エポックな日々, ニュース, ...

いよいよVasilハードフォークがカウントダウン開始:ニュース動向 & ステーキング状況 in エポック347

いよいよVasilハードフォークがカウントダウン開始

カルダノ・テストネットでのアップグレードがエポック215の開始後に有効

いよいよ、Vasilハードフォークがカウントダウンに入りました。IOGは、カルダノ・テストネットでのアップグレードは7月3日20:20 UTCのエポック215の開始後に有効となり、メインネットはその4週間後にVasilハードフォークを実施すると発表しました。

テストネットブロックの75%以上が新しいVasilノード(1.35.0)によって作成されており、安全に進めるための良い連鎖密度が得られていると報告しています。

テストネット:SIPO

テストネットは、7月3日20:20 UTCのエポック215の開始後に変更が有効になると、カルダノは新しいVasilをテストし、まもなくメインネットで見ることができるようになるとのこと。

SIPOもテストネットでに1.35.0vにアップグレードし、ブロック生成の確認をしており、今後エポック215(テストネット)以降でのVasil展開におけるカルダノ・ノードの挙動などテストを実施します。

また、コミュニティは、カルダノ・メインネットをハードフォークする前に、SPO、デベロッパー、取引所がテストとアップグレードに必要な時間を確保するため、最低4週間の期間を設けています。チームは、コミュニティの皆が快適に準備ができたら、メインネットをVasilにアップグレードするために同じプロセスを経ることになります。

Vasilアップグレードのおさらい

長年のコミュニティメンバーである故 Vasil St Dabov氏に敬意を表して名付けられたVasilアップグレード は、カルダノにパフォーマンスと機能の大幅なアップグレードをもたらします。

また、Vasilの改善点は、拡散パイプラインによるスループットの向上、スクリプトのパフォーマンスと効率の大幅な改善による開発者体験の向上(さらにコスト削減)で、これはカルダノのこれまでで最大かつ最高のアップグレードです。

IOチームは、これまでに引き受けた仕事の中で最も複雑なプログラムとし、そして、コミュニティ全体が関与しており、以前から伝えているように、このアップグレードを安全かつセキュアな方法で確実に管理することであると述べています。

基本的に2022年のスケーリングは、2月、7月、10月(予定*変更することがあります。)の三回に分けてマイルストーンが実行されます。

まず2月は、下記の4つがハードフォークなしでアップデートが行われました。

  • CLIトランザクションの作成 
  • リーダースケジュール マルチシグネチャ機能 
  • ローカルmempoolモニタリング 
  • スクリプトのコスト見積もり

そして7月Vasilではハードフォークが行われ次のようなアップデートが実行される予定です。

  • Plutus バージョン2.0 
  • 暗号プリミティブの強化(VRF、KES) 
  • スクリプト担保処理
Plutus バージョン2.0がやってくる

まずVasilハードフォークでは、Plutus バージョン2.0がリリースされ、主に次の4つの重要な領域が登場します。

  • Referemce Scripts:リファレンスクリプト
  • Reference Inputs:リファレンス・インプット
  • Inline Dataums:インライン・データム
  • Redeemers in transaction information:トランザクション情報におけるリディーマー

Plutus Coreは、決定性、検証性、機能性、コンパクト性を備えたカルダノのネイティブスマートコントラクト言語です。

Haskellでスクリプトを作成するための安全なプログラミング環境を提供します。

Plutus Coreのスクリプトは、ブロックチェーン上でDAppsの作成とマルチアセットサポートを可能にします。(つまり、誰でも自分のトークンを作成できる)。

Referemce Scripts:リファレンスクリプト

まず一つ目の改善はリファレンススクリプトです。

これにより取引を小さく、安くすることができます。他の取引から記録されたスクリプトをオンチェーンで参照することができるようになります。

既存のコードの再利用が可能なので、Dapps開発者にとって素晴らしい改善をもたらします。

Reference Inputs:リファレンス・インプット

次は、リファレンス入力で、スクリプトからの入力を消費せずに参照できるようになり、同時並行処理性が向上します。

多くのスクリプトが同じ入力を同時に参照するので、同時実行性を向上させることができ、同時に多くのことを行うことができることで、スループットへの大きな改善となります。

Inline Dataums:インライン・データム

三つ目のInline Dataums:インライン・データムは、プロセスを簡素化します。ハッシュを使用する必要がなくなり、シンプルな入力を参照できるようになります。

IOGは、データムハッシュの代わりにデータムそのものを出力に添付できるようにすることを提案しており、これにより、ユーザー間のdatum値のやり取りがよりシンプルで便利になるとしています。また、低コストで実現できれば、システムを大幅に簡素化できるため、多くのアプリ開発者がこの機能を利用することが予想されます。

Redeemers in transaction information:トランザクション情報におけるリディーマー

最後に、Redeemers in transaction information:トランザクション情報におけるリディーマー(還元者)は、相互に作用する、より複雑なスクリプトを作成することがでるようになります。

Vasil:Crypto primitives:暗号プリミティブの強化(VRF、KES)

次に、Crypto primitives:暗号化プリミティブです。プリミティブというのは、小さなレゴのようなものという意味です。

現在はVRFはVerifiable(検証可能)なランダム関数で、通常、秘密鍵で署名するメッセージを渡して処理する暗号ですが、暗号はコンピュータが基本的に行うには高価なを計算するので、数字はかなり重くなる傾向があります。

これまでは2つのVRFを実行し、2つの計算を行なっていました。これを一回に減らすことができるとして、そうすることで次のメリットがあります。

  • ノード検証時間が短縮されました
  • VRFを最新のバージョン9に更新
  • KES署名の署名サイズを縮小する

VRF optimization:VRF最適化

このVRF optimization:VRF最適化により、ノードの同期時間が大幅に短縮され、ノードが完全に同期されるまでの待ち時間が短縮されます。

Optimize KES:KESの最適化

そしてKESの最適化により、ブロックの伝播がより速くなり、ブロックチェーンのストレージが減少します(各ブロックのヘッダーが小さくなります)。

スクリプト担保処理:Collateral adjustment(担保の調整)

旧バージョンでは、もしあなたが意図的に失敗したトランザクションを送信した場合、担保を失うことになりましたが、新しい担保の調整の仕組みでは、エンドユーザーが必要以上にリスクを負うことがないよう、担保を必要な額に正確に調整する仕組みが導入されます。

New Now change address for collateral:新しいお釣りの担保アドレス

スクリプトユーザーは担保に入れた金額をそのまま使うことができるようになり、より信頼性と確実性を高めることができます。

Vasil : Script collateral adjustment:スクリプト担保の調整

このように新しいVasil : スクリプト担保の調整では、スクリプトのユーザーは担保に正確な金額を使うようになり、それ以上は使えなくなりました。

担保の住所変更の新設を行い、また、Adaトークン以外のトークンを含むことができることで、スクリプトの利用者に、より信頼性と確実性を与えることになります。

Vasilの次へ:Chang

現在、Vasilのリリースに向けて、カルダノの開発活動は、過去30日間で最も開発活動が活発なプロジェクトになっています。また注目すべき点は、The Merge(ザ・マージ)アップグレードが予定されているイーサリアムの開発活動を大きく上回っている点です。

そして、同時にカルダノ・エコシステムも現在Vasilと共に大規模な開発活動を行なっています。現在約1000のプロジェクトが今カルダノ上で構築を進めており、Vasilハードフォーク後から後半にかけて多くのプロジェクトがアップグレードとリリースを果たすことになります。

常にカルダノは、ユーザーにとってより良い体験となるよう、ネットワークを構築し続けています。10月(あくまでも予定であり変更される可能性があります。)のChangハードフォークの準備も水面下で進んでおり、ガバナンス、サイドチェーンからライトウォレット、エキサイティングなパイプラインによるパフォーマンスまで、さらなる成長を目指した取り組みが行われる予定です。

  • ガバナンス 
  • スマートコントラクトの進化 
  • パフォーマンス

Changeハードフォークの主な目玉は、しばらく前から開発され、大きな注目を集めているInput Endorsersにまつわるものかもしれません。

このInput Endorsersは、1つのブロックを2つに分割することで、ネットワークの高速化を可能にします。Vasilハードフォーク後に発効予定で、分割されたブロックの片方はコンセンサスブロックとして、もう片方は取引データを保持するために使用される予定です。これにより、すでに光速のネットワークのスピードがさらに加速し、取引の送受信がよりシームレスになると、IOGのDirection of Cardano ArchitectureであるJohn Woods氏は説明しています。

分解 “すると、ブロックは2つに分かれる。つまり、ネットワーク上にはもはや1つのブロックではなく、2つのブロックが存在することになります。そして、1つのブロックはトランザクションを保持するために使い、もう1つのブロックはコンセンサスを達成するために使います。

Vasilがカルダノを暗号の次の未来を開拓するトップランナーへ押し上げる

現在暗号市場のみならず株価の低迷や世界情勢の不安定な状況下にありますが、Vasilは、洗練されたスケーリング技術の導入により、高いスループットと高度な安全性、スクリプトの性能向上による多くの開発者へのメリットをもたらし、暗号の次の未来を開拓するトップランナーとしての位置付けをカルダノにもたらすと考えられます。

筆者は、投資家にとっては、このハードフォークが暗号価格の再浮上をもたらすきっかけの前触れとなる可能性が高いと考えていますが、皆さんはいかがお考えでしょうか?

もしこの記事が気に入っていただけましたら、SIPO、SIPO2、SIPO3への委任をどうぞよろしくお願いいたします10ADA以上の少量からでもステーキングが可能です。
ステーキングについて知りたい方は、下記の記事をご参考ください。

ステーキング(委任)とは?
カルダノ分散型台帳システムによるステーキングの魅力とその方法:2021版
Q&A:カルダノ、ステーキングに関する基本的な説明集
ダイダロスマニュアル
ヨロイウォレット Chromeブラウザ機能拡張版マニュアル

ニュース動向 in エポック347

カルダノ創始者、暗号規制に関する議会公聴会で注目を浴びる

6月23日に行われた米国議会委員会の公聴会で、カルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、暗号通貨業界に対するより公平な規制の扱いについて、説得力のある話し方をし、リラックスした様子で訴えました。

公聴会でのホスキンソン氏のパフォーマンスに対するソーシャルメディアからのフィードバックは、圧倒的に好意的なものだったとCryptoslateが伝えています。

カルダノ・ウォレットの数が340万を突破

Cardano blockchain insightsのデータのよれば、過去一ヶ月の間に、5万以上の新しいアドレスをネットワークに追加、カルダノ・ウォレットの数は6月24日に3,404,741となっています。

カルダノのチャールズ・ホスキンソン氏、暗号規制への画期的なアプローチを提案

カルダノの創設者でイーサリアムの共同創設者であるチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、暗号通貨と暗号関連活動の規制について、暗号技術で自己規制を行えると米国議会に提案しました。提案されたアプローチは、ソフトウェアベースの戒律を含むもので、暗号規制への画期的なアプローチであるとZycryptoが伝えています。

また、記事ではSECとCFTCの戦いがホスキンソン氏の提案を理想的なものにしていると述べています。

カルダノ(ADA)の創設者チャールズ・ホスキンソン氏:ベアマーケットが暗号のための規制フレームワークを構築する機会を作っている

The Wolf Of All StreetsのホストであるScott Melker氏との新しいインタビュー動画『Tribalism In Crypto | Interview With Charles Hoskinson, Cardano』で、ホスキンソン氏は、ベアマーケットが暗号のための規制フレームワークを構築する機会を作っている述べています。

デジタル資産規制と暗号の将来

CFTCによる公聴会
焦点は「暗号の情報開示」
規制には『原則ベースのアプローチ』が必要
「自己証明システム」による暗号の自主規制を
証券か商品か 知っておくべき『立法上の発見』

メインネットVasilリリースの最終候補、Cardanoノード1.35.0のタグ付けとリリースに成功

IOGチームがCardanoノード1.35.0のタグ付けとリリースに成功し、メインネットVasilリリースの最終候補となることを確認

カルダノ(ADA)チャールズさんが招待されたCFTC公聴会の内容をタイプ別にご紹介!素晴らしいコンテンツが続々!!
Cardano独自のアップグレード術!
このボトルはカルダノ・ブロックチェーン上にあります!
カルダノが重要な開発マイルストーンを達成、「10ドルADA」価格の期待が高まっている

IOGチームがCardanoノード1.35.0のタグ付けとリリースに成功し、メインネットVasilリリースの最終候補となることが確認できたことをご発表しました。

報告によれば、カルダノのコアソフトウェアすべてについて、コードを完成させています。また、新しい Plutus v2 コード(スマートコントラクトのパフォーマンスを大幅に向上させる新しい CIP を含む)のテストは成功し、パフォーマンスとコスト改善の面で非常にポジティブな結果を得たと伝えています。

これに伴い、ADAは最近の暗号市場の上昇の最前線にあり、資産が10ドルの価格帯を獲得する可能性があると改めて信じられているとZycryptoが伝えています。

テストネット”で、Cardano nodeを 1.35.0にアップグレード

テストネットのVasilは、7月3日20:20 UTCのエポック215の開始後に

カルダノ、待望のVasil メインネットのアップグレードのカウントダウンを開始

IOは、カルダノ・テストネットの変更を7月3日20:20 UTCのエポック215の開始後に発効し、メインネットはその4週間後にVasilハードフォークを実施すると発表しました。

カルダノが過去30日間で最も開発活動が活発なプロジェクト一位に

Vasilハードフォークを数週間後に控えるカルダノは、The Merge(ザ・マージ)アップグレードが予定されているイーサリアムの開発活動を大きく上回り、過去30日間で最も開発活動が活発なプロジェクトになりました。

新しいカルダノ・ブロックチェーンエクスプローラー『eUTxO』のベータ版が登場

ステーキング状況 in エポック347

エポック348開始時点ステーキング動向
SIPO、SIPO2、SIPO3エポック347ステーキング報告
SIPOエポック347ステーキング報告
SIPO2エポック347ステーキング報告
[SIPO2]は4100個目のブロック生成に成功
SIPO3エポック347ステーキング報告
[SIPO3]は2700個目のブロック生成に成功

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。