エポックな日々, ニュース, ...

チャールズさんの「2025年ロードマップ」を徹底解説:ニュース動向&ステーキング報告 in エポック257

チャールズさんの「2025年ロードマップ」を徹底解説

2021/04/06のチャールズさんの動画「Some Musings about the Roadmap」では、現在IOGが製作中のカルダノの2025年に向けたロードマップに関する雑感、これまでの流れ、現在から2025年ロードマップに関するところまで述べており、非常に濃い内容で盛り沢山でしたので、今回は”チャールズさんの「2025年ロードマップ」の雑感”を徹底解説してお伝えしたいと思います。

ウロボロス・オメガ(Ouroboros Omega)

チャールズさんは動画で、まず最初にウロボロス・オメガ(Ouroboros Omega)について言及しています。

まずウロボロスとは、拡張性と持続的な安全性に優れ、カルダノとブロックチェーンで構築された未来のデジタルインフラの基盤です。そしてウロボロスは、証明された最初の安全なプルーフ・オブ・ステークプロトコルであり、ピアレビューされた研究に基づいた最初のブロックチェーンプロトコルです。

まずはウロボロスにこれまで何が起こったのか、これまでの流れをチャールズさんは説明しています。

まずIOGはウロボロスのリサーチアジェンダに数年の時間を費やしています。プルーフ・オブ・ステークが実際にうまく行くかどうか、実際に使えるか、証明可能かどうかを調べ上げ、2016年にそれを達成したとしています。ウロボロス・クラシック・ペーパーは、この時点でカルダノのまさに心臓部であるプルーオブステークが、分散ネットワークの性能を保証するものであることを理論上証明し、その上に構築してきたようです。

その後2017年に現在のカルダノ ネットワークの実装の基礎となるプロトコルが登場し、オープンな問題に対処し、セキュリティ保証を改善するための更なるバージョンも登場しています。

その後ウロボロス・プラオス(Ouroboros Praos)が登場します。ウロボロス・プラオス(Ouroboros Praos)は、半同期型のブロックチェーンプロトコルで、完全適応型の不正行為に対するセキュリティ(より強力な敵対者が存在する中でより強力なセキュリティ保証を提供すること)を初めて実現しました。

そして2018年に現在稼働中のウロボロス・ジェネシス(Ouroboros Genesis)が稼働します。ウロボロス・ジェネシス(Ouroboros Genesis)は、特に起源からのブートストラッピングに関する重要な問題を解決しました。

その間にカルダノは三つ重要な論文を発表していると述べています。

まず一つ目はReduxについて書かれた「Consensus Redux: Distributed Ledgers in the Face of Adversarial Supremacy 」です。

この論文ではブロックチェーンプロトコル、分散型台帳において、おそらく現在最も基本的な未解決のセキュリティ問題である、敵対者のリソースが一時的に急増した場合のプロトコルの動作と潜在的な回復力について書かれています。

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)プロトコルとプルーフ・オブ・ステーク(PoS)プロトコルの両方を対象とした、分散型台帳の自己修復特性を初めて徹底的に解明しました。

次にChronosについて書かれた、ウロボロス・クロノス(Ouroboros Chronos)の研究論文「Ouroboros Chronos: Permissionless Clock Synchronization via Proof-of-Stake 」です。この研究では、PoS(Proof of Stake)を活用してグローバルな同期問題を解決する方法を示しています。これにより「グローバルクロックの許可不要なPoS実装が得られた」としています。

そして三つ目のLedger Combinersについて書かれた「Ledger Combiners for Fast Settlement 」の研究論文では、「純粋にNakamoto Longest-chain Consensusに基づいた台帳を初めて実現し、紛争のないトランザクションの最悪のケースでの一定時間の決済を保証します」と述べられています。

チャールズさんはこれらの最新技術はブロックチェーンを永久的に稼働させるために必要な技術として十分であると述べています。これらの流れを汲む形で、チャールズさんは以前の動画で述べていた「新しいコンセンサスアルゴリズムであり、”IOGが過去6年間に持っていたすべてのアイデアが一堂に会する」”プロジェクト」であるウロボロス・オメガ(Ouroboros Omega)について述べています。

ウロボロス・オメガ(Ouroboros Omega)はこれまでの研究及び成果のキャップストーン(capstone:総仕上げ)で、これまでの技術をさらに上回ると述べています。

例えば、51%攻撃による耐性を保ち、Genesisから安全にブーストラップできますプルーフオブワーク・POWよりも160万倍のエネルギー効率を持ち、より高レベルでのトランザクション・スループットを実現。理論上では、スループットの最大値は基本の台帳ベースで約1,000ppsとなり、これはシャーディングも必要なく、オフチェーンでもありません。

また外部の同期(クロノス)に頼らないサイドチェーン最終的にはあらゆる種類の攻撃に対応し、緩やかに自己回復する能力を備えており、チャールズさんは、「これらがオメガの真骨頂であり、これまでの市場に出回っているもの(ブロックチェーンのさまざまな研究、技術:ReduxやChronos、Nakamoto Consensus etc……)を超えることができるはずで、オメガはそのような素敵なロールアップのようなものです。」と述べています。

また、チャールズさんは、これらのメカニズムは継続的な開発を行う予定で、これを「ウロボロス・オメガ++」と呼んでいました。

ウロボロス・オメガ(Ouroboros Omega)の研究論文はプロトタイプを伴い2021年中、カルダノ2025についての発表前にはリリースされる予定です。

ライトクライアントを実現するMithralプロトコル

次にチャールズさんは「ライトクライアント(LightClients)」について述べています。これは通常ヨロイなどのライトクライアントウォレットは、「信頼の前提なし」の状態で、全ブロックを全てダウンロードすることなく、中央サーバーを介してアクセスしているため、完全に分散化されていません。また、ダイダロスは完全なブロック履歴をダウンロードするために、安全ではあるものの同期に時間がかかり、CPU、メモリを圧迫しています。これを回避する技術が一般的には、再帰的ゼロ知識証明(SNARK)を使用するMinaプロトコルです。

カルダノはこの技術をフォローしてきており、新しいMithralプロトコルという論文を、可能であればプロトタイプとともに発表する予定です。最終的に、Mithralプロトコルを使用することで、すべてのウォレット(Daedalus、Yoroiなど)がライトクライアントになり、ブロックチェーン全体を同期する必要がなくなります。

サイドチェーン

カルダノには、メインチェーンであるCSL(Cardano Settlement Layer)と計算目的となるCCL(Cardano Computation Leayer)の二つのチェーンがあり、CCLはサイドチェーンとも呼ばれています。

カルダノはサイドチェーンにおいて、いくつかのプロジェクトを有しており、EVM(Ethereum Virtual Machine)、IELE、Project Catalyst、WASM(WebAssembly)など複数のサイドチェーンプロジェクトを開発しています。

これらのサイドチェーンプロジェクトの削除や引退などのルール、カルダノの許可されたブロックチェーンバージョンと許可されていないブロックチェーンバージョンを切り替えることができるようにすることや、サイドチェーンプロジェクトのメンテナンスコストをどう支払うかについての経済モデルについて言及しました。これによりカルダノのサイドチェーンにおいても持続可能なプロジェクトにするための、カルダノ改善提案(CIP)を提案する予定です。

チャールズさんは、次のように述べています。

このサイドチェーンの提案は、コミュニティが最初に使うCIPの一つになると思います。また基本的に金融政策をアップデートして、CatalystサイドチェーンでEVM IELEを実行するインセンティブを含め、また、これから来るであろう非常にクールなリソースモデルを含めます

こうしたモデルとして、業界では、”CosmosやPolkadotのparachainsなど、とてもクールなものがある”と述べています。

以前チャールズさんはプライベート(許可型)パブリック(無許可型)の異なるシステムの両方が補完し合う方法について説明していましたが、今回チャールズさんは、許可されたシステムとパーミッションレスシステムの間の移動の概念について次のように述べています。

また、これにより移動の概念が可能になります。許可されたシステムとパーミッションレスシステムの間を行き来できるようになります。私たちがハイパーレジャー(IBMのエンタープライズ向けプライベートブロックチェーン)に参加していることはご存知のとおりです。財団に参加しました。

カルダノの許可制バージョンをハイパーレジャープロジェクトに追加するのはとても簡単です。

ハイドラ(Hydra)

次にハイドラ(Hydra)で、セカンドレイヤーソリューションにあたるプロジェクトです。

チャールズさんは以前、”2,000のデプロイメントプールというインフラがあれば、2,000のチャンネルが並行して動作し、分散化が進むにつれてスループットが向上する”と説明しており、マイクロペイメントやトランザクションのバッチ処理など、無制限のスループットを実現可能にするプロジェクトです。

早ければ4月中には最新情報が発表されるとのことでした。

チャールズさんは、Hydraについて次のように述べてます。

ハイドラには素晴らしいプロトタイプチームがあります。
このチームが4月には、これまでに達成したことを発表する予定です。
3月から本格的に活動を開始しました。
何かいいものができるはずです。

アタラ・プリズム(Atala Prism)

チャールズさんはインフラソリューションとしての、分散型IDシステムであるアタラ・プリズム(Ataia Prism)とその現況について次のように説明しています。

アタラ・プリズムは、基本的には、以下のようなものを対象としています。

認証されたウォレット、認証されたトランザクション、KYC、AMLシナリオ……規制されたDeFiのアイデア、DeFiアプリケーションを作ることができます。

それを管理する中央機関はありませんが、アクセスを許可するものです。クレデンシャルを持っていることを条件としたアクセス許可です。

アタラ・プリズムには他にも何百ものユースケースがあります。数年前のロードマップでは、私たちは人間が読めるアドレスと言っていましたが、これは、実際に達成することができます。ダイダロスの友達リストができて、最終的にこれらが標準になるとのことです。

チャールズさんは、アタラ・プリズム(Ata)について「私はおそらくその講演をするつもりで、その動画も制作する予定」とのことです。

さらにカルダノのDapps(分散型アプリ)を書くときには、プリズムは無料で使えるようになるとのことです。これはカルダノでDappsを書く開発者にとっては素晴らしいアドバンテージです。

量子コンピューティング

続いてチャールズさんは、量子コンピューターについて言及しています。

量子コンピューターから、その特性を手に入れたいと思っています
可能な限り早く手に入れたいと思っていますが、それは2025年の範囲内です。
実現しなければなりませんし、これは大きな膨大な研究課題になります。
耐性のあるVRF……すべてのゼロ知識証明の量子耐性も必要です。
量子耐性署名方式のモデル化も必要になります。
量子敵対者と呼ばれるものをモデル化しなければなりません。
量子コンピューターを使ってカルダノを強化します。

Project Catalystとヴォルテール(Voltaire)の融合

次に、Project Catalystとヴォルテール(Voltaire)の融合です。早ければ2021年後半に最初のステップを踏み、2022年にプロセスの完成を予定しているとのこと。その一環として、カルダノのブロックチェーンには「サービスとしての(DAO-as-a-Service)」が導入され、あらゆる分散型アプリケーション(dApps)が独自のDAOを作成する必要がなく、既存のインフラを利用できるようになります。

これもまたカルダノにしかできないアドバンテージです。

また、ADA保有者だけでなく他のトークンの保有者も持つハイブリッドシステムである、「プルーフオブメリット:メリットの証明」に移行することを計画しています。

Polygetアプローチ

最後にカルダノはPolygetというアプローチで、Haskellベースのクライアントに加えて、PythonおよびRustベースのリファレンスクライアントの実装も検討しています。

最後に

以上駆け足でしたが、「カルダノ2025計画」のチャールズさんの雑感という割には、非常に盛りだくさんの内容でしたが、いかがでしたでしょうか?

まさにもはやカルダノ最強といってもいいくらいの計画になっており、素晴らしい未来がすぐそこにあることを感じられるチャールズさんの動画でしたね!

ニュース動向 エポック257

3月のカルダノ360 (2021) ミニエディション

3時間20分を、とても分かりやすく一気に7分に縮めました!

Cardano360 March Mini (2021)

またカルダノが新しい歴史を刻みました!

ついにエポック257よりカルダノブロック生成がコミュニティのステークプールによって100%生成されるようになりました!シェリーエポック49での達成です!

カルダノブロック生成完全分散化達成おめでとうございます!

カルダノ(ADA)は今(*ブロック生成において)100%完全分散化されています。

カルダノはついにブロック生成を100%完全に分散化しました。これはカルダノコミュニティが運営するステークプールの手により100%ブロックが生成されることを意味します。

IOGのティム・ハリソン氏は分散化について”誰もが利用できるデータストレージの借り手と提供者をつなぐオープンなプロトコルが、アマゾンやマイクロソフトなどの支配的な中央集権的クラウドサービスプロバイダーを破壊する態勢を整え、同様のトレンドは、映像・通信ネットワークやゲームにも影響を与え”ると述べています。

カルダノの完全分散化は引き続きネットワークの分散化(P2P)、ガバナンスの分散化を進め、完全自律分散型ブロックチェーンへと突き進みます。

カルダノが完全な非中央集権化を達成し、歴史的快挙を成し遂げる

遂にカルダノコミュニティは、ブロック生成の分散化が100%に達する歴史的偉業を成し遂げることができました!http://U.Todayもこれを「歴史的快挙」と伝えています。

カルダノのブロック生産が完全に分散化されました

プラットフォームを最適化するための7ヶ月間のハードワークの後、カルダノのブロック生産のすべてが、そのステークプールオペレーター(SPO)の手に渡りました。

ダイダロス4.0.4がリリースされました!
実用性と差別化で、カルダノは「買い」だ

msn moneyの記事でカルダノADAを非常に強気に「買い」であり、理由としてカルダノのコインベースの上場を上げながら、カルダノの能力を信じるに足る正当な理由があることと、他の暗号のようなジョークではないと報じています。

また、カルダノのプルーフ・オブ・ステークとビットコインのプルーフ・オブ・ワークシステムとの比較において、カルダノは、”カルダノ POSでは、すべてのADAホルダーがコンセンサスを得るために参加できる。”とし、ビットコインは”強力な参加者がより高いハッシュレートを得ることができるため、議論の余地なく中央集権化が進む”と報じています。

さらにカルダノは”本当の実用性を持った具体的なものを作ろうとしている”と述べています。

歴史的快挙!カルダノ・コミュニティが100%ブロック生成する完全分散化の実現

歴史的快挙でしょう。
真の自由と全く新しい別の選択肢
更なる完全分散化へ、完全かつ民主的に運営・管理されるプラットフォームの実現
ブロック生成の100%完全分散化達成は次の行動を移すとき

カルダノのエコシステムが盛り上がってきましたね!
OrionProtocol(オリオンプロトコル)がIOGと提携:カルダノブロックチェーンへの初のリクイディティアグリゲーターに

OrionProtocolがカルダノへの初のリクイディティアグリゲーターに

Cardanoの画期的なインフラ上に構築された最初の流動性アグリゲーターになることを誇りに思い、DeFiとNFT空間のスケーラビリティと持続性を確保するために協力しています

カルダノに新たなプロジェクトをもたらす暗号資産がわずか3日間で6,300%の急上昇

CardStarter(CARDS)は、自らを「カルダノ(ADA)のための最初の保険付きプロジェクトアクセラレータ」と称し、3月29日の初値0.159ドルから4月2日の高値10.2ドルまで、わずか数日で6,315%の急騰を記録しました。

カルダノ(ADA)にとって非中央集権が重要な理由

IOGのプロダクトディレクターであるAparna Jue氏は、City AMのインタビューに「PoSの非中央集権度はPoWのコンセンサスメカニズムよりも高い」と答えています。 カルダノ(ADA)にとって非中央集権が重要な理由

カルダノの最初のDeFiプロジェクトがPolkadotから移行しました。

Bondlyは、暗号通貨、OTCプラットフォーム「BSwap」、Eコマースプラットフォーム「BONDProtect」の新バージョンをカルダノ上で実現する。

カルダノのリーダーが、アフリカがブロックチェーン導入で世界の他の地域を飛び越える理由を説明

チャールズ・ホスキンソン氏によれば、インフラのオーバーホールにより、”今後10年でアフリカの発展が加速する。”と述べこれはまるでリープフロッグ効果の様なものと述べています。

Liqwid、Cardanoにリクイディティ・プロトコルを導入するための資金を確保

Liqwidは、カルダノのネイティブアセットに利息をつけたり、アセットを借りたりするための、オープンソースで非保管の流動性プロトコルを開発しています。

課税対象となるイベントを発生無しに、資産を預け、暗号資産の時間的価値を利用

ホスキンソン氏、カルダノとエチオピアの契約は大臣が署名したとリーク

どうやらエチオピアが「アフリカ・スペシャル」の第一弾となるかもしれません。 チャールズさんのツィッターがそれを仄めかす2枚の写真をアップしており、CRYPTO NEWS FLASHはこれを取り上げています。

カルダノ(ADA)、3ヶ月足らずで20万人以上のReddit購読者を獲得
機関投資家の関心が高まる中、ビットコインと真っ向勝負を繰り広げるカルダノ

以前Decryptが記事で(Mar 10, 2021)「ボイジャー・デジタル(*)による暗号資産市場への調査によれば、米国の個人投資家は、ビットコインよりもカルダノに強気である」と伝えていましたが、調査やレポートによると、投票した投資家全体のうち、30%近くがカルダノに関しては強気であると見られており、代わりにビットコインを選んだ投資家は20%強しかいないことが明らかになっています。

今回はこの関連記事として、Zycrypto.comの記事をご紹介します。

ワイルド・ウェストと呼ばれる開発者たちが、カルダノ上で人気の高いNFTをマクガイバーしている。

スマートコントラクトの機能がなくても、Cardanoの開発者はNFTのコレクターアイテムを鋳造して販売する方法を見つけました。

カルダノ、オリオン・プロトコルと提携し、デファイとNFTにスケーラビリティをもたらす

両社は、DeFi製品とNFTのための柔軟な下地作りに取り組むために参加しました。カルダノのマルチアセット・ブロックチェーンは、Orionプロトコルの相互運用性を高めます。

カルダノを開発したIOHK(現在IOGに名称変更)は、オリオンプロトコルと提携し、カルダノブロックチェーンの最初の流動性アグリゲーターとなりました。

カルダノ・エチオピア、グリーンシグナルを獲得

Hecoinrepublic.comは、チャールズさんの意味深なツィートから「カルダノ・エチオピアの政府契約の最終段階が終わった模様」と伝えています。以前からアフリカ・スペシャルの扉を開けるとされるカルダノ・エチオピアはいよいよ最終段階に入りました。

新しいPlutus Pioneer Programについてのお知らせ

来週から始まる新シリーズのインタラクティブなトレーニングコースで、Plutusを学び、認定されたPlutus Pioneerになりませんか?

カルダノの価格調整が続く。ADAはどこまで上昇できるか?

抵抗のレベルは三角形の上側の境界線である約1.20ドルに横たわっていると指摘しています。 狭い取引レンジの上限である1.24ドル、1.30ドル、1.37ドル(1.414 Fib Extension)、1.48ドル(ATH価格)だと伝えています。

カルダノADAは、あなたが本当に注目すべきアルトコインです。

InvestorplaceはカルダノADAのブルランは、始まったばかりかもしれないと伝えています。

またアナリストは、Cardanoのプラットフォームがスマートコントラクトの構築や分散型アプリケーションの作成における代表的な存在になると予想しています。

IOGは、カルダノのステークプール運営者コミュニティのサポートに尽力します。

IOGは、カルダノのステークプール運営者コミュニティのサポートに尽力します。 IOGは、ステイクプール運営者のコミュニティに関する重要なメッセージをソーシャルメディアで発信しました。

カルダノステーキング状況:エポック257

SIPO:エポック257ステーキング報告

SIPO+SIPO2+SIPO3:エポック257ステーキング報告
SIPO:エポック257ステーキング報告
SIPO2:エポック257ステーキング報告
SIPO3:エポック257ステーキング報告

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。