウォレット
  • ドラッグ&ドロップのスマートコントラクト

また、別のツィートでは、今月末の(Vasil後)カルダノの潜在的なTPSは、AVAX C-chainと同等の潜在的なTPSを持つことになる(Tx内のTxやマーケティングの話などは無視します)とし、これは、スケーリングの旅が終わるわけではありませんが、これはカルダノが分散化などの分野ではるかに先を行きながら、競合他社にレベルアップすることを意味すると述べています。

Vasil後のカルダノ、想像以上にカルダノを次の次元に導く予感がしてきました。考えれば考えるほど、本当にワクワクしてきますね!

もしこの記事が気に入っていただけましたら、SIPO、SIPO2、SIPO3への委任をどうぞよろしくお願いいたします10ADA以上の少量からでもステーキングが可能です。
ステーキングについて知りたい方は、下記の記事をご参考ください。

ステーキング(委任)とは?
カルダノ分散型台帳システムによるステーキングの魅力とその方法:2021版
Q&A:カルダノ、ステーキングに関する基本的な説明集
ダイダロスマニュアル
ヨロイウォレット Chromeブラウザ機能拡張版マニュアル

ニュース動向 in エポック362

成長し進化を続けるProject Catalyst:Found9ガイドライン

9月6日よりカルダノのProject Catalyst Fund9の投票がスタートしました。9月19日まで投票受付中となります。

クジラ、Vasil楽観論の中でカルダノに注意を移す:詳細

カルダノ(ADA)は現在、BSCの最大500人のクジラの中で取引量の上位10資産にランクインしており、クジラ(大口保有者)からの関心を集めています。

カルダノ(ADA)は「かつてないほど強くなった」。楽観視されるVasilパワーによってクジラたちの関心が蘇る!!
「赤い海」の中で暗号市場は現実から切り離されている、焦点は常に技術の真の目的である必要がある:チャールズ・ホスキンソン氏

カルダノの創設者チャールズ・ホスキンソン氏はツィートで、カルダノと「他の多くの」暗号プロジェクトは強力なファンダメンタルズを持っているが、市場は異なる絵を描いているとし、次のように述べています。

ダイダロス 5.0.0 Mainnetリリース
カルダノ開発者が「Mercury」をローンチ:Wallet-to-Wallet Cardanoチャットプラットフォーム

カルダノの開発者であるAvatar Nick氏は、カルダノ・コミュニティーのためのカルダノ・ウォレットチャットシステム『Mercury』を立ち上げたとRedditとTwitterで発表しています。

チャールズ・ホスキンソン氏:「カルダノ(ADA)はかつてないほど強くなった」~バシルはエコシステムを劇的に改善する

カルダノの創設者チャールズ・ホスキンソン氏はツィートで、真の暗号プロジェクトは技術、それが解決する問題、それが助ける人々に焦点を当てるべきであるとし、開発者はVasilアップグレード後に、より大きなスケーラビリティと信じられないほど低い手数料があることを保証していると述べています。

Vasilへのアップグレードにおける開発の主なポイント『Artano』のケース

カルダノのEssentialcardano.ioに、Vasilへのアップグレードに伴う開発の主なポイントとして、コミュニティ主導のノンファンジブル型トークン(NFT)市場である『Artano』のケースが紹介されています。

この記事では、メインネット上のVasilへのスムーズな移行のために準備している間に『Artano』が学んだ主要な開発の要点を共有しており、特にArtanoの場合、Vasilがもたらす機能として、取引サイズと市場運営費(NFT買い付けと入札など)の削減で大きなメリットをもたらしたと述べています。

IOGブログ:DIDコア仕様によるデジタル・アイデンティティの推進

2022年6月、World Wide Web Consortium(W3C)は、Decentralized Identifier (DID) Working GroupのDIDコア仕様を承認し、W3C勧告段階への移行を決定しました。このマイルストーンは、デジタルIDの重要性が高まっていることを再確認し、Atala PRISMのようなIDプラットフォームに対してより明確で強固な基盤を提供するものです。

カルダノNFTの統計で、7,000のNFTプロジェクト、15のマーケットプレイスで$459Mの取引高を計上

Cardano Dailyのツィートによると、ツイートに添付されたスクリーンショットは、カルダノNFTエコシステムの状況を概説しており、カルダノのネットワーク上には約7,000のNFTプロジェクトと15のマーケットプレイスが存在します。7,000近いNFTをホストしていることは、カルダノの賞賛に値する偉業であり、チェーンの普及率が高まっていることを裏付けていると伝えています。

カルダノがGrayscale®のスマートコントラクトプラットフォームで最高の市場シェアを維持:Ex-Ethereum Fund

Grayscaleによる最新のリポート『Grayscale Smart Contract Ex-Ethereum Fund』によると、カルダノがGrayscale®のスマートコントラクトプラットフォームで、最高の市場シェアを維持しています。

ADAは市場シェアの大部分を占めるまでに成長し、プレスリリース時点では30.44%を占めていいます。

チャールズ・ホスキンソン氏、ビットコインマイニングに関するホワイトハウスの見解についてコメント

カルダノ、IOGの創設者であり、イーサリアムの生みの親の一人であるチャールズ・ホスキンソン氏は足真の動画で、ビットコインのマイニングを含むすべてのエネルギー集約型ビジネスを取り締まるホワイトハウスの勧告『Climate and Energy Implications of Crypto-Assets in the United States』についてコメントしています。

最近発表されたCardanoプロトコルである『Ofelimousプルーフ・オブ・ユースフル・ワーク・プロトコル』は、暗号通貨としてのBitcoinの存続を助けるかもしれないと述べています。

生の指標を見ればカルダノは他のPoSチェーンよりはるかに優れている

プルーフ・オブ・ステーク・チェーン・レイヤー1の基本的な分析に焦点を当てるニュースレターを発行するJust The Metricsの最近(2022年7月31日)のレポートで、プルーフ・オブ・ステーク・チェーンについて取り上げています。

カルダノとブロックチェーン技術の詳細についての週次スレッドを配信するSooraj 氏のツィートによれば、Just The Metricsのレポートを紹介し、生の指標を見ればカルダノは他のPoSチェーンよりはるかに優れていると伝えています。

カルダノが拡張している?チャールズ・ホスキンソン、パプアニューギニアで「本当にクールなもの」を開発中

Input Output Global社CEOでカルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、自身のツィートで、カルダノは「パプアニューギニアで”本当にクールなもの”に取り組んでいる」と伝えています。

カルダノ初のNFTレンディングプラットフォーム、メインネット立ち上げに先駆け25,000ドルのバウンティを発表

カルダノDeFiで貸し借りのコアとなるプリミティブをエコシステムに提供することを目指すAada Financeは、Vasilのアップグレードに先立ちローンチする意向を表明し、カルダノ初のNFTレンディングプラットフォームを立ち上げる予定です。

このメインネット立ち上げに先立ち、コミュニティ主導のスマートコントラクト監査プログラム『バグ・バウンティ・プログラム』を発表、ホワイト ハット ハッカーに2万5千ドル提供すると伝えています。

チャールズ・ホスキンソン氏、ビットコインが生き残るためにはカルダノのOfelimousプロトコルを採用すべきと提案

ホワイトハウスの議員グループが、今年3月にバイデン大統領の命令で作成した、暗号通貨マイニングを含む様々な産業によるエネルギーの過剰使用に関連する報告書を公表し、環境に優しくならない限り暗号マイニングを禁止することを示唆しています。

これにを受け、IOG創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、最近の自身の動画『Climate and Energy Implications of Crypto-Assets in the United States』でビットコインが生き残るためにはカルダノのOfelimousプロトコルを採用すべきと提案しています。

ステーキング状況 in エポック362

エポック363開始時点ステーキング動向
SIPO、SIPO2、SIPO3エポック362ステーキング報告
SIPOエポック362ステーキング報告
SIPO2エポック362ステーキング報告
SIPO3エポック362ステーキング報告
[SIPO]は6700個目のブロック生成に成功
[SIPO3]は3200個目のブロック生成に成功

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。